« 嘘つきアーニャの真っ赤な真実 | トップページ | 少しだけ欠けた月 季節風 秋 »

2011年11月16日 (水)

マスカレード・ホテル

著  者:東野圭吾
出版社:集英社
出版日:2011年9月10日 第1刷発行 9月21日 第2刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 文庫本で売上200万部を突破した「容疑者Xの献身」など、数多くのベストセラーをモノにしてきた著者の最新刊。

 主人公は、超一流ホテル「コルテシア東京」のフロントクラークの山岸尚美と、警視庁捜査一課の刑事の新田浩介の2人。都内で発生した連続殺人事件の捜査の結果、次の事件が「コルテシア東京」で起きることが判明。新田はフロントクラークに成りすましての潜入捜査を命じられ、尚美はその教育係。

 犯人はもちろん誰が狙われているかも分からない。いつ起きるかも分からない事件。そんな手探りの状態で、「怪しい人物」を発見するために、新田はフロントに立つ。しかしホテルには実に様々な人が訪れる。「怪しい人物」も数多く来る。
 部屋付きの高級バスローブをくすねようとする客、「この部屋には霊がたくさんいる」と言って部屋のチェンジを求める客、ホテルクラークに次々と無理難題を吹っ掛ける客、結婚式の新婦を狙うストーカー...。
 ちなみに、タイトルの「マスカレード・ホテル」の「マスカレード」は「仮面舞踏会」のこと。客は仮面を着けてホテルにやってくる。見えている姿が本当の姿とは限らない。

 こうした客たちを、尚美と新田の即席コンビが見事にさばいていく。その間の2人の心の通い合いが見どころの1つ。さらに一見して事件とは関係がない、客とのエピソードのそれぞれが、連続殺人事件とその解決に結びついていく。このパズルのような組み立てがもう1つの見どころだ。

 本書の公式サイトに、「加賀恭一郎、湯川学に続く第三の男、あらわる」とある。これはもしかして、「新田浩介シリーズ」の予告だろうか?

 にほんブログ村「東野圭吾」ブログコミュニティへ
 (東野圭吾さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「マスカレード・ホテル」 固定URL | 3.ミステリー, 32.東野圭吾

« 嘘つきアーニャの真っ赤な真実 | トップページ | 少しだけ欠けた月 季節風 秋 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

32.東野圭吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/53258554

この記事へのトラックバック一覧です: マスカレード・ホテル:

» ホテルマンとして! [笑う社会人の生活]
小説「マスカレード・ホテル」を読みました。 著者は 東野 圭吾 題名にある通り ホテルを舞台にしたミステリー ホテルマンとホテルマンとして潜入する刑事 バディものの要素もありながらも 楽しく読めましたね 東野作品なので読みやすさは保証済み! 今作の面白さは ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 2日 (月) 22時33分

« 嘘つきアーニャの真っ赤な真実 | トップページ | 少しだけ欠けた月 季節風 秋 »