« マークスの山 | トップページ | 「グーグルに、自分のブログを、すすめられ」 »

2010年6月13日 (日)

王国の鍵4 戦場の木曜日

著  者:ガース・ニクス 訳:原田勝
出版社:主婦の友社
出版日:2010年4月30日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 月曜日から始まって日曜日に終わる7冊シリーズの4冊目の木曜日。ちょうど折り返し地点になる。サーズデーは「大迷路」の管財人。そして彼は、世界の中心に位置すると言われている「ハウス」の軍隊を指揮する司令官でもある。大迷路は「無の虚空」と山脈を挟んで接していて、無から生まれる化け物である「ニスリング」の侵攻をくい止めていた。今回アーサーは、大迷路でのニスリング軍との戦争に巻き込まれる。

 それだけではない、前号のエンディングで仄めかされていた通り、アーサーが元いた世界つまり地球には、アーサーの偽者が送り込まれていて、神経を侵す菌をバラ撒いて地球を破滅させようとしている。今回はこれまでとは違って、ハウス内のアーサーの活躍と、地球に戻ったリーフの奮闘の2つのストーリーが並行して進む、より緊迫感が増した展開だ。

 「これまでとは違う」という意味では、今回は新たな敵がアーサーに立ちふさがる。もちろん、サーズデーとも相対する必要があるのだが、真の敵は別にいるようだ、ということが判明する。これまでは、マンデーから始まって、徐々に強くなっていくボスキャラと順に戦い、サンデーがラスボス、という図式が見えていたが、そうではなかった。この記事の冒頭で、「中間地点」という意味で「折り返し地点」と書いたが、物語の展開上も今回はまさに「ターニングポイント」になっている。

 「訳者あとがき」にて重要な情報が公開されていた。7人の管財人は「怠惰」「強欲」「暴食」「憤怒」「色欲」「嫉妬」「傲慢」の、キリスト教の七つの大罪をモチーフにしていると考えられることだ。今回のサーズデーが体現する罪は「憤怒」、次号のレディ・フライデーは「色欲」だ。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「王国の鍵4 戦場の木曜日」 固定URL | 1.ファンタジー, 18.ガース・ニクス(王国の鍵)

« マークスの山 | トップページ | 「グーグルに、自分のブログを、すすめられ」 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

18.ガース・ニクス(王国の鍵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48623170

この記事へのトラックバック一覧です: 王国の鍵4 戦場の木曜日:

« マークスの山 | トップページ | 「グーグルに、自分のブログを、すすめられ」 »