« 宵山万華鏡 | トップページ | バジャーズ・エンドの奇妙な死体 »

2009年10月27日 (火)

植物図鑑

著  者:有川浩
出版社:角川書店
出版日:2009年6月30日 初版発行 
評  価:☆☆☆☆(説明)

 草食系男子を拾った二十代後半女子の物語。肉食系とは限らないけれど、自衛隊などのマッチョな戦闘職種男子の恋愛を数多く描いた著者が、料理はじめ家事全般を人並み以上にこなすスマートな男子に恋してしまった女子を描くとどうなるのか?

 主人公さやかが恋した相手のイツキは、草食系といってもタダ者ではない。「よかったら俺を拾ってくれませんか」。さやかのマンションの玄関前で行き倒れていたイツキがさやかにかけたセリフがこれだ。「捨て犬みたいにそんな、あんた」と言うさやかに返した言葉がさらにスゴイ。異論はあるだろうが、私はこれは確信犯だと思う。相当切れる頭脳の持ち主でなければ、こんなことは言えない。
 「相当切れる」という私の第一印象はおそらく正しく、常に「こうして欲しい」と思うちょっと上を行くイツキの言動は、さやかの心を捉えてしまう。ある意味「絶対彼氏」だ。もしかして著者の妄想が実体化したものかも?

 そうそう、書き忘れましたが「草食系」というのは自分から女性を求めないという意味で、イツキはまさにそういうヤツなんだけれど、もう一つの意味がある。イツキは文字通り「草を食べる」のだ。植物図鑑並みの、いや「食べる」ことに関してはそれを上回る植物の知識の持ち主で、河原や道端の草の食し方を心得ている。しかもイツキが料理した草はとても美味いらしい。
 男の私から見れば、出来すぎのイツキに嫌味の一つも投げたくなるが、彼にも色々と背負うモノがあるようなので許す。フキやフキノウトウ、ツクシやノビル、ミントにヨモギ、私も山野草やハーブは好きだし、もっと他の草も愛情を込めた料理にするイツキを好ましく思う。最終章が切なくも幸せ。

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「植物図鑑」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩

« 宵山万華鏡 | トップページ | バジャーズ・エンドの奇妙な死体 »

2.小説」カテゴリの記事

22.有川浩」カテゴリの記事

コメント

YO-SHIさんこんばんは。

イツキは女の私から見ればすごく素敵でした(笑)
有川さんは乙女(?)の理想の男性像を書くのがうまいですね。
今回のイツキは、YO-SHIさんの書かれているように背負うものがあるので余計素敵なんですよね、きっと。

投稿: チャウ子 | 2009年10月27日 (火) 23時59分

こんばんは~。
有川浩は、恋愛ものを書かせたらピカイチですね。
二つの意味で「草食系」ですか。うまい!

投稿: 牛くんの母 | 2009年10月28日 (水) 00時28分

いいなぁ~早く読みたいなぁ。
図書館に予約してから、かれこれ3ヶ月くらい待ってるんですよ(^^;
今回は草食系男子との恋愛模様なんですね!
有川さんいろんなとこ突っ込んできますね。
楽しみだな~。


投稿: るるる☆ | 2009年10月28日 (水) 14時54分

YO-SHIさん こんにちは。
今回は本当の意味での「草食男子」でしたね。
こんな子がいたら、絶対に拾うなぁ、と思いました(笑)
最終章、書いてくれてありがとう!と思いました。

投稿: たかこ | 2009年10月28日 (水) 15時56分

チャウ子さん、コメントありがとうございます。

すごく素敵でしたか。やっぱり。
男の私から見ると「こりゃ敵わないな」って感じです。
まぁ、女でも男でもイツキはスゴイってことでは一致
したわけですが、「こんな人を期待しないで欲しい」と
男の私としては言っておきます。

----

牛くんの母さん、コメントありがとうございます。

2つの意味の「草食系」は、きっと有川さんが意識的に
やったんじゃないかと思います。
あとがきによると、有川さんも草を食されるそうなので
最初に「草食系男子」って聞いた時に「草を食べる男」を
思い浮かべたんじゃないかと...

ブログ拝見しました。レシピは保存版ですね。

----

るるる☆さん、コメントありがとうございます。

楽しみにして待ってていいと思いますよ。
有川さんの本は人気で図書館ではなかなか回ってきませんね。
この前、中1の娘が持って帰ってきた「図書館だより」で
この本が中学校の図書館にもあることが分かりました。
娘さんの学校の図書館にもあるかも...ですよ。

----

たかこさん、コメントありがとうございます。

前に、たかこさんのブログの本書についての記事読んでました。
「落ちてたら絶対拾う!絶対飼う!(爆)」って書いてましたよね。
「あぁ~そうなんだ。女の人ってイツキみたいなの好きなんだぁ」
って思いました、その時。
でも、イツキみたいなのそうそういないから、落ちてるものを
やたらに拾っちゃダメですよ(笑
 

投稿: YO-SHI | 2009年10月29日 (木) 00時18分

こんばんはconfident chaiです。
早速、お邪魔しております。
たくさん本を読まれてますねー。
参考にさせてくださいwink
差し支えなければ、YO-SHIさんのブログを
マイブログにリンク貼りたいのですが、
いいでしょうか?
では、また遊びに来ますね。
しかし「植物図鑑」、人気ですねheart04
特に、女性にはたまらない!といった要素が
詰まった内容ですものね~。ツボを押さえて
あるというか(笑

投稿: chai | 2009年10月31日 (土) 00時08分

chaiさん、コメントありがとうございます。

女性にはたまらない!んですねぇ。やっぱり。

リンクの件ですがOKです。喜んでお願いします。
私も「chaiの細道」を右のリンクリストに登録
させてもらいました。

今後ともよろしくお願いします。
 

投稿: YO-SHI | 2009年10月31日 (土) 16時18分

こんにちは、ブログの方にコメ残していただきありがとうございます!
草食系…^^
樹がいたらまだ実家暮らしですけど絶対に拾いたいです
あの甘さは堪らないー
どこかにいないかな、と探す毎日なんですw

投稿: セン | 2009年11月 1日 (日) 12時10分

センさん、コメントありがとうございます。

「樹がいたら絶対に拾いたい」って、やっぱりそうですか。
しかも、探してるんですね。見つかるといいですね。

でも、樹クラスのを探してると、周りの男どもがみんな
気が利かないイモ野郎に見えてしまいませんか?
 

投稿: YO-SHI | 2009年11月 3日 (火) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/46598577

この記事へのトラックバック一覧です: 植物図鑑:

» 植物図鑑 / 有川浩 [たかこの記憶領域]
植物図鑑角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-07-01売り上げランキング : 2117おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ぎゃー(笑) 読んだ人ならわかるハズ。こんな草食な男の人、落ちてたら絶対拾う!絶対飼う!(爆) 有川さんらしくベタ甘を期待して....... [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 15時49分

» 植物図鑑 [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 有川浩による、ちょっと変わっているがピュアな恋愛物語「植物図鑑」(角川書店)。  主人公であるOLのさやかは、飲み会帰りに、行き倒れているイツキという名のイケメ ... [続きを読む]

受信: 2011年4月23日 (土) 00時09分

» 本 「植物図鑑」 [はらやんの映画徒然草]
わわわ、有川さんの作品の中でも群を抜いてのベタ甘だ〜。 このところの最近の作品は [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 07時22分

« 宵山万華鏡 | トップページ | バジャーズ・エンドの奇妙な死体 »