« 「書店」vs「ネット」、あなたはどっちで本を買う? | トップページ | モーツァルトの陰謀 »

2010年10月31日 (日)

エデン

著  者:近藤史恵
出版社:新潮社
出版日:2010年3月25日 発行 2010年5月15日 第4刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 2008年の大藪春彦賞受賞、本屋大賞第2位の「サクリファイス」の続編。あれから3年後を描く。

 前作の終わりにスペインの自転車レースチーム「サントス・カンタン」への移籍が決まった主人公の白石誓は、そこそこの実績を残してフランスのチーム「パート・ピカルディ」に移籍していた。ツール・ド・フランスでの優勝候補を有する有力チームだ。
 そして何と、誓はツール・ド・フランスへの出場を果たす。自転車レースの最高峰で100回になろうとする長い歴史の中でも、出場した日本人選手は数人しかいない。日本人だけでなく、世界中の自転車選手が夢に見るツールへの出場。しかし物語にはそんな晴れがましさはなく、その代わりに底の見えない深い人間の業と葛藤が描かれている。それでいて、自転車で走る時の心地よい風を感じるからか、物語に陰鬱とした暗さが漂わないのが救いとなっている。

 自転車レースは、人力だけで競うスポーツとしては最速と言われる。極限まで体力を使う過酷なレース。薬物への誘惑も多い。また、チームスポーツでもあって、誓の役割でもあるアシストは、エースを勝たせるために働く。玄人の目にはその働きは見えるが、決して記録には残らない。自らの勝利への渇望は叶えられない。「それが当然」と頭では分かっても、心の葛藤は消えない。
 さらに本作では様々な要素が絡む。グローバルスポーツである自転車レースの中だからこその、日本人であること、フランス人であること。プロスポーツの意外に脆弱な経済基盤。貧富の差。友情。前作よりもドラマに厚みが出た。
 そして、誓が背負う「自分がここにいられる理由」。本作だけでも楽しめるが、前作「サクリファイス」から通しで読むことをオススメする。さらに興味がある方は、スピンオフ短編で「Story Seller」に収められた「プロトンの中の孤独」、同じく「Story Seller2」の「レミング」も。

 にほんブログ村「近藤史恵」ブログコミュニティへ
 (近藤史恵さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「エデン」 固定URL | 2.小説, 2B.近藤史恵

« 「書店」vs「ネット」、あなたはどっちで本を買う? | トップページ | モーツァルトの陰謀 »

2.小説」カテゴリの記事

2B.近藤史恵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/49899743

この記事へのトラックバック一覧です: エデン:

» パートタイマーの求人募集転職採用情報ネットナビ&全国プチ情報 [パートタイマーの求人募集転職採用情報ネットナビ&全国プチ情報]
とっても高待遇なパートタイマーの求人募集転職採用の情報です。 [続きを読む]

受信: 2010年11月 3日 (水) 18時19分

« 「書店」vs「ネット」、あなたはどっちで本を買う? | トップページ | モーツァルトの陰謀 »