« 王国の鍵6 雨やまぬ土曜日 | トップページ | 首なし騎士と五月祭 »

2011年7月13日 (水)

ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート

著  者:眞喜屋実行
出版社:ぱる出版
出版日:2011年7月1日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 著者の眞喜屋実行さまから献本いただきました。感謝。

 主人公は山田一歩。大学4年生。学校近くの地鶏屋のアルバイトをしていた彼女は、店主の入院によって店長代理になり、おまけに店の立て直しをしなくてはならなくなった。銀行への返済が滞っており、滞納分だけでも納めないと店を手放さないといけないからだ。期限は3か月あまり。
 そんな彼女の前に、亡くなったはずの父が現れる。「しばらく前に送ったノートはあるかい?きっと今の一歩に役立つはずだよ」と告げた。ノートとは、父が亡くなる直前に一歩に送ったもの。各ページにひと言ふた言書いてあるだけのノート。一歩が最初に開いたページには「窓の外は、雪」と書かれていた。はたしてその意味は?

 本書は、一歩が店の経営を立て直していく、物語形式の実用書だ。近いところでは「もしドラ」が思い浮かぶ(「もしドラ」の著者の岩崎夏海さんが、帯に推薦を寄せている)。私が思いつく限りでも、古くは「金持ち父さん貧乏父さん」や「ザ・ゴール」以降、結構売れた本が何冊かある。
 売れた本と言えば「ソフィーの世界 」「夢をかなえるゾウ」も、それぞれ「哲学書」「自己啓発書」を物語形式にしたものだ。人に何かを伝えようとする時、物語はとても強力な方法なのだろう。100年、1000年を越えて語り継がれるものもあるのだから。

 ただし難点もある。実用書なら実用書としての内容と、物語としての魅力との両方が揃わないと、中途半端なものになってしまう。著者は販売促進関連の仕事が本職で、それについては自信も持っていらっしゃる。だから、本書は実用書としての内容は、地に足の着いた確かなものを感じた。サービス精神からか、いろいろな要素を入れ過ぎた感はあるが、物語としての魅力も、最後まで飽きずに読めるのでそれなりにある。及第点といったところだろうか。

 そうそう、長い物語を今回初めて書いた著者は、「窓の外は、雪」を地で行ったことになる。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート」 固定URL | 6.経済・実用書

« 王国の鍵6 雨やまぬ土曜日 | トップページ | 首なし騎士と五月祭 »

6.経済・実用書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/52199637

この記事へのトラックバック一覧です: ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート:

» ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 地鶏屋を舞台に、飲食店経営のノウハウを小説仕立てで示した「ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート」(眞喜屋実行:ぱる出版)。   ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノ ... [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 06時11分

« 王国の鍵6 雨やまぬ土曜日 | トップページ | 首なし騎士と五月祭 »