« 植物図鑑 | トップページ | あるキング »

2009年10月31日 (土)

バジャーズ・エンドの奇妙な死体

著  者:ケイト・キングズバリー 訳:務台夏子
出版社:東京創元社
出版日:2009年9月11日 初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 「ペニーフットホテル受難の日」に続くシリーズ第2弾。時代は1906年、舞台は英国南東部の海辺の静かな村バジャーズ・エンド。主人公はその村のホテルの女主人セシリー。セシリーとその友人たち、ホテルの従業員らの個性が物語に活気を与えている。
 ホテルの中だけで物語が進行した前作と比べ、今回はバジャーズ・エンドの街に舞台が拡がって、人々の活気が感じられる。ティールームで紅茶とケーキとおしゃべりを楽しむ婦人たち、パブでビールを飲んでダーツに興じる男たち、百年前の暮らしが活き活きと目に浮かぶ。

 前作で描かれたホテルの中での殺人事件から数カ月足らず、今度は入り江の灯台建設の現場監督が自宅で不審死を遂げる。当初死因は心臓発作と見られていたが、全身が青く変色していてどうやら薬物による中毒死らしい。
 その後にも同様の不審死事件が起こり、セシリーの友人やホテルの従業員にも嫌疑がかかる。友人を大切にし、従業員を家族のように想っているセシリーは、支配人バクスターの制止も聞かず、真相究明のために行動を開始する。

 二転三転という感じの盛り上げ方はないものの、ミステリーとして「事件の犯人は誰なのか?」という、物語のタテ糸がしっかりしていることは言うまでもない。本書の魅力はヨコ糸とも言える、新旧とりまぜた登場人物たちが繰り広げる人間模様にもある。(愛すべきメイドのガーティにはもっとしっかりして欲しい)
 さらに、シリーズを通して描かれるのだろうと私が期待する、セシリーとバクスターの心模様からも目が離せない。セシリーの胸を小さくときめかせた一言が今回の進展。じれったくなるほど進まないのだ。
本書だけでも楽しめるが、前作から続けて読むことをおススメする。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「バジャーズ・エンドの奇妙な死体」 固定URL | 3.ミステリー

« 植物図鑑 | トップページ | あるキング »

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
この作品、ミステリーとしては、犯人らしきものが分かってからストーリーは一直線で、それほどの意外性はなかったですが、登場人物が面白かったですね。
特に、年齢不詳のかなり怪しげな感じの美女マデラインが気になります(笑)

投稿: 風竜胆 | 2009年11月 1日 (日) 09時42分

風竜胆さん、コメントありがとうございます。

このシリーズは巧妙なトリックや複雑な仕掛けで
読者をアッと言わせるのではなくて、セシリーと
仲間たちのホームドラマのような物語ですね。
最後には何とかなるのだろうと、安心して読んで
いられます。
マデラインはキーマンですね。不詳なのは年齢だけ
でなくて、言動も思考もちょっと不思議な感じで。

投稿: YO-SHI | 2009年11月 3日 (火) 00時43分

おはようございます。あがさです^^
シリーズ作はやはり1作目から読みたいですねぇ...。
でも、本作からでも楽しめるということなので、楽しみに読んでみます!
最近、YO-SHIさんのおっしゃる「ホームドラマのような」ミステリを多く読んでいて、あぁ、こういうのもいいんだなぁって新しい発見に幅が広がったと嬉しく思っています^^

また、読み終わったら遊びに来ます♪

投稿: あがさ | 2009年11月 4日 (水) 08時08分

あがささん、コメントありがとうございます。

物語としては1話完結なので、この本だけでもOKですよ。
まぁ、最初の方に状況設定が書かれているので、それを
少し頭に入れておくと、より楽しめるかもしれません。

あがささんの感想、お待ちしてま~す。
 

投稿: YO-SHI | 2009年11月 4日 (水) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/46631739

この記事へのトラックバック一覧です: バジャーズ・エンドの奇妙な死体:

» バジャーズ・エンドの奇妙な死体 [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
舞台は、約100年前のイギリスの田舎町バジャーズ・エンド。その田舎町にひっそりと建つペニーフット・ホテルの女主人セシリー・シンクレアの素人探偵ぶりを描いたシリーズ第2弾がこの「バジャーズ・エンドの奇妙な死体」(ケイト・キングズバリー/務台 夏子:東京創元社)....... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 09時43分

« 植物図鑑 | トップページ | あるキング »