« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

バジャーズ・エンドの奇妙な死体

著  者:ケイト・キングズバリー 訳:務台夏子
出版社:東京創元社
出版日:2009年9月11日 初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 「ペニーフットホテル受難の日」に続くシリーズ第2弾。時代は1906年、舞台は英国南東部の海辺の静かな村バジャーズ・エンド。主人公はその村のホテルの女主人セシリー。セシリーとその友人たち、ホテルの従業員らの個性が物語に活気を与えている。
 ホテルの中だけで物語が進行した前作と比べ、今回はバジャーズ・エンドの街に舞台が拡がって、人々の活気が感じられる。ティールームで紅茶とケーキとおしゃべりを楽しむ婦人たち、パブでビールを飲んでダーツに興じる男たち、百年前の暮らしが活き活きと目に浮かぶ。

 前作で描かれたホテルの中での殺人事件から数カ月足らず、今度は入り江の灯台建設の現場監督が自宅で不審死を遂げる。当初死因は心臓発作と見られていたが、全身が青く変色していてどうやら薬物による中毒死らしい。
 その後にも同様の不審死事件が起こり、セシリーの友人やホテルの従業員にも嫌疑がかかる。友人を大切にし、従業員を家族のように想っているセシリーは、支配人バクスターの制止も聞かず、真相究明のために行動を開始する。

 二転三転という感じの盛り上げ方はないものの、ミステリーとして「事件の犯人は誰なのか?」という、物語のタテ糸がしっかりしていることは言うまでもない。本書の魅力はヨコ糸とも言える、新旧とりまぜた登場人物たちが繰り広げる人間模様にもある。(愛すべきメイドのガーティにはもっとしっかりして欲しい)
 さらに、シリーズを通して描かれるのだろうと私が期待する、セシリーとバクスターの心模様からも目が離せない。セシリーの胸を小さくときめかせた一言が今回の進展。じれったくなるほど進まないのだ。
本書だけでも楽しめるが、前作から続けて読むことをおススメする。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「バジャーズ・エンドの奇妙な死体」 固定URL | 3.ミステリー | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年10月27日 (火)

植物図鑑

著  者:有川浩
出版社:角川書店
出版日:2009年6月30日 初版発行 
評  価:☆☆☆☆(説明)

 草食系男子を拾った二十代後半女子の物語。肉食系とは限らないけれど、自衛隊などのマッチョな戦闘職種男子の恋愛を数多く描いた著者が、料理はじめ家事全般を人並み以上にこなすスマートな男子に恋してしまった女子を描くとどうなるのか?

 主人公さやかが恋した相手のイツキは、草食系といってもタダ者ではない。「よかったら俺を拾ってくれませんか」。さやかのマンションの玄関前で行き倒れていたイツキがさやかにかけたセリフがこれだ。「捨て犬みたいにそんな、あんた」と言うさやかに返した言葉がさらにスゴイ。異論はあるだろうが、私はこれは確信犯だと思う。相当切れる頭脳の持ち主でなければ、こんなことは言えない。
 「相当切れる」という私の第一印象はおそらく正しく、常に「こうして欲しい」と思うちょっと上を行くイツキの言動は、さやかの心を捉えてしまう。ある意味「絶対彼氏」だ。もしかして著者の妄想が実体化したものかも?

 そうそう、書き忘れましたが「草食系」というのは自分から女性を求めないという意味で、イツキはまさにそういうヤツなんだけれど、もう一つの意味がある。イツキは文字通り「草を食べる」のだ。植物図鑑並みの、いや「食べる」ことに関してはそれを上回る植物の知識の持ち主で、河原や道端の草の食し方を心得ている。しかもイツキが料理した草はとても美味いらしい。
 男の私から見れば、出来すぎのイツキに嫌味の一つも投げたくなるが、彼にも色々と背負うモノがあるようなので許す。フキやフキノウトウ、ツクシやノビル、ミントにヨモギ、私も山野草やハーブは好きだし、もっと他の草も愛情を込めた料理にするイツキを好ましく思う。最終章が切なくも幸せ。

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「植物図鑑」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩 | コメント (9) | トラックバック (3)

2009年10月24日 (土)

