« 「読書感想文の書き方」について | トップページ | デイルマーク王国史2 聖なる島々へ »

2011年8月 3日 (水)

「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド

著  者:上橋菜穂子
出版社:偕成社
出版日:2011年6月 初版第1刷
評  価:☆☆☆(説明)

 本のタイトルがすべてを語っている。本書は「精霊の守り人」から始まる「守り人」シリーズ全11巻(本編10巻+外伝1巻)の世界を余すところなく紹介したガイドブック。

 まず内容をざっと紹介する。「新ヨゴ皇国」「カンバル王国」他の「守り人」の舞台となった5つの国の地理と歴史や神話。生物や食べ物、薬草など150項目余りの用語集。150人余りを収録した人物事典。上橋菜穂子さんの対談と講演録など。
 さらに「上橋菜穂子全著作紹介」として、デビュー作の「精霊の木」以降、「獣の奏者」「弧笛のかなた」など「守り人」以外のファンタジー作品はもちろん、上橋さんの文化人類学者としての著書「隣のアボリジニ」も紹介されている。実に盛りだくさんな内容だ。

 11巻に亘って描かれた「守り人」シリーズは、主人公がバルサとチャグムの2人で、5つの国を舞台とし、本編で7年の月日が経過する。地理的にも時間的にも広大な物語空間を擁する壮大なドラマとなっている。それを考えると、本書のような「ガイドブック」は、意義も必要性も少なからずある。
 最近は人気作家や人気シリーズの「ガイドブック」が少なくないが、率直に言うと、作家やシリーズの人気に乗っかって売ろうとしているだけに思えるものもある。しかし例えそうであっても、ファンにとっては気になって仕方ない。特に「これでしか読めない」特典などあればなおさらだ。

 本書にも「書き下ろし短編」が収録されている。「守り人」の話を全部読みたい、と思っている私は、これを目当てで買ったようなものだ。ごくごく短い物語で、私としてはもう少しでいいから長いものを読みたかった。そうしたら何と、上橋さんと佐藤多佳子さんの対談の中で、「炎路の旅人」という未発表の作品の存在が明かされているではないか。あぁ、それも読みたい。是非とも何らかの形で発表して欲しい。

 コンプリート継続中!(単行本として出版された小説)
 「上橋菜穂子」カテゴリー

 人気ブログランキング投票:「一番好きな上橋菜穂子さんの作品は?」
 (あなたの好きな上橋作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド」 固定URL | 1.ファンタジー, 16.上橋菜穂子

« 「読書感想文の書き方」について | トップページ | デイルマーク王国史2 聖なる島々へ »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

16.上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/52383762

この記事へのトラックバック一覧です: 「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド:

» 精霊の守り人ガイドブック「<守り人>のすべて 守り人シリーズ完全ガイド」 上橋菜穂子 二木真希子 佐竹美保 [日々の書付]
「精霊の守り人」シリーズのガイドブック「<守り人>のすべて 守り人シリーズ完全ガイド」が発売!うわー!うれしい! 表紙はスタジオジブリの二木真希子さん。これは、ダ・ヴィンチの特集で描かれたイラストの一部だと思います。上橋菜穂子特集で、「精霊の守り人」や「獣の奏者」の登場人物が一同に介した豪華な見開きイラスト、圧巻でした。 偕成社から出版されているので、内容はやや児童向け(実際、本屋でも児童書の棚にありました)な内容ですが、おちろん、大人も十分楽しめます。物語に出てくる料理のレシピや、精霊の守... [続きを読む]

受信: 2011年8月 5日 (金) 12時07分

« 「読書感想文の書き方」について | トップページ | デイルマーク王国史2 聖なる島々へ »