« 島国日本の脳をきたえる 島からの思索 | トップページ | 感動の条件 序章 »

2011年9月19日 (月)

これは、どうしようもないのでしょうか?

 私は、友だちや読書関係のブログを、RSSリーダーに登録して、更新を見逃さないようにしています。そんな中の1つ「プリオシン海岸」に「自分のブログの記事が丸ごと盗用されている」という記事が載っていました。

 私も、3年前に「書くかどうか迷いましたが、書きます。」という記事で、同様の被害に遭ったことを書いています。それで気になったので、いくつかの記事の中の、少し長めのセンテンスを選んで、Googleで検索してみました。

 そうしたら苦もなく見つかりました。続けているとゾロゾロと、感覚的にはいくらでも出てきそうでした。これ以上やっても気分が悪くなるだけだ、と思って止めたぐらいです。これは、どうしようもないのでしょうか?この記事を書いているうちに、また腹が立ってきました。せめて簡単に発見できるツールなり方法なりがあるといいのですが。

 3年前の記事の時に見つけたブログは、私のブログともう1人の方のブログの記事を、丸ごとコピー&ペーストした「読書ブログ」でした。今回もそんなブログが多かったですが、ちょっと違うものもありました。それは、そもそも「読書ブログ」の体を成していないものと、私の記事の一部分だけが使われているものの2種類です。

 前者は、ベタテキストの段落末にネットショップへのリンクが挿入されていました。ブログ名が「アルファベット数文字+数字」で、数字の部分だけが違うものが大量に見つかりました。アフィリエイト目的なのでしょうね。

 後者は、記事の一部分に私の記事の一部分が、語尾を変えて使われていました。数行なので偶然の可能性があることは否定しませんが、語尾以外の言い回しと文章の順番がピッタリ一致しています。
 もしかしたら、ウィキペディアを引用して学校のレポートを作るように、ネットから引用して記事を書いたんじゃないかと思います。悪い事だとも思っていないし、ましてや「自分で感じたことを表現することが大事」だなんて、思ったこともないんじゃないかと、盗用された憤りと同時に、心配にもなってきました。

 下に、見つかったブログや記事を挙げておきます。そのブログのページランクに寄与するのも腹立たしいので、リンクは貼っていません。また、時間のある時に、プロバイダに削除依頼をするつもりです。URLの先が無くなっていれば、それが功を奏したと思ってください。

(2011.10.20 追記)
1ヶ月経ったところで、経過報告をしました。「これはどうしようもないのでしょうか?その後

------------------------------
http://dokusyonowadai.seesaa.net/
元の記事:「銀竜の騎士団」「楽して成功できる非常識な勉強法」「西の魔女が死んだ」「チョコレートコスモス」「夜をゆく飛行機

http://blog.livedoor.jp/z9ww8163/
元の記事:「戦国武将ゆかりめぐり旅」「武田双雲にダマされろ

http://blog.livedoor.jp/fnaiki/archives/51754941.html
元の記事:「飛ぶ教室

http://04185614.at.webry.info/201007/article_5.html
元の記事:「モチベーション3.0

http://tatppag56.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-5f45.html
元の記事:「エデン

http://blogs.yahoo.co.jp/tatppag56/287942.html
元の記事:「新世界 国々の興亡

http://blog.livedoor.jp/tatppag58/archives/1573925.html
元の記事:「上と外

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「これは、どうしようもないのでしょうか?」 固定URL |

« 島国日本の脳をきたえる 島からの思索 | トップページ | 感動の条件 序章 »

コメント

お久しぶりでございます。
こういう事をする人がいるというのはこの記事にて初めて知りました。
以前、「上と外」でコメントしましたのでその記事(まだ削除なってなかったですね~)を読み比べて驚いちゃいました。
そうなのか。世の中には本当にいろいろな人がいるのかと本当に驚きました。
なんっか・・・何をしているのやらという気持ちです。
しかし、そういう人がいるという事を知るという意味では大変参考になりました。
でも、自分の気持ちさえ横取りされたみたいで気分悪いですね。

投稿: igaiga | 2011年9月28日 (水) 15時03分

igaigaさん、コメントありがとうございました。 ご無沙汰してます。

3年前の時には、こちらの期待以上にブロバイダーの対応が素早くて、
早期に解決、というか削除されたのですが、どうも今回は違うようです。

くわしくは、記事にしてこの顛末を書こうと思っていますが、
プロバイダーには、有効な対処を期待できないことが分かりました。
基本的には「当事者同士で解決してくれ」というスタンスのようです。

正直に言って、行き詰ってます。憂鬱です。

投稿: YO-SHI | 2011年9月28日 (水) 17時25分

本・読書ブログランキングからやってきました。記事を読んで、……おやまた何で?と思ったら、こういう類はアフェリエイトに関係していたんですね。私はブログ初心者なので、アフェリエイトの設定の手間を惜しんでいるのですが、他人の記事でお金儲け出来るなら楽しいんでしょうね。てっきり同じようなことを書きたくても書けないから頭のネジが緩んで、……えいやっ!とパクったのかと思ったのですが、ただの汚い話だったとは思わなんだ。解決することを通りすがりながら祈っています。

投稿: Medeski | 2011年9月28日 (水) 22時54分

Medeskiさんコメントありがとうございました。

解決を祈っていただいてありがとうございます。
そう、ただの汚い話なんです。実はもっとあきれるような話も聞いたんです。

ブログの更新を知らせるためのRSSという機能があるんですが、
(このブログにも右のサイドバーの一番下にあります。)それを使って
パクリ記事を自動的に量産できるんだそうです。

もはや、コピペする手間さえ惜しんでるわけです。トホホです。

投稿: YO-SHI | 2011年10月 1日 (土) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは、どうしようもないのでしょうか?:

« 島国日本の脳をきたえる 島からの思索 | トップページ | 感動の条件 序章 »