宵山万華鏡

著  者:森見登美彦
出版社:集英社
出版日:2009年7月10日 第1刷 
評  価:☆☆☆☆(説明)

 京都という街は不思議な街だ。私が住んでいたのはもう25年も前なのだが、人口150万人近い大都市なのに、何かの折に物の怪の気配を感じることがあった。それは糺の森を歩いている時であったり、鴨川の流れを眺めているときであったりする。そして、大繁華街である河原町界隈でさえ、そういった気配から無縁ではなかった。
 縦横に延びる路地に、空気の濃さと温度が違うように感じる場所がある。その頃は、気味が悪いとは思ったがそれ以上深くは考えなかった。もしかしたら異世界と通じるスポットだったのかもしれない。何といっても1200年前からそこには人の営みがあったのだから。本書は、京都の街のそんな不思議な雰囲気を思い出す、ちょっと背筋が冷えるファンタジーだった。

 宵山とは、京都の三大祭りの一つである祇園祭本祭の前日のこと。ご存知の方も多いと思うが、京都の祇園祭は7月を通じて行われ、17日の山鉾巡行でクライマックスを迎える。宵山はその前日で、山や鉾が各町内に祭られる。それをつなぐように大量の露店がでて、京都の中心街がまるごとお祭り一色になる。何キロか四方の巨大な神社の境内が出現したかのようだ。
 本書は、主人公を替えて基本的にはその宵山の1日のことが語られる。バレエ教室に通う姉妹、高校の友人に会いに来た青年、劇団の裏方をやっていた大学生、会社員の女性、...。一見して関係のないそれぞれの1日が、宵山での不思議な出来事に収れんしていく。著者はこんなこともできたのか、と言ってはあまりに失礼だ。バカバカしい腐れ大学生のナサケナイ妄想だけを書く人ではないのだ。

 とは言え、「バカバカしい妄想」を期待する読者もいるはず。そういった方もご安心を、見ようによっては、今回のバカバカしさはスケールが違う。「よくやった」と、拍手したいぐらいだ。しかし、冒頭に書いた「不思議」の方に存在感がある。著者の「腐れ大学生モノ」はちょっと合わないな、という方にもオススメだ。

 この本は、本よみうり堂「書店員のオススメ読書日記」でも紹介されています。

 人気ブログランキング投票:「一番好きな森見登美彦さんの作品は?」
 (あなたの好きな森見作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「小説家、森見登美彦」ブログコミュニティへ
 (森見登美彦さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「宵山万華鏡」 固定URL | 2.小説, 23.森見登美彦 | コメント (12) | トラックバック (1)

2009年10月20日 (火)

COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン) 2009年11月号

 R+(レビュープラス)様にて献本いただきました。感謝。

 本誌は世界の1500を越えるメディアのニュースの中から記事を選び、あるものは翻訳・編集し、あるものは日本で独自の解説も付けて紹介した雑誌。先日レビューに「副編集長賞」をいただいた10月号に続いて11月号を読んだ。
 今月号の主な特集は、坂本龍一さん責任編集の「森と地球の未来~サスティナブルな文明へ」と、鳩山政権への海外メディアの期待度を紹介した「世界が採点する”HATOYAMA”」の2つ。その他には、世界最強の投資銀行を告発する「ゴールドマン・サックスの「闇」」、中国の次世代を特集した「80后~80年代以降に生まれた一人っ子世代の”革命”」の2つの記事が目を引いた。

 特集「森と地球の未来」を読んで感じたことを1つ。それは、これらのニュースは国内のメディアはどうように報道したのか?という疑問だ。例えば、ネパールの難民キャンプには太陽熱を利用したソーラークッカーが2500基も導入された。これによって、CO2排出ゼロ、薪としての利用のための森林伐採の中止、炊事を行う女性の生活環境と衛生状態の改善などが実現している。また、デンマークの島では、石油も原子力も使用せず、風力や太陽光、バイオマスで消費エネルギー100%を自給自足可能にしている。これらはこれまでに日本では報道されたのだろうか?

