« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

秘密結社の謎バイブル

著  者:ジョエル・レヴィ 訳:瓜本美穂
出版社:産調出版
出版日:2011年2月15日
評  価:☆☆☆(説明)

 出版社の産調出版さまから献本いただきました。感謝。

 本書はタイトル通り、「秘密結社」をテーマにした本。みなさんは「秘密結社」と聞いてどんなことを思い浮かべるだろう?私は、政治経済を裏で操っているとか、世界征服をたくらんでいるとかの、「悪の組織」といったイメージだ。
 もちろんここ数年間に読んだダン・ブラウンの作品の影響は大きい。ただ私にとっての「秘密結社」との出会いは、仮面ライダー(初代)のオープニングの「ショッカーは世界征服を企む悪の秘密結社である」というナレーション。「秘密結社=悪の組織」のイメージは、テレビの原体験と共に意識に刷り込まれてしまっている。

 現在も続く、フリーメーソン、オプス・デイ、シオン修道会。歴史のどこかで消えてしまった、テンプル騎士団やイルミナティ。本書は、これらを含む27の秘密結社を、ひとつひとつ俎上に挙げて、その真実の姿を解説している。当然「真実の姿」が隠されているからこそ「秘密結社」なのだから、それを明らかにした著者の調査力には驚くばかりだ。
 本書を読むと、「秘密結社」についての私の知識が、いかに貧弱で突拍子もないものかを思い知らされる。例えば上に「現在も続く、フリーメーソン、オプス・デイ....」と書いたが、最初の3つは現在も存続していて、後の2つは消滅していることさえ知らなかった。

 まぁ、それで特に困ることもないのだけれど、興味というものは必要なものだけに向かうわけではない。「秘密結社の秘密」という「秘中の秘」には、小さな興奮を伴う興味が湧きあがる。一方で、本を読んだり映画を観たりした時に、「秘密結社=悪の組織」だと思っているからこそのワクワク感もある。
 だから秘密がなくなれば、そのワクワク感がいくらか削がれるかもしれない。そもそも秘密がなければ「秘密結社」でさえなくなってしまう。つまり「知らないことによるワクワク感」と「秘中の秘への興味」のどちらを取るかに悩むことになるのだけれど、私の場合は後者が勝った。 

 にほんブログ村「ノンフィクション」ブログコミュニティへ
 (ノンフィクションについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「秘密結社の謎バイブル」 固定URL | 5.ノンフィクション | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

「下を向いて歩こうPodcast×本カフェ」コラボレーション

 本好きのためのSNS「本カフェ」のメンバーの「ひゅう」さんが、「下を向いて歩こう」というPodcastの番組を配信されています。「日本っていいよね、日本人っていいよねー」をコンセプトにした、お友達(でいいのかな?)の「稲穂の気持ち」さんとの楽しい会話が楽しめます。

 その「下を向いて歩こう」で「本カフェ」とのコラボ企画として、「本カフェ」管理人のジーナさん、フウガさんんのご夫婦が登場する回が、3回シリーズで配信されています。本好きのお二人が、「本カフェ」や本に対する想いを語っていて、想いと共に人柄が伝わってきます。肉声は想像以上にたくさんのものを伝えるんですね。

 たくさんの方に聞いていただきたいです。下のリンクからどうぞ。
 第17回)本カフェ その1第18回)本カフェ その2第19回)本カフェ その3

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「「下を向いて歩こうPodcast×本カフェ」コラボレーション」 固定URL | | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

Story Seller3(ストーリーセラー3)

編  者:新潮社ストーリーセラー編集部
出版社:新潮社
出版日:2011年2月1日 発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 月刊文芸誌「小説新潮」2010年5月の別冊として発売された雑誌を文庫化したもの。この雑誌は人気作家さんたちが競演するアンソロジー。「3」というナンバーが付いている通り、「Story Seller」「Story Seller2」に続く、同様の企画の第3弾。これまで、毎年2月1日に発行されている。

 今回の執筆陣は、沢木耕太郎さん、近藤史恵さん、湊かなえさん、有川浩さん、米澤穂信さん、佐藤友哉さん、さだまさしさん、の7人。前回のメンバーから、伊坂幸太郎さん、本多孝好さんが抜け、湊かなえさん、さだまさしさんが加わった。

