« ラジオドラマ「有頂天家族」放送決定 | トップページ | 伊坂幸太郎さん、森見登美彦さん、Web文芸誌に執筆 »

2010年5月23日 (日)

王国の鍵3 海に沈んだ水曜日

著  者:ガース・ニクス 訳:原田勝
出版社:主婦の友社
出版日:2009年12月20日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「王国の鍵」シリーズ第3弾。主人公アーサーの相手は、これまでにマンデー、チューズデーと来て、今回はウェンズデー。そう、水曜日のウェンズデー。創造主が造った世界の中心にある「ハウス」は7つの部分に分かれていて、それぞれに管財人がいる。ウェンズデーは「果ての海」と呼ばれる場所の管財人だ。

 前作の最後で、普通の人間でいることと引き替えに足を折ったアーサーは、その治療のため入院していた。そこにウェンズデーからの昼食会への招待状が届き、次いで病室に大波が押し寄せ、ベッドごと嵐の海に押し流されてしまう。まさに急転直下、アッと言う間にアーサーの波乱に満ちた冒険が始まる。
 例によって、要所要所では協力者が力を貸してくれるのだけれど、基本的にはアーサーの頑張りと幸運が頼りだ。ベッドで漂流したり、大クジラに呑みこまれたり、海賊に追い回されたりと、最後まで息つく暇もない。ぜんそく持ちのアーサーが気の毒でならない。

 管財人の名前などから、7人の敵が順々に現れることは容易に予想できる。格闘系の少年マンガのように、だんだんと強くなっていくのだろう、という想像もできる。これまでに2冊読んでいて、あと5回この繰り返しかと思うと、正直に言うと退屈な感じがしていた。(偉大なマンネリというものもあるけれど)
 ところが、今回はウェンズデーだけが相手ではないらしい。ついでに言えば、7人の管財人の間にもいろいろな確執があることが少しだけ垣間見える。また、前作までは端役だったアーサーの友達の少女のリーフも、今回はこの冒険に巻き込まれて、重要な役回りを演じる。このシリーズにはマンネリ批判は当たらない。物語は様々な要素が加わって複雑になって来ている。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「王国の鍵3 海に沈んだ水曜日」 固定URL | 1.ファンタジー, 18.ガース・ニクス(王国の鍵)

« ラジオドラマ「有頂天家族」放送決定 | トップページ | 伊坂幸太郎さん、森見登美彦さん、Web文芸誌に執筆 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

18.ガース・ニクス(王国の鍵)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。Yu-Kiと申します。
コメント&TBありがとうございました。

確かに敵が強くなっていくのって、冒険モノの王道ではありますよね。
アーサーくんが人間の体のままでどこまでやれるのか、ちょっと心配になってしまいます。

こちらからもTBさせていただきますね。

投稿: Yu-Ki | 2010年5月23日 (日) 16時56分

Yu-Kiさん、TBとコメントありがとうございます。

「人間であること」へのこだわりが前面に出てきましたね。
死なないまでも、大ケガでもするんじゃないかと心配ですね。
修復可能なことをいいことに、周りのハウスの住人たちが
荒っぽいですから。
 

投稿: YO-SHI | 2010年5月24日 (月) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48430845

この記事へのトラックバック一覧です: 王国の鍵3 海に沈んだ水曜日:

» 王国の鍵3 [駄文長文]
王国の鍵 海に沈んだ水曜日 著:ガース・ニクスさん 訳:原田勝さん ★★★★☆ 王国の鍵の3冊目 前巻の骨折で入院していたアーサーくんの元には、 「レディ・ウェンズデー」から昼食への招待状が届いていた。 ウェンズデーが支配する「果ての海」が病室を浸食して来、 「ハ..... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 16時58分

« ラジオドラマ「有頂天家族」放送決定 | トップページ | 伊坂幸太郎さん、森見登美彦さん、Web文芸誌に執筆 »