« 「場回し」の技術 | トップページ | しがみつかない生き方 »

2009年8月 6日 (木)

何か文句があるかしら

著  者:マーガレット・デュマス 訳:島村浩子
出版社:東京創元社
出版日:2009年6月30日 発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 著者のデビュー作。2003年の英国推理作家協会のデビュー・ダガー賞にノミネートされた作品。デビュー・ダガー賞というのは公募の未発表作品に対する賞。要するに新人作家の登竜門のような位置付けなのだろうと思う。
 ノミネート作品であって受賞作ではないし、「セレブ探偵と旦那様の華麗なる(?)活躍」という帯の惹句からは、何だか薄っぺらい「主婦探偵モノ」が想像されたのだが..、これは面白かった。

 主人公チャーリーは「小国の財政をまかなえるほど」のサンフランシスコに住むお金持ち。「それなのに」と言うか「それなので」というか、「西半球でいちばん恋愛が困難な女」と言われ、結婚なんてしないと思われていた。その彼女が知り合って6週間のジャックと、ロンドンで電撃結婚して帰国する飛行機が冒頭のシーン。
 それで帰国して泊まったホテルの浴槽に女性の死体があったり、従姉妹が誘拐されたり、出資する劇団にトラブルがあったり、と事件が次々と起きる。それを、チャーリーが持ち前の行動力と機転で次々と見事に解決...、という話ではない。それでは薄っぺらい「主婦探偵モノ」だ。(それでも、その主婦がゴージャスな女性というだけで、テレビではウケそうだけれど)

 ではどういう話か、を言ってしまっては、読む楽しみが半減してしまう。サイコ殺人と007シリーズをミックスして、米国流のジョークをまぶして、カラっと揚げたような作品とだけ紹介しておく。
 ところで、原題は「Speak Now」キリスト教式の結婚式で読みあげられる「この結婚に異議のあるものは、いますぐ申し出なさい」という意味の言葉。知っているとより物語が楽しめるかも。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「何か文句があるかしら」 固定URL | 3.ミステリー

« 「場回し」の技術 | トップページ | しがみつかない生き方 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。あがさです^^
今、読んでる途中です。「何か文句があるかしら」。
YO-SHIさんの書評を読もうかどうか迷いましたが、読んじゃいました^^
最後の作品のイメージ。
期待しながら読んでみたいと思います。
カラッと揚げた感じかぁ^^

投稿: あがさ | 2009年8月 6日 (木) 22時52分

あがささん、コメントありがとうございます。

読んでいらっしゃる最中ということなので、くわしくは
言いませんが、起きている事件はけっこう大変なんですが
それが深刻になりすぎないスパイスがかかっているようです。
 
読み終わったら、感想を聞かせてくださいね。
 

投稿: YO-SHI | 2009年8月 8日 (土) 09時28分

おはようございます。あがさです^^
やっと読み終わりましたぁ....。
1ヶ月かかりましたよ^^;
トラックバックさせていただきました。
しばらくは”オーケイ”が合い言葉になりそうです...^^;

投稿: あがさ | 2009年8月18日 (火) 06時56分

あがささん、コメントありがとうございました。

あがささんのブログも拝見しました。
「きみの言いたいことは分かったよ、かぼちゃ姫」(←ジャック風

いまいち物語に入り込めなかったようですね。
相性の問題もあるし、アメリカ風のノリに戸惑われたのかも。
これって、BSでやってるアメリカのテレビドラマの展開と
そっくりだと思います。ポンポンとテンポの良さでエピソードを
つないでいく感じ。敵は悪い人、味方はみんな良い人。
 

投稿: YO-SHI | 2009年8月19日 (水) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/45852061

この記事へのトラックバック一覧です: 何か文句があるかしら:

» 何か文句があるかしら [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
「何か文句があるかしら」(マーガレット・デュマス/島村 浩子:東京創元社)、ちょっと、いや、かなり変わったタイトルである。タイトルから何となく想像できるかもしれないが、セレブな女性が探偵役を務めるミステリーだ。気の弱い私など、セレブ女性から、「何か文句があ...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 7日 (金) 23時08分

» 何か文句があるかしら? [雑読記]
何か文句があるかしらマーガレット・デュマス/島村 浩子 訳東京創元社1302円A [続きを読む]

受信: 2009年8月18日 (火) 06時55分

« 「場回し」の技術 | トップページ | しがみつかない生き方 »