 湊かなえさんは、デビュー作「告白」が2009年の本屋大賞他を受賞して、一躍有名になった作家さんだけれど、私は「告白」だけでなく他の作品も読んでいない。「子どもがつらいめに遭う話」を読むと、私までつらくなってしまうので敬遠していたのだ。
 だから、ページをめくって、「湊かなえ」という大きな字が目に入った時には、思わす「参ったなぁ」と呟いていた。「避けてきたのに、読むことになってしまった」と思った。しかし、心配は杞憂に終わった。後半で明かされる、主人公が負った心の傷は深いものだった。でも、彼女の前向きな姿勢と、舞台となった南の島の空気とに助けられて、軽やかに物語を味わうことができた。

 さだまさしさんの作品も「読む」のは初めてだった。今から30年前の中高生の頃、好きだったので曲はたくさん聞いた。高校の修学旅行のバスの中で、ラジカセで「防人の詩」を大きな音でくり返しかけて、クラスメイトに迷惑をかけた。
 「読む」作品も良かった。丁寧に作られた「読ませる」作品になっていた。ただ、最近に起きた実際の事件をそのまま作品の中に取り込んでいて、その事件の被害者や関係者が「偶然目にする」可能性を考えると、あまりに生々しいのではないかと心配になった。

 有川浩さんは、「Story Seller」「Story Seller2」と、気持ちの晴れない作品が続いていたが、今回は違った。でも、読んでいて落ち着かないのは同じだった。もし、読んでいる最中に横から覗かれたら、私は焦りを気取られないように注意して、ゆっくりと本を閉じただろう。どうしてかは、読んでもらえば分かると思う。

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 にほんブログ村「近藤史恵」ブログコミュニティへ
 にほんブログ村「さだまさし」ブログコミュニティへ
 (有川浩さん、近藤史恵さん、さだまさしさんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「Story Seller3(ストーリーセラー3)」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩, 2B.近藤史恵 | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

優しさ研究所

著  者:高橋幸路
出版社:文芸社
出版日:2010年11月15日 初版第1刷発行 
評  価:☆☆☆(説明)

 本書の紹介の前に、聞いてもらいたい。私には1つ決めていることがある。私はほとんど毎日車に乗っているのだけれど、可能な限り他の車や人に道を譲ることにしている。横断歩道で人が待っていれば止まる(これは道路交通法で定められている)。脇道や駐車場から出てこようとしている車があれば、安全を確認して極力止まって入れてあげている。
 この習慣は、私自身が道を譲ってもらった経験があって始めたものだ。まぁ「嬉しかったので恩返し」ということなのだけれど、それだけではない。私が譲った相手が、次はどこかで同じように譲って、その相手は今度は...と連鎖して、いつかは私が急いでいる時に譲ってもらえるのでは?と期待してのことでもある。

 こんな話をしたのは、本書で著者が言いたいことは、そういうことだと思うからだ。「他人に優しくすると、それは連鎖していずれはあなたにも返ってくる。だからまず、あなたから誰かに優しくしましょう。」そして、その連鎖が拡がれば、世の中全体が優しくなるはず、とも言う。
 著者は、本書のタイトルと同じ「優しさ研究所」というブログを運営していて、本書はその記事を書籍化したものだ。その中で度々「優しさの連鎖」という言葉を使って、上に書いたことを訴えている。コンビニの店員や学校の事務員として働きながら、「どうしたら他人に優しいか」を考え実践したことの記録が綴られている。車で道を譲るエピソードもある。著者の方が、私より思いやりが一枚上だけれど。

 まぁ正直に言って、本書は書籍としての完成度は低いと思う。ブログの記事が基になっているので、日付が入っているのだけれど、それが行ったり来たりしていて読みにくい。テーマごとに記事をまとめる意図があるようだけれど、そのテーマが分かりづらい。「くり返し」だと感じることも多い。
 それに、書いてあることの中には頷けないものもある。それでも、できれば多くの人にこの本を読んでもらいたい。それで、一人でも多くの人が「優しさの連鎖」の起点になればいいと思うからだ。読まないとしても、せめて「他人に優しくする」ことを始めて欲しい。著者の意図はそこにあるはずだから。

