« 1Q84 BOOK3 | トップページ | 2010年大学読書人大賞に「夜は短し歩けよ乙女」 »

2010年4月25日 (日)

ロスト・シンボル(上)(下)

著  者:ダン・ブラウン 訳:越前敏弥
出版社:角川書店
出版日:2010年3月3日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「天使と悪魔」「ダ・ヴィンチ・コード」に続く、ラングドンシリーズの3作目。前2作ではキリスト教にまつわる秘密をめぐる陰謀が描かれていたが、今回はフリーメイソンが秘匿する「秘密のピラミッド」と「古の神秘」に迫る。

 フリーメイソンは「ダ・ヴィンチ・コード」でも言及されている。欧米では政府要人などの有力者の会員が多いからか、世界的な秘密結社で様々な陰謀説がささやかれている。また宗教的な儀式が重んじられるという情報から、オカルト的な噂も絶えない。
 本書は、フリーメイソンから導かれるこうした印象に加えて、次の事実などを背景として首都ワシントンD.C.を舞台としたサスペンスに仕上がっている。(1)ワシントンやフランクリンといった米国建国の父らがフリーメイソンであった (2)ワシントンD.C.に高さ169メートルもの巨大なオベリスク様建造物(ワシントン記念塔)がある (3)1ドル札にピラミッドと「目」が描かれている

 良くも悪くも過去2作のラングドンシリーズ、さらには他のノン・シリーズも含めた著者の作風を踏襲した作品だ。秘密めいた団体、象徴に隠された意味、謎につつまれた敵。そして敵に奪われた友、その友の肉親の美女と運命を共にした、敵だけでなく公権力の追跡からも逃げる逃避行。
 今回の美女のキャサリンは50歳で、ずいぶんお年を召しているなぁと思ったが、ラングドンとは同年代でつり合いはいい。「いやいや50歳になっても魅力的っていうのがスゴイじゃない?」なんて、年寄扱いしていてふと気が付いた。私もあと3年あまりで50歳だ(!)。

 上に「良くも悪くも」と書いた。良い方は、いつものとおり「秘密」に対する好奇心を刺激されるワクワクする物語だったこと。全編で12時間という短い時間のなかで展開するスピード感。悪い方は、何となく先が読めてしまうこと。さらに今回は迫る危機や敵が一回りも二回りも小さい気がする。同じ枠組みで続けるのは楽なようでいて、前を上回る新たな物語を創り出すのは大変なのだと思う。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ロスト・シンボル(上)(下)」 固定URL | 3.ミステリー, 36.ダン・ブラウン

« 1Q84 BOOK3 | トップページ | 2010年大学読書人大賞に「夜は短し歩けよ乙女」 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

36.ダン・ブラウン」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
偶然なのか、同じタイミングで同じ本読んでますね♪
おっしゃる通り、よくも悪くもっていう気が。
ちなみに、50歳代だとはぜんぜん考えてませんでした。
なんとなく、若いようなイメージを作っていたけど、
甥の年齢からの違和感はこれだったんですね。

投稿: えみ | 2010年4月26日 (月) 07時04分

えみさん、こちらこそお久しぶりです。

同じタイミングで同じ本を読んでるって、何だか連帯感を感じますよね。
私は、ネットで同じ本を読んでる人を探してコメントを付ける、ってことを
良くやってます(えみさんにも何回かやってると思いますが)。

キャサリンが50歳、についてですが、物語の最初の方に書いてあっったので
「おやおや、今回はいつもの展開はなしかな?」なんて思っていました。(笑)
 

投稿: YO-SHI | 2010年4月26日 (月) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48181836

この記事へのトラックバック一覧です: ロスト・シンボル(上)(下):

« 1Q84 BOOK3 | トップページ | 2010年大学読書人大賞に「夜は短し歩けよ乙女」 »