« 上手に人を殺すには | トップページ | カラフル »

2010年9月30日 (木)

グリフィンの年(上)(下)

著  者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 訳:浅羽莢子
出版社:東京創元社
出版日:2007年11月30日初版
評  価:☆☆☆(説明)

 「ダークホルムの闇の君」の続編。前作では、魔法使いはもちろんエルフやドワーフやグリフィンといったファンタジーの王道をゆく種族や生き物を配してはいながら、実はみんな観光旅行用にそれぞれの役割に応じて、善と悪の戦いなんかを演じている、という王道からはかなり外れたひねりの効いた設定だった。
 本書はそれから8年後の物語。続編には違いないが、前作とのつながりはあまりない。登場人物と舞台の設定を共通にした別の物語。主人公も前作ではダークという名の魔術師だったが、本書はその末の娘のエルダで、前作ではまだ十歳であまり重要な役ではなかったように思う。

 そのエルダが18歳になり、魔術師大学に入学する。同じ教授の指導を受けることになったエルダを含めて6人の学園生活が主な舞台。そのクラスメイトが、北の王国の皇太子、南の皇帝の異母妹、ドワーフ、後の二人は身分を隠していて、どうも訳ありらしい。
 魔術師学校の学園生活、といえばハリーポッターシリーズを思い出すが、だいぶ趣が違う。何と言うかこちらの方はハチャメチャ度がかなり高い。物語前半は小さなヤマをいくつかくり返し、後半に大きなヤマを持って来て一気に大団円。著者のお得意のパターンながら、これが読んでいて気持ちいい。

 登場人物の多さにちょっと戸惑うが、エルダのクラスメイトだけを押さえておけば大丈夫。上にも書いたように続編と言っても別の物語、こちらだけ読んでも楽しめる。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「グリフィンの年(上)(下)」 固定URL | 1.ファンタジー, 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

« 上手に人を殺すには | トップページ | カラフル »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/49601260

この記事へのトラックバック一覧です: グリフィンの年(上)(下):

« 上手に人を殺すには | トップページ | カラフル »