« となり町戦争 | トップページ | ねこのばば »

2011年5月12日 (木)

<不安な時代>の精神病理

著  者:香山リカ
出版社:講談社
出版日:2011年4月20日
評  価:☆☆☆(説明)

 著者は、テレビ出演も多いが、書籍や雑誌、新聞などの紙媒体でも度々お目にかかる。それらを読んで、私は「その通りだ」と思うことが多い。「なるほどそうか」という「気付き」もある。「ネット王子とケータイ姫」「しがみつかない生き方」を読んだ時もそうだった。

 本書の帯に多くのメッセージが踊る。「私を、日本をあきらめないために」「混迷する社会をどう生きるか」「精神科医からの緊急提言」「支え合う心、守るべき命、未曾有の出来事を乗り越えるためにできること」。「あとがき」によると、本書は昨年から執筆を始めて、途中で一時凍結の時期があって、震災によって再びの凍結を経て、出版に至ったそうだ。帯のメッセージは、「震災後」を意識して発信されたものなのだろう。

 前半は、日本の「国家、社会全体が「うつ病」にかかっている」という見立てを出発点として、経済、若者、親世代、高齢者の問題を順に論じる。デフレだから「うつ」になり、「うつ」だからデフレを起こす。原因と結果がグルグル回ってしまって、出口が見えない。しかも、若者、親世代、高齢者のそれぞが構造的な「不安」を抱えている。タイトルの「<不安な時代>の精神病理」は、こうしたことを言い表している。

 個人の「うつ病」の治療には「まず仕事を2ヶ月休んで..」という休養が欠かせない。しかし、あれだけの災厄を被っても、直接の被災地域以外は、企業も学校も休みにならず、週明けにはいつも通り株式市場が開いた。つまり「休めない」。この震災で著者は、底知れぬ力と共に、言い知れぬ恐ろしさを感じたそうだ。
 被災地の人々の「さぁ復興だ」という力強い声を聞けば、私たちは励まされるし、マスコミも前向きに伝え、世界からは賛辞が届く。それも、著者の目には、危ういものに見えるのかもしれない。

 後半は、「人の営み」の例としての精神医学の世界と、市場主義経済との相互関連を論じる。これはこれで見逃せないすごい事が書いてある。しかし、前半とのつながりや帯のメッセージとの関連が分かりにくく、出発点を忘れ、着地点を見失いそうになった。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「<不安な時代>の精神病理」 固定URL | 7.オピニオン, 71.香山リカ

« となり町戦争 | トップページ | ねこのばば »

7.オピニオン」カテゴリの記事

71.香山リカ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(*^_^*)

香山リカさん
テレビでお話を聞いたり、新聞でコラムを読んだりする事はあっても
一冊じっくり読んだ事はなかったです
良い機会なので読んで見ます(*^_^*)

投稿: 十六夜 | 2011年5月13日 (金) 23時32分

十六夜さん、コメントありがとうございます。

ご興味を持たれたなら、是非読んでみてください。
ただこの本は、記事にも書きましたが、後半はちょっとまとまりがないですね。
私は「ネット王子とケータイ姫」「しがみつかない生き方」の方がよかったです。

一冊じっくり読むってことは大切だと思います。誰かの考えを知るには特に。

私自身が経験したことなんですが、テレビって編集によって、話したことと
180度違う内容で伝えられることもあります。インタビューを受けた本人さえ
放送前には放送内容のビデオを見せてもらえないし。だから信用してないんです。
 

投稿: YO-SHI | 2011年5月14日 (土) 00時19分

香山リカは『リカちゃんのサイコのお部屋』の頃から時々読んでいます。最近は粗製濫造気味だと感じますが、香山氏はバブル時代に青春を送った方なので、現在にかなりの危機感を抱いているのだろうと思います。
『愛国問答』にしても、その時代時代に必要な処方箋をすぐに出しておこう、という姿勢には、精神科医としての良心を感じます。

投稿: 敦 | 2011年5月16日 (月) 09時15分

敦さん、コメントありがとうございます。

粗製濫造気味なのは、一定数の売上が見込めるという、出版社の事情ももちろんですが、
香山さんの執筆の動機にも一因がありそうです。「しがみつかない..」にこう書かれていました。

「いまの社会を精神科医として見渡して思いついたことを、何とかして人に伝えたい。せっかく
だからこれをみんなに言ってみようかな」

「みんなに言ってみようかな」ということが多いんでしょうね。この頃は。
「思いつき」のレベルの話でもあるので、ちょっと変なのも混じってくるんですが、大筋では
いいこと言ってるように思います。

投稿: YO-SHI | 2011年5月17日 (火) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/51651199

この記事へのトラックバック一覧です: <不安な時代>の精神病理:

« となり町戦争 | トップページ | ねこのばば »