 私にはもう1つ決めていることがある。「頑張っている人を応援する」ということだ。
 この後は、書評ではなく。「頑張っている人を応援する」について書いています。お付き合いいただける方はどうぞ

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

続きを読む "優しさ研究所"

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「優しさ研究所」 固定URL | 7.オピニオン | コメント (6) | トラックバック (1)

2011年2月16日 (水)

本からはじまる物語

著  者:恩田陸、有栖有栖、梨木香歩、石田衣良、三崎亜記 他
出版社:メディアパル
出版日:2007年12月10日 初版第1刷発行 
評  価:☆☆☆(説明)

 るるる☆さんのブログ「rururu☆cafe」で紹介されていた本。

 アンソロジー作品を読むたびに思っていて、「Story Seller2」のレビューにはそう書いてあるのだけれど、本書も「贅沢だぁ」と言いたい。それは著者の面々のことだ。恩田陸さん、有栖有栖さん、梨木香歩さん、石田衣良さんといった、当代切って人気作家。阿刀田高さん、今江祥智さんらのベテラン。本多孝好さん、いしいしんじさん、三崎亜記さんら、近頃評判の作家さん。とても全員は書ききれない。本書は、総勢18人の作家さんによる、「本」をテーマにした「競演」作なのだ。

 たくさんの作家さんによる「競演」のメリットは、同じテーマから生まれた、全く違う物語をたくさん楽しめることだ。異世界を感じる不思議な物語、本が生き物のように羽ばたくファンタジー。それに人が行き交う場所でもある書店は、ミステリーでもホラーでも恋愛モノやハートウォーミングな物語でも、その格好の舞台になるのだ。

 18編それぞれに心に残るものがあるのだけれど、1つだけ紹介する。三崎亜記さんの「The Book Day」。4月22日の夜、人びとは公園に集まり、家族で「本」を囲んで思い思いに過ごす。翌23日が「本の日」、本に感謝する日だからだ。やがて零時になると、本たちが羽ばたき始める..その日は、その本への想いに区切りを付けて前に進むための日でもあるのだ。

 私は、三崎さんの作品は「失われた町」しか読んでいない。けれども、2つの作品の間には強く通じるものがあると思った。それは「喪失と回復」。「失われた町」でもこの短編でも、多くの人が大切なものを失い、その喪失を乗り越える。その凛とした姿に勇気付けられた。
 また、時に「本」には、出来事や人と結びついて、特別な想いが宿ることがある。乱読の私はこれから先の人生で、そんな本に出会うのだろうか?

 にほんブログ村「恩田陸」ブログコミュニティへ
 (恩田陸さんについてのブログ記事が集まっています。)
 にほんブログ村「石田衣良」ブログコミュニティへ
 (石田衣良さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「本からはじまる物語」 固定URL | 2.小説, 24.恩田陸, 25.梨木香歩, 35.三崎亜記 | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

魔法の誓約(上)(下)

著  者:マーセデス・ラッキー 訳:細美瑤子
出版社:東京創元社
出版日:2010年12月24日 初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 1年余り前に読んだ「魔法の使徒」の続編。前作で、主人公ヴァニエルは「生涯の絆」で結ばれた、最愛の人であるタイレンデルを失った。その悲しい出来事で魔法の天恵(そしつ)を開かせたヴァニエルは、それから十年あまりの間、「魔法使者」として隣国との戦いの場にその身を投じていた。本書の物語は、ようやく休暇を得て首都ヘイヴンの自分の部屋へ帰り着いたところから始まる。
 28歳になったヴァニエルは、この国で「他に代わりがいない」人材になっていた。数々の勲しが吟遊詩人によって伝えられ、生きる伝説となる。しかし、部屋に戻ってきた時には、心身ともに消耗し切っていた。戦いで味方の「魔法使者」が次々と命を落とし、5人分の防御を一人で担っていたのだ。

