« バイバイ、ブラックバード | トップページ | 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 »

2010年10月21日 (木)

「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために

編  者:ポスタル・ノベル
出版社:双葉社
出版日:2010年7月4日 第1刷発行
評  価:☆☆(説明)

 先日の「バイバイ、ブラックバード」のレビューの終わりに書いたように、「私が気が付かないアッと驚く仕掛けがあるのでは」と思った私は、本書の存在を知って矢も盾もたまらず、速攻で買ってしまった。100ページしかなく、しかも後ろ半分は「バイバイ、ブラックバード」の下敷きとなった、太宰治の「グッド・バイ」が掲載されている。

 実は「グッド・バイ」は青空文庫で読んでいたので、私にとって本書の価値は前半40ページ余りにしかない。30ページが伊坂幸太郎さんへのインタービュー、10ページ余りがフリーライターの門賀美央子さんによる「解説」。正直に言って、わずか630円と言えども一瞬買うのを躊躇した。
 伊坂さんは、自分の作品について「求められれば、抗うことも隠すこともなく、丁寧に誠実に話をする」作家さんだと思う。雑誌やサイトなどのインタビュー記事の多さからそうと分かる。私は、「いつもは雑誌の一部分であったり、サイトに無料で公開しているインタビューを、今回は本にして630円で売ることにしたのか」と受け止めてしまった。

 内容は悪くない。作家自らによる創作ウラ話は読者を楽しませるし、「解説」は「グッド・バイ」に字数を割き過ぎているように思うが、それも「バイバイ、ブラックバード」を楽しむ助けにはなる。悪いことは何もないのだけれど、上に書いたことと、「私が期待したものはここにはなかった」という身勝手な理由から、私は楽しめなかった。
 ちょっと視点を変えると、出版社の「企画」通りだったとも言える。そもそも1話につき抽選で50人だけに届く「ゆうびん小説」という「企画」から始まっているのだ。終了後にまとめて書き下ろしの1話を加えて書籍化し、同時に「~より楽しむために」なんて本を出す「企画」。マーケティングとしては、ストーリーが整っていて良くできている。

 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(~2007年)」
 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(2008年~)」
 (あなたの好きな伊坂作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「伊坂幸太郎が好き!」ブログコミュニティへ
 (伊坂幸太郎さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために」 固定URL | 31.伊坂幸太郎

« バイバイ、ブラックバード | トップページ | 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 »

31.伊坂幸太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために:

« バイバイ、ブラックバード | トップページ | 小惑星探査機 はやぶさの大冒険 »