« 一億総ガキ社会 「成熟拒否」という病 | トップページ | バイバイ、ブラックバード »

2010年10月14日 (木)

きみはポラリス

著  者:三浦しをん
出版社:新潮社
出版日:2007年5月20日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 三浦しをんさんの短編集。小説新潮やアンソロジーに書いた「恋愛短編」が11編収録されている。巻末の「初出・収録一覧」に、それぞれの短編のテーマが「お題」「自分お題」として載っているので、読む前でも後でも良いので見るといいと思う。

 その「初出・収録一覧」に「「恋愛をテーマにした短編」の依頼が多い」と書いてあり、不思議な感じがした。そんなに数を読んでいないけれど、今まで読んだ著者の作品からは「恋愛小説」のイメージはない。「風が強く吹いている」「仏果を得ず」「神去なあなあ日常」。どの作品の主人公も恋はする。でも「恋愛小説」ではない。直木賞受賞作「まほろ駅前 多田便利軒」には、恋愛の要素はあっただろうか?

 読み始めてすぐに「もしかしたら?」と気が付くのは、本書の物語は「普通の恋愛小説」ではないんじゃないか?ということ。誰かが誰かに恋したり愛したりすれば「恋愛」かもしれないけれど、相手が死んでしまっていたら?誘拐犯だったら?ペットだったら?、二人が姉弟だったら?女同士だったら?男同士だったら?世間的には許容範囲が広がったとはいえ、まだこれは「普通」ではないだろう。「恋愛をテーマにした短編」の依頼者の期待は、これで満たされたのか心配になってくる。

 「普通」じゃつまらない、という人にはバリエーション豊かで良いだろう。しかし、私は読んでいて、そわそわと落ち着かなくて仕方なかった。その中では、一対になっている最初の一編と最後の一編は、少しだけれど主人公を応援したくなった。私の許容範囲も少し広がっているようだ(笑)。

 にほんブログ村「三浦しをん」ブログコミュニティへ
 (三浦しをんさんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「きみはポラリス」 固定URL | 2.小説, 27.三浦しをん

« 一億総ガキ社会 「成熟拒否」という病 | トップページ | バイバイ、ブラックバード »

2.小説」カテゴリの記事

27.三浦しをん」カテゴリの記事

コメント

確かに普通の恋愛小説じゃないですよね。
でもみんな一生懸命誰か愛していることは伝わってきます。
やっぱり三浦しをんは一味違う!懐が深い!と思えた大好きな小説です。
私は誘拐犯の「冬の一等星」が一番好きでした。
「私たちのしたこと」は切なくて、衝撃が一番大きかったです。

投稿: るるる☆ | 2010年10月18日 (月) 19時49分

るるる☆さん、コメントありがとうございます。

なるほど「懐が深い!」ですか。たしかに、バリエーションの広さを
感じます。いや奥の深さかもしれません。

登場人物たちは、みんな世間的な「標準」からは外れてしまっている
けれど、標準以上に真面目に恋愛しているところが良いですね。

でも、私はどちらかと言うと、「神去なあなあ」みたいな爽やか系の
しをん作品がいいなぁ。
 

投稿: YO-SHI | 2010年10月20日 (水) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/49741891

この記事へのトラックバック一覧です: きみはポラリス:

« 一億総ガキ社会 「成熟拒否」という病 | トップページ | バイバイ、ブラックバード »