 首都で、友人でもある王のランデイルや、師でもある伯母のサヴィルとの短い邂逅で気力を幾分取り戻した後、ヴァニエルが向かったのは、故郷であるフォルスト・リーチ。本来なら、最も心休まるはずのその場所は、自分を認めてくれない父母や、子どもだった自分を一方的に痛めつけた武道ノ師範がいる、ヴァニエルにとっては憂鬱な場所だっだ。

 物語は、前半は故郷でのヴァニエルの暮らしを抑えた調子で描く。新しい出会いがあり、父や武道ノ師範との関係は少しずつ変化する。後半は一転して、隣国の王位継承問題や、もっと大きな災いを巻き込んでうねるように進む。青年ヴァニエルの心の内面のドラマと、大スペクタクルが絶妙な具合に融合して、両方が楽しめる。

 「魔法の使徒」のレビューにも書いたが、本書は「ヴァルデマール年代記」と呼ばれる著者の一連の作品群の1つ。そして「最後の魔法使者」三部作の2つ目にあたる。「ヴァルデマール年代記」は、ヴァルデマール国の実に約2400年間の出来事を綴る長大なシリーズだ。
 もう一つ。これも前作のレビューにも書いたが、主人公ヴァニエルは同性愛者。もちろん、それはヴァニエルの人物造形に欠くことのできないものなのだけれど、気になる人は気になって仕方ないかもしれない。しかし、登場人物たちの多くは頓着していない。読者も同じ心構えで臨めばいいと思う。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「魔法の誓約(上)(下)」 固定URL | 1.ファンタジー, 1Z.その他ファンタジー | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

折れた竜骨

著  者:米澤穂信
出版社:東京創元社
出版日:2010年11月30日 初版 
評  価:☆☆☆☆(説明)

 著者の作品は、アンソロジーの「Story Seller」と「Story Seller2」に収録されていた短編を読んだだけで、これまで長編は読んだことがなかった。本好きのためのSNS「本カフェ」で、「ファンタジーはどうもダメで..」とおっしゃるミステリファンのメンバーさんから、「ファンタジーを本格推理にした作品」として教えていただいた。感謝。

 物語の舞台は、グレートブリテン島の東、北海に浮かぶ架空の島のソロン島と小ソロン島からなるソロン諸島。時代は12世紀の末。主人公は、ソロン諸島を治めるエイルウィン家の娘のアミーナ、16歳。
 ある日、アミーナの父で領主であるローレントの元に、ソロン市長、吟遊詩人、トリポリ伯国から来た騎士とその従者、4人の傭兵候補が訪ねて来た。そしてその夜、ローレントは作戦室で何者かに殺害されてしまう。そこにさらなる襲撃者が..

 物語は、ローレント殺害の犯人探しを軸に進むミステリー。トリポリ伯国からきた騎士のファルクと従者のニコラが「名探偵と助手」の役割。領主一家が住む小ソロン島は、150ヤードの海でソロン島と隔てられていて、夜間は「自然の要害」と化す。ローレントがその夜「作戦室」に居ることは、限られた人しか知らなかった。などを手がかりに、2人とアミーナが、犯人に一歩二歩と近づいていく。
 ファルクの推理は、細かい点を見逃さず、論理的に組み立てていく。本書は本格的な推理小説なのだ。ただし「ファンタジーを本格推理にした作品」と紹介されたとおり、本書はファンタジー作品でもある。物語の世界では、魔法や魔術はもちろん、「暗黒騎士」とか、首を切り落とされない限り死なない(死ねない)「呪われたデーン人」なんてのも出てきて、物語の重要な要素になっている。

 「自然の要害」となる小ソロン島は、ある意味「密室」。でも「魔法あり」じゃ「密室」の意味がない、そもそもそれじゃミステリーにならないんのじゃないの?という心配はもっともだ。しかし、その世界のルールさえ押さえれば、ファンタジー+本格ミステリーも可能なのだ、ということを本書は示してくれた。
 私は、ミステリーよりファンタジーの方を多く読む。だから、ミステリーファンが本書をどう受け止めるのかちょっと分からないけれど、ファンタジーファンにはオススメ。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)
 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「折れた竜骨」 固定URL | 1.ファンタジー, 3.ミステリー | コメント (3) | トラックバック (1)

2011年2月 5日 (土)

