« 仏果を得ず | トップページ | グリフィンの年(上)(下) »

2010年9月25日 (土)

上手に人を殺すには

著  者:マーガレット・デュマス 訳:島村浩子
出版社:東京創元社
出版日:2010年8月27日 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 おだやかでないタイトルだけれど、殺人のハウツー本では、もちろんない。セレブ探偵が活躍するミステリーで、著者のデビュー作「何か文句があるかしら」の続編、シリーズ第2弾。ちなみにタイトルは「How to Succeed in Business Without Really Trying(努力しないで出世する方法)」というブロードウェイミュージカルをもじったもの。このミュージカルのタイトルは本書のストーリーとも少し関係がある。

 主人公のチャーリーは、前作では「小国の財政がまかなえるほどの」と紹介されているお金持ちの女性。本書では「人生を数回生きても使いきれない」と形容されている。しかもゴージャスな美人らしい。恵まれすぎていて、いっそ清々しいぐらいで妬む気にもならない。
 そのチャーリーが、新婚の愛する旦那様のジャックの取引先のIT企業の重役の殺人事件に挑む。いや、やめとけと言われているのに首を突っ込む。ダメだと言われたのになしくずし的に仲間と一緒に潜入捜査をすることになる。
 命を狙われるような危険も何度かあるのだけれど、全体的にはカラッと乾いたノリで事件の核心に近づいていく。(どうやら銃弾もお金持ちは避けて飛ぶらしい)登場人物がみんな個性的なのも、物語を楽しくしている。今回は、「胸板が厚すぎて腕が組めない」というマッチョなボディーガードのフランクに特に注目。

 前作のレビューにも書いたけれど、「セレブ探偵」なんて言うと薄っぺらい「主婦探偵」ものを想像する。でもこのシリーズは「薄い」じゃなくて「軽い」。ノリとテンポの良さが最後まで途切れない。アメリカン・ライト・ミステリー&コメディ。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「上手に人を殺すには」 固定URL | 3.ミステリー

« 仏果を得ず | トップページ | グリフィンの年(上)(下) »

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/49558203

この記事へのトラックバック一覧です: 上手に人を殺すには:

» ココログ トラックバック送信テスト [テスト]
本読みな暮らし おとなの読書感想文・書評/乱読生活の記録 http://yo-shi.cocolog-nifty.com/honyomi/ 上手に人を殺すには [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 15時37分

« 仏果を得ず | トップページ | グリフィンの年(上)(下) »