 まぁ、私が知らないだけでどこかで報道されてはいるのだろう。しかし単純に考えても、多くの記者によって取材活動が行われれば、それだけ多くのニュースが集まる。上の2つの記事はともに「レプブリカ・デレ・ドンネ」というイタリアの週刊誌の記事なのだが、もしかしたら独自の取材ルートがあるのかもしれない。飛びぬけて優秀な記者を抱えている可能性だってある。
 私が接する日本のメディアの地球温暖化の報道と言えば、ツバルという国が水没するとか、シロクマが生息できなくなるとか、ショッキングな予測が繰り返し使われる。こう言った話は情緒には訴えるが、損得勘定に長けた人々には効果がない。「シロクマとあなたの生活とどっちが大事?」と聞かれると、「自分の生活」と答えるのが大多数の本音なのだから。
 だから、そんな情緒的な話よりも上の例のように、どこそこではこんな取り組みが成功している(あるいは問題を抱えている)、という事例を広く世界に目を向けて教えて欲しい。そしてその目の数は多い方がいい。「日本が海外からどう見られているか」が分かるなんてことは本誌の価値の一部でしかない。提携する1500を越えるメディアが抱える、膨大な数の記者の目こそ本誌の財産だと思う。

 ひとつだけ苦言を呈する。坂本龍一さんとルイ・ヴィトンによる「ルイ・ヴィトンの森」プロジェクトの紹介記事があるのだが、その扉のページの文字が読みづらい。木漏れ日が美しい森の写真に白抜きの文字が重ねてあるのだが、全体的にチラチラして読みにくいし、明るい部分に重なった文字はよく見ないと判読できない。
 もちろん、前後の文脈から読み取れるのだけれど、読むのにけっこう苦労した。レストランで付け合せのニンジンが生煮えで硬くて食べられなかったような気分だ。つまり、メインに対する評価には影響が小さいかもしれないが、この部分についてだけ言えばプロの仕事じゃない、ということだ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン) 2009年11月号」 固定URL | 8.雑誌 | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年10月17日 (土)

オペラ座の怪人

著  者:ガストン・ルルー 訳:三輪秀彦
出版社:東京創元社
出版日:1987年1月23日 初版 1988年3月25日 4版
評  価:☆☆☆(説明)

 スーザン・ケイさんの「ファントム」を読んで、どこまでが原作の本書にあることで、どこからはケイさんの創作なのかが気になったことがきっかけで再読した。本書は、多くの映画化、ミュージカル化がされているが、私は20年前に劇団四季のミュージカルを観た。さすがに記憶はあいまいになっているが、いくつかのシーンは今でも思い出せる。

 物語は語り手(著者)によって行われた、30年前にオペラ座で起きた一連の事件の調査結果として語られる。事件を要約すると、オペラ座で不可思議な事件が続いた後、客席のシャンデリアの落下という痛ましい事故が起き、一人の歌姫が誘拐され、伯爵が謎の死を遂げ、弟の子爵が行方不明になった、ということだ。
 オペラ座での不可思議な事件を、様々な目撃証言を基に「オペラ座の幽霊」の仕業とする噂は当時からあった。調査の結果、その「オペラ座の幽霊」を知っているという「ペルシャ人」の証言と所有する証拠によって、事件の詳細な真相が幽霊の存在とともに明らかになった。

 事件の詳細はここでは書かない。本は読んでいなくても映画やミュージカルを観てご存じの方もいるだろうし。ただ、少なくとも私が観たミュージカルは、エリックのクリスティーヌへの愛を中心に据えた物語となっているが(だからこそ20年の時を超えて現在まで続くロングランになっているのだと思う)、原作は怪奇小説の色合いが濃い。
 だから、この原作を基に愛の物語が数多く作品化されたことに少し驚く。それにはエリックに対する共感なり理解が必要で、さらにそれにはエリックの生い立ちが重要になると思う。そしてそれは、エピローグの中にわずか2ページ、ペルシャ人の話として語られているだけなのだ。「ファントム」はここの部分をエリック一代記にまで昇華させたものと言える。
 また、本書は今年が発表からちょうど100年。あの2ページによって、スーザン・ケイさんに「ファントム」を書かせ、100年後にも熱狂的なファンを得る作品として残ったわけだ。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「オペラ座の怪人」 固定URL | 3.ミステリー | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年10月16日 (金)

ファントム(上)(下)