シアター!2

著  者:有川浩
出版社:アスキー・メディアワークス
出版日:2011年1月25日 初版発行 
評  価:☆☆☆☆☆(説明)

 有川浩さんの最新刊。メディアワークス文庫創設の目玉として刊行された「シアター!」の続編。ダ・ヴィンチ(2010年1月号)に「もし読者さんに受け入れてもららった時は、続きを出せるようなものを」という著者のインタビュー記事が載って1年あまり。私の周辺では、読者は「受け入れた」なんてもんじゃなくて、続編を「切望」していた。
 前作は、悩める青春をスカッと描いた爽快感のある物語で楽しめた。しかし続編を「切望」した理由はそれだけではない。舞台に魅力的なキャラクターが11人もいるのに、ライトが当たったのは数人。「これじゃ全然足りない」という飢餓感にも似た気持ちが、切に続きを求めたのだ。

 登場人物の11人は、そこそこ力のある小劇団「シアターフラッグ」の面々。公演を打てば千人を超えるお客を呼べる。しかし、これまでの丼勘定の経営が祟って、300万円の借金がある。それを劇団の主宰である春川巧の兄、司が肩代わりをしている。2年以内に全額返済できなければ劇団を解散する、という条件付きで。
 物語は、11人のそれぞれの胸の内を少しづつ明かしながら進む。劇団を大事に思う気持ちはひとつだけれど、芝居に対する立ち位置もそれぞれ違う。それが微妙な隙間をつくり、秘めた恋心(周りにはバレバレなんだけど)が複雑に絡んで、時に衝突を起こす。

 この「衝突」こそが「ドラマ」なのだ「青春」なのだ。おしぼりを相手の顔面に投げつけたり、投げ返したり。好きな人のところに飛ぶようにして駆けつけたり。彼らには悪いが、これが私が「これじゃ全然足りない」と思っていたものなのだ。つまり、本書は前作で感じた気持ちに見事に応えてくれた。そして読み終わった今の気持ちは「もっとたくさん欲しい」。続編が待ち遠しい。

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「シアター!2」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

書いて稼ぐ技術

著  者:永江朗
出版社:平凡社
出版日:2009年11月13日 初版第1刷
評  価:☆☆☆(説明)

 本のタイトルは時として、その読者を如実に表してしまう。「パティシエになるには 」という本の読者は、パティシエになりたい人に違いない。同じように本書の読者は「書いて稼ぎたい」人に違いないのだ。そう、私は「書いて稼ぎげる」ようになりたい。だから1年ぐらい前にこの本を買ったのだけれど、なぜか気後れしてしまって、今まで読まずにいた。

 「書いて稼ぐ」と言っても、私は「ライター専業で食っていく」ということを考えているのではない。安くてもいいので、私の文章で何がしかの対価をいただけないか?ということなのだ。本書の著者も書店員をしていて、お客さんの編集者から「ウチの雑誌で本の紹介を書かないか」と誘われた副業が始まりだという。あぁ、私も誰か誘ってくれないだろうか?(関係者の方、連絡をお待ちしてます)

 私の希望(野望)はここで置いて、本書について。ライターという仕事に必要なことが一通り書かれている。「まずは名刺をつくりましょう」から始まって、営業の仕方、企画書のノウハウ、メモ術やアイデア術の発想術、取材のABC...とても実践的な内容だ。特に「単著(著作)があると信用度が違う」というあたりはなるほど、と思った。(そして「それじゃ自費出版でなら..」と思った私は甘かったことが、すぐに分かるのだが)

 ただし「文章の書き方」は本書にはない。それは類書を見てくれ、ということもあるし、それより大事なことがある、という意味もある。「書いて稼ぐ技術」とは文章の技術ではなく、如何にしてライターになるか、そして続けていくか、のための諸事のことだ。もっと言えば処世術とも言える(本書Part3のタイトルは「世渡りのしかた」だ)

 本書を読めばライターになれる、とは言えないが、ライターになるつもりなら読んどいた方がいい、とは言える。

 この後は、書評ではなく、この本を読んで思ったことを書いています。お付き合いいただける方はどうぞ

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

続きを読む "書いて稼ぐ技術"

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「書いて稼ぐ技術」 固定URL | 6.経済・実用書 | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »