« 片眼の猿 One-eyed monkeys | トップページ | 戦国武将ゆかりめぐり旅 政宗公と幸村公 »

2010年5月 6日 (木)

武田双雲にダマされろ 人生が一瞬で楽しくなる77の方法

著  者:武田双雲
出版社:主婦の友社
出版日:2010年5月31日 第1刷発行
評  価:☆☆(説明)

 出版社の主婦の友社さまから献本いただきました。感謝。

 著者は書道家。3年間の会社員経験の後、同じく書道家である母の影響でこの道を志したそうだ。著名なテレビドラマや映画やイベントの題字を手がけ、アーチストとのコラボレーションも多く、目下大活躍だそうだ。「~そうだ」と伝聞が続いて恐縮だが、私は寡聞にして著者のことを全く知らなかった。
 書道家である著者がどうして「自己啓発本」を?という疑問については、まえがきでこう答えている。「書と向き合うことは「人間の概念を書きつける」こと。あらゆる概念の中でも、特に「どうやったら人類がもっともっと楽しい人生になるのか」ということを考え、伝えたい」。そのために、自分で実践して効果があった「生き方の法則」を本書にしたためたわけだ。

 内容は「ありがとう」の連発で幸せに」といった具体的な方法が、サブタイトルのとおり77個、それが10章に分けて紹介されている。一貫しているのは、ポジティブシンキングと相互作用、そして言葉の力の3つ。ネガティブな言葉よりポジティブな言葉を使っていこう、他人の態度はこちらの態度の合わせ鏡、相手を変えることは容易ではないから自分の態度を変えてみよう、そしてそれらを言葉にして声に出してみよう、ということ。「ありがとう」の連発は、3つの要素が配合されたいい例だ。
 まぁ、突き詰めればこの3つ+αのことしか書かれていないわけで、77もの例を挙げなくてもよさそうなのだが、例がたくさんあって具体的なことにも意味がある。様々な角度から見て言い替えれば、自分に合う言葉が見つかる可能性が高くなる。抽象化された言葉は心に響きにくい、ということは確かにある。私に響いた言葉は72番の「「0」と「1」の差」だった。

 最後に1つ苦言を呈したい。言葉の扱いが雑なのだ。「人生が一瞬で...」というサブタイトルは中身を正確に表していない。でもこれはキャッチコピーだから良しとしよう。中身の文章に擬音や遊びが多いのも、私は気に障ったが親しみやすさを演出する工夫だと認めよう。
 しかし、文章の前後がズレている箇所がいくつもあることは見過ごせない。これは「誤り」だからだ。例えば上に書いたまえがきの文章。「人類が..楽しい人生になる」ではおかしい。「人類が(それぞれorみんな)..楽しい人生を送れる」「人々の人生が..楽しい人生になる」とするのが妥当だろう。
 話言葉ではありがちな誤りで、そう神経質になることもないが、文字にする以上これぐらいの厳密さは必要だろう。著者は、書道家として言葉を厳しく重要視しているそうだが、そういったことは残念ながら本書からは見て取れない。また出版社は、校正の段階で気が付かなかったのだろうか?

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「武田双雲にダマされろ 人生が一瞬で楽しくなる77の方法」 固定URL | 6.経済・実用書, 7.オピニオン

« 片眼の猿 One-eyed monkeys | トップページ | 戦国武将ゆかりめぐり旅 政宗公と幸村公 »

6.経済・実用書」カテゴリの記事

7.オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48285943

この記事へのトラックバック一覧です: 武田双雲にダマされろ 人生が一瞬で楽しくなる77の方法:

» 自己啓発 脳内アップデート [自己啓発 脳内アップデート]
自己啓発で勉強する前に貴方の頭の根本的な頭のよさを鍛えませんか? 脳内アップデートをすれば、頭の回転、記憶力などが格段にアップします。 [続きを読む]

受信: 2010年5月13日 (木) 19時42分

« 片眼の猿 One-eyed monkeys | トップページ | 戦国武将ゆかりめぐり旅 政宗公と幸村公 »