著  者:スーザン・ケイ 訳:北條元子
出版社:扶桑社
出版日:1992年7月15日 第1刷
評  価:☆☆☆(説明)

 「雑読記」のあがささんに、ご紹介いただいて読みました。感謝。

 本書は、ガストン・ルルー原作の「オペラ座の怪人」の怪人(ファントム)エリックの、生い立ちからオペラ座の事件のその後までを描いた一代記。「オペラ座の怪人」は、エリックの最後の6ヶ月を描いたもので、そのストーリーには多くの謎めいた記述があり、エリックにはどんな過去があるのかと想像を逞しくしてしまう。著者はその想像を、恐らくはエリックへの愛を原動力として作品に書き上げたのだと思う。
 「オペラ座の怪人」は、何度も映画化され劇画になりミュージカルとして上演されている。それを観て仮面の怪人であるエリックのファンになったと言う人がたくさんいるらしい。著者もその一人で、巻末の作者覚書によると、1967年に発表された劇画を先に読んで、ファントムについてもっと知りたいと思ってルルーの原作を読んだそうだ。

 物語は、エリックの誕生の瞬間から始まり、幸せとは言えない、いやはっきり言って悲惨な少年時代、ローマでの建築の修行時代、原作でも触れられるペルシャ時代を通して、エリックその人がどのように形成されてきたかを丁寧に描く。原作でやや突拍子も無い印象を与える行動の理由が、本書には記されている。
 面白い物語だった。少年エリックの境遇には心が痛くなったし、ペルシャ時代は怪人の片鱗が感じられ、原作に登場する謎の人物「ペルシャ人」の正体も明らかになった。怪人(ファントム)の一代記としてとてもよくできた作品だ。

 ただ私は最後までエリックを好きにはならなかった。著者のエリックへの愛が勝ちすぎて、エリックが何をしようと許してしまうかのようなのがその理由。生来背負うことになった醜さ、それ故の悲惨な少年時代が人間形成に影響を与えていることは分かる。しかし、それは免罪符にはならない、と私は思うのだ。
 本書はエリックが好きかどうかで感想が変わる。「オペラ座の怪人」を観たり読んだりして、エリックのファンだという人に強くオススメ。エリックの過去に興味があるという人には普通にオススメ。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ファントム(上)(下)」 固定URL | 3.ミステリー | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

獣の奏者 3.探求編、4.完結編

著  者:上橋菜穂子
出版社:講談社
出版日:2009年8月10日第1刷 9月10日第5刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 本書に先立つ2冊「獣の奏者 1.闘蛇編、2.王獣編」を読んでから2年。待望の続編というか完結編を読むことができてうれしい。2年前のレビューには、「色々なことが着地しないまま物語は終わってしまう。続編がないのなら、これはいただけない。」と、偉そうに書いているぐらいだ。

 前2冊で物語が完結しているかどうかという点では、私と違う意見の方も多くいるようだ。その筆頭は著者自身で、あとがきに「「獣の奏者」は、<闘蛇編><王獣編>で完結した物語でした。」と、また「きれいな球体のように閉じた物語」ともおっしゃっている。
 その著者がなぜ続編を?ということは、あとがきに記されているのでここでは置くとする。ただ、前2冊の物語の中に、これだけの壮大な物語の種が潜んでいたのだから、完結していなかった、ということなのだと思う。著者さえもこの物語の種には当初は気が付かなかったのだと。(「私は気が付いていた」と言いたいのではないので、誤解のなきよう。)

 物語は「王獣編」のラストの「降臨の野」の出来事から11年後、主人公エリンが闘蛇衆の村を訪ねるシーンから始まる。王獣の医術師を目指していたエリンが、なぜ故郷に近い闘蛇衆の村に?と思うが、これは大公シュナンの命で闘蛇の大量死事件の調査に赴いたのだった。
 闘蛇の大量死と言えば、エリンの母ソヨンが死罪に問われた事件を思い出す。エリンにとっては、この調査は母の事件の調査でもあり、過去へ遡る探求の道でもあるのだ。この調査が象徴するかのように「探求編」はもちろん「完結編」も、エリンによる過去のそして真実の探求を描いている。この国の誕生前に神々の山脈の向こうで起きた事件の真実は?

 本書は完結するための2冊だから、あいまいさを残したままでは終われない。様々なことに決着をつけなければならない。もう初々しい若者ではないエリンやシュナンや真王セィミヤは、それぞれに決断をしその結果に責任を負わなくてはいけない。その決断の結果は過酷であり、「もう少し良い方法はないのか」と何の責任も持たない私は思うが、恐らくこれ以外にはないのだ。母とは違う道を選んだエリンのしなやかな強さが印象に残った。ファンタジーの大河ドラマがここに完結した。

 人気ブログランキング投票:「一番好きな上橋菜穂子さんの作品は?」
 (あなたの好きな上橋作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「獣の奏者 3.探求編、4.完結編」 固定URL | 1.ファンタジー, 16.上橋菜穂子 | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

クーリエ・ジャポン レビューコンテストで「副編集長賞」をいただきました。

デジタルトロフィー副編集長賞  以前に書いた「COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)」のレビューが、R+(レビュープラス)のレビューコンテストで「副編集長賞」をいただきました。感謝。

 このコンテストは、レビュー専門のブログネットワークであるR+の企画で、参加者のレビューを参加企業の担当者らが読んで優良レビューを表彰する、というものです。今回は「COURRiER Japon」の編集部の方に読んでいただいたということになります。レビューを書いているブロガーにとっては、こんな嬉し恥ずかし緊張することは他にないですよね。

 そして「COURRiER Japon」のレビューコンテストの入賞特典が、1.デジタルトロフィー(右にあるヤツです)、2.次回の献本レビュアーとして自動認定、3.クーリエ・ジャポン本誌面上にブログ情報を掲載、4.クーリエジャポンWebサイト上にブログ情報を掲載、5.編集部訪問イベントにご招待の5つ。どれも嬉しいけれど、3.と4.が何だかとてもワクワクします。どんな風に載るんでしょうね。

 そうそう、この「COURRiER Japon」のレビューコンテストは来年3月号の第6回まで予定されていて、現在は第2回の11月号分の参加者募集中(16日まで)です。興味がある方は是非応募を検討してみてください。受賞はもちろん、応募することも励みになると思います。

クーリエ・ジャポン レビューコンテストのURL
http://c.reviewplus.jp/courrier/
第1回結果発表のURL
http://c.reviewplus.jp/courrier/01/

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「クーリエ・ジャポン レビューコンテストで「副編集長賞」をいただきました。」 固定URL | | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

魔法泥棒

著  者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 訳:原島文世
出版社:東京創元社
出版日:2009年8月28日 初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 またまたジョーンズ作品。これは、1992年の作品。訳者あとがきによれば、ジョーンズが20年以上の歳月を経て、再び大人を読者対象とする長編に挑戦したものだそうだ。児童文学に分類されているとは言え、捻りの効いた展開と辛口のユーモアが持ち味の著者の作品の中で、本書は比較的素直な部類だ。では「大人向き」とされる理由は?

 物語は主に「地球」と「アルス」という場所の2つの舞台で進行する。地球では「裁定評議会」と呼ばれる魔法使いたちが、世界の安定を保っている。アルスは「五国」と呼ばれる並行世界の1つに浮かぶ要塞都市のようなものらしい。そこでは、地球を含めた異世界の監視と、五国の若者の訓練が行われている。
 そして、アルスが地球の科学技術を盗み取っているらしいと気が付いた裁定評議会は、選りすぐりの魔法使いたちをアルスに送り込む。アルスにいるのが男ばかり(後で判明するのだが、訓練中のため禁欲を強いられている)だと知った評議会が送り込んだその襲撃部隊は..この辺りが「大人向け」の所以だ。

 物語の展開が巧みなのはもちろん、並行世界が地球の科学技術を盗むに至る着想が面白い。いわゆる主人公とされる1人の登場人物はなく、地球とアルスを合わせて10人ほどが次々と役割を演じていく。混乱が予想されるところだが、性格付けなどがしっかりしているので、読み進める内にそんな心配はなくなる。「大人向け」ということを考慮して、ちょっと背伸びしたハイティーンぐらいからならいいかなと思う。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「魔法泥棒」 固定URL | 1.ファンタジー, 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »