« 沼地のある森を抜けて | トップページ | 四畳半神話大系 »

2009年9月27日 (日)

ぼくとルークの一週間と一日

著  者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 訳:大友香奈子
出版社:東京創元社
出版日:2008年8月25日 初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 ジョーンズの初期の作品。オフィシャルファンサイトによると、児童書としては3作目、「うちの一階には鬼がいる!」の次に出版されたものだ。表紙裏に「現代英国児童文学の女王の初期傑作登場。」とあるが、確かにこれは傑作だ。
 ジョーンズ作品は一定の需要が見込めるのだろう。邦訳されていない作品を求めて、ここのところ過去へ遡る傾向が続いている。まだこんな面白い作品が残されているのだから、出版社が邦訳作品獲得に熱心になるのも分かる。

 両親を亡くした主人公デイヴィッドは、大おじのプライス家に引き取られ、普段は寄宿学校に行っている。休暇になると、プライス家に戻らないといけないのだが、それがいやでたまらない。大おじをはじめ、その家の人々が家政婦まで含めて邪険に扱われているのだ。
 そんな境遇を打ち破り、プライス家の人々にひと泡吹かせようと、デイヴィッドがやったことは、デタラメに考え付いた呪いの言葉を高らかに唱えること。なんとも幼稚な思い付きだが、これが本当に効果があったのか、地面が揺れてレンガの塀が崩れる。と、そこに現れたのがルークという名の少年だ。二人はすぐに意気投合し、デイヴィッドが必要とすればルークが駆けつけるという仲になる。

 そして二人は、「降りかかるトラブルを協力して乗り越え」「大人たちをアッと言わせて」「面白可笑しく暮らして..」という展開は児童文学的にはありだが、ジョーンズに限って言えばあり得ない。どうもルークは普通の少年ではないらしい。言動がちょっと常識からズレているし、誰かに追われているらしい。事件の背景には少年の手には負えない大きな出来事があって...

 ジョーンズが描く家族や親戚は一クセも二クセもある。今回の大おじたちも例外ではない。でも訳者あとがきにもあるように、「人は見かけどおりではない」というのが、ジョーンズ作品のメッセージ。今回も悪人だと思っていた人がそうでなかったりで、テンポの良い物語の展開とともに楽しめる。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ぼくとルークの一週間と一日」 固定URL | 1.ファンタジー, 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

« 沼地のある森を抜けて | トップページ | 四畳半神話大系 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ」カテゴリの記事

コメント

YO-SHIさん、こんにちは。
これ、面白かったですよね。
私としては、話が意外な方向へと結びついていくのが楽しくて!
元々大好きな方面なので~。
(ネタばれせずに、分かるように書くのが難しいんですが…)

クレストマンシーシリーズの最新作も面白かったですよ!
YO-SHIさんもぜひぜひ。
DWJ、まだまだ勢いがありますね。

投稿: 四季 | 2009年9月29日 (火) 06時16分

四季さん、コメントありがとうございました。

四季さんのブログの記事も拝見しました。
そう言えば、お好きでしたよね。あの方面のお話が。
私はあまり詳しくないので「これって多分何かの...」
ぐらいにおぼろに感じただけでしたが、よく知っていれば
「そうだったのか!!」って感じなんでしょうね。

最新作の記事が四季さんのブログに載っているのは
見てるんですが、自分で読むまでは記事は読まないで
おこうと思って、まだ読んでません。
近々読めると思います。その時にはコメントを入れますね。
 

投稿: YO-SHI | 2009年9月30日 (水) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/46326867

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくとルークの一週間と一日:

« 沼地のある森を抜けて | トップページ | 四畳半神話大系 »