« 魔法の使徒(上)(下) | トップページ | 眠れなくなる宇宙のはなし »

2009年12月24日 (木)

シアター!

著  者:有川浩
出版社:アスキー・メディアワークス
出版日:2009年12月16日 初版発行 
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「有川先生、ありがとうございます。この本、とても面白かったです。」と、著者に会うことがあれば言いたい。本書は、12月16日に創刊された「メディアワークス文庫」というエンタテイメント小説の文庫の第1弾の8冊の内の1冊。公式ホームページを見ると、「図書館戦争の有川浩をはじめ、豪華作家陣オール書き下ろし」とあって、本書が目玉作品であることが分かる。

 物語の舞台はそこそこ力のある小劇団「シアターフラッグ」。登場人物はほぼ劇団の面々だけ。主人公は劇団の主宰の巧。彼は人見知りがひどく、子どもの頃はいわゆる「いじめられっこ」。遊ぶ相手は兄の司だけ。それも決まって、とっくに放映の終わったテレビのヒーローのソフビ人形でのゴッコ遊び。レッドが巧でブルーが司というのも決まっている。
 司が助けなければ、人生から脱落してしまいそうだった巧が演劇と出会い、人並みに生きていけるようになったことは司も嬉しく思っている。しかし、演劇で食えてはいない。好きな事をやっているのだから貧乏で当たり前、ということらしい。案の定300万円の借金を抱え、返せなければ劇団が潰れてしまう、という緊急事態から物語は始まる。

 劇団員は10人いるのだけれど、それぞれが抱える微妙な感情の揺れの描き方がうまい。おそらく練りに練ったセリフが、狙い済ましたように物語の随所で繰り出される。そのセリフを言ったりつぶやいたりした、その時だけはその登場人物が主人公になる。彼や彼女の物語が突然目の前に開けるのだ。
 むしろ巧だけがそういった感情の発露がなかった、と言えば言いすぎだろうか。本書は1人の主人公の物語でなく、巧を取り巻く20代の若者たちの群像劇だったのかもしれない。そして、司を入れて11人の思いはクライマックスの公演へと集約される。このスピード感、ハラハラ感は圧巻。 

 ところで、著者の有川さんのデビュー作「塩の街」は、第10回電撃大賞受賞作だ。「電撃」は、本書の出版社のアスキー・メディアワークスのブランド。著者の名を一躍有名にした「図書館戦争」シリーズもこの出版社から出している。
 第1弾の他の作家さんも似たような経緯の方が多いようだが、著者は飛びぬけた出世頭と言えるだろう。その出版社の新文庫創刊への書下ろしは、とても面白い作品だった。自分を世に出した出版社への恩があるとすれば、これは良い恩返しになったと思う。

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「シアター!」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩

« 魔法の使徒(上)(下) | トップページ | 眠れなくなる宇宙のはなし »

2.小説」カテゴリの記事

22.有川浩」カテゴリの記事

コメント

あー!この本、今日本屋さんで気になったとこでしたhappy02
おもしろそうですね~notes

投稿: chai | 2009年12月24日 (木) 23時39分

YO-SHIさんがここまで言う本ならば
是非、是非読んでみたいです(=^・^=)
昔、劇団にいたので感情移入も出来そう◎
面白い本をススメテ下さってありがとうございます。
即、買わねば!!!!!

投稿: ジーナフウガ | 2009年12月25日 (金) 11時37分

読みました!
やはりいつもながらの有川さんの味でしたね。
面白かったです!(^^)!

投稿: チャウ子 | 2009年12月25日 (金) 22時03分

chaiさん、コメントありがとうございます。

気になっていたのなら、ぜひぜひ読んでみてください。
確かchaiさんは「植物図鑑」もけっこう楽しまれてましたよね。
あの甘さは無いけれど、なかなか面白いですよ。

----

ジーナフウガさん、コメントありがとうございます。

劇団にいたことのあるジーナさんにはぜひオススメ。
というか、劇団関係の人が読むとどうなのかなぁ、と
それが聞きたいです。

----

チャウ子さん、コメントありがとうございます。ご無沙汰です。

チャウ子さんも読まれましたか!面白かったですね。
いつもながらの有川さんの味でしたね。「劇甘」を思い浮かべる
人もいるかもしれませんが、私はこのくらいの甘さ、青酸っぱさが
好みです。
 

投稿: YO-SHI | 2009年12月26日 (土) 01時42分

初めまして。
ブログ読ませていただきました。

色々、参考にして読んでみたいと思います。

投稿: クワトロ | 2009年12月26日 (土) 18時24分

YO-SHIさんのレビューを読んだら、ぜひ読みたくなりました!
有川浩は未読なんです。
いろんな方のレビューでとても評判が良かったのでちょうど読みたいと思っていました。

投稿: spring-ring | 2009年12月26日 (土) 23時58分

クワトロさん、コメントありがとうございます。

ブログを読んでいただいてありがとうございます。
気になった本があったら、読んでみてください。
そして、よければ感想などを教えてくださいね。


----

spring-ringさん、コメントありがとうございます。

この本は楽しめると思います。是非読んでみてください。
最初の有川作品としてもいいかも。激甘作品もあるのですが
それは好みが別れるし、耐性がないとちょっとつらいので。
 

投稿: YO-SHI | 2009年12月27日 (日) 01時23分

YO-SHIさん こんにちは。
そうそう、この本文庫だったのですね~。
図書館でタイトルだけで予約をしていたので、手にとってびっくりしました。
有川さん、まさに恩返しというかいい仕事したと思います。
だって、ものすごく面白かったですもん。
手軽に読めて、こんなに楽しいなんて!
(甘さ控えめがちょっと物足りませんでしたが…)( ;^^)へ..

投稿: たかこ | 2010年3月21日 (日) 11時11分

たかこさん、コメントありがとうございます。

そうそう、最初から文庫でこれだけのエンタテイメント。お得ですねぇ。
しかも、「ダ・ヴィンチ1月号」のインタビュー記事によると、シリーズ化
される可能性が高そうですよ。これだけの個性豊かなメンツを揃えといて
1冊だけではもったいないですもんね。
 

投稿: YO-SHI | 2010年3月22日 (月) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/47107104

この記事へのトラックバック一覧です: シアター!:

» シアター! / 有川浩 [たかこの記憶領域]
ぎゃぁぎゃぁ、半分壊れ気味(^-^; やっぱり有川作品はこうでなくっちゃ!と思わせる作品。ここ最近読んだ有川2作品では、さみしい思いをさせられたのでなおさら。キャラがたつ話をかかせたらうまいよね〜。 で、小劇団シアターフラッグの黒幕、鉄血宰相の春川司。激萌...... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 10時56分

« 魔法の使徒(上)(下) | トップページ | 眠れなくなる宇宙のはなし »