« レビュー記事が500本になりました。 | トップページ | ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート »

2011年7月 9日 (土)

王国の鍵6 雨やまぬ土曜日

著  者:ガース・ニクス 訳:原田勝
出版社:主婦の友社
出版日:2011年6月30日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 月曜日から始まって日曜日に終わる7冊シリーズも、本書で6冊目の土曜日。最後から2冊目になった。今回主人公アーサーが対決するのは、「卓越したサタデー(原書では、Superior Saturday)」。世界の中心に位置するといわれている「ハウス」の上層の管財人。

 サタデーは、これまでの5巻でも、本人は登場しないがその暗躍が見え隠れしていた黒幕キャラ。いよいよ本書の冒頭で姿を現す。どうらや彼女は(サタデーは女性なのだ)、創造主がつくった最初のハウス住人という太古からの存在らしい。それ故に、創造主の息子であるサンデーより、自分が上位であるべきだとの、強烈な自負を抱いている。

 アーサーの冒険にはいつもながらハラハラさせられる。しかし、本書は約300ページで、他の巻より100ページほど短く、その分冒険もあっさりしていた感は否めない。実は、上に書いたサタデーの強烈な自負が描かれたことが、本書の最大のポイントと言っても過言ではない。サタデーその人が登場し、これまでの様々な事件のウラを明らかにしたことで、最終巻への準備が整えられたのだ。つまり、本書はこれまでの5巻と最終巻を橋渡しする「つなぎ」の巻だと思う。

(2011.7.12追記)
訳者の原田さまからわざわざコメントをいただきました。最後にアーサーが唱えたセリフに誤りがあるそうです。(誤:中層/正:上層)
コメントで原田さまもおっしゃっているように、大事な決めぜりふではあるのですが、この誤りが物語の面白さを減じるものではありません。どんなに注意しても、何人で見ても、それをかいくぐって生き残る間違いがあるんですねぇ。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「王国の鍵6 雨やまぬ土曜日」 固定URL | 1.ファンタジー, 18.ガース・ニクス(王国の鍵)

« レビュー記事が500本になりました。 | トップページ | ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

18.ガース・ニクス(王国の鍵)」カテゴリの記事

コメント

いつもレビューをありがとうございます。
「王国の鍵」の訳者の原田です。
ご指摘のとおり、アーサーの最後のせりふでうっかりミスをしてしまいました。
中層ではなく、上層が正です。
大事な決めぜりふなのに、ほんとうに申しわけありません。
「日曜日」ではこういうことのないように注意します。

また、レビュー500本、おめでとうございます。
これからも記事を楽しみにしています。

投稿: 原田 勝 | 2011年7月12日 (火) 18時37分

原田 勝さま、コメントありがとうございます。

そうでしたか、やはり間違いでしたか。
そうではないかと、心の半分では思っていたのですが、
裏読みが好きなもので、「仕掛け」かもしれない、
という思いを吹っ切れませんでした。

ご連絡ありがとうございました。ミスだと分かれば
それ以上問題になるようなことでもないと思います。
記事の本文でもそのように紹介させていただきました。

思えば、出版社の主婦の友社さんから「月曜日」を
いただいたのが、このシリーズとの出会いでした。
今では私だけでなく、娘2人も楽しんでいます。
よい本を教えていただいて感謝しています。
訳者と出版社がどのような関係なのか分からないのですが
機会があれば、お礼を伝えてくださるとうれしいです。

「日曜日」も楽しみにしています。

投稿: YO-SHI | 2011年7月13日 (水) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/52160668

この記事へのトラックバック一覧です: 王国の鍵6 雨やまぬ土曜日:

« レビュー記事が500本になりました。 | トップページ | ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート »