« ウェストマーク戦記3 マリアンシュタットの嵐 | トップページ | 聞き手を熱狂させる!戦略的話術 »

2009年7月 5日 (日)

王国の鍵1 アーサーの月曜日

著  者:ガース・ニクス 訳:原田勝
出版社:主婦の友社
出版日:2009年4月30日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 主婦の友社さまから献本いただきました。感謝。

 著者の作品を読むのは初めてだ。少し調べてみると、「古王国物語」シリーズ、「セブンスタワー」シリーズの著者。この2つの書名は、図書館の書棚で見た覚えがある。そして、本書から始まる「王国の鍵」シリーズは、米国で2003年から毎年1巻ずつ現在までに6巻出版され、その全巻がベストセラー250万部突破という、「超弩級人気新シリーズ(帯の惹句から)」だそうだ。

 主人公はアーサー、7年生というから日本では中学1年生の少年。舞台はおそらく現代の米国。新しい学校に転校してきた初日、長距離走の授業中に、アーサーの前に車椅子に乗った男とそれを押す執事風の男が現れる。それからというもの、不気味な連中につきまとわれ、町は「催眠ペスト」と呼ばれる奇病に襲われる。
 アーサーにはぜんそくの持病があって、後になって分かるのだが、その病気ゆえに「偶然に」創造主の遺志を守り、世界を司る「ハウス」を支配する後継者に指名されたのだ。身の回りに起こる不吉な出来事は、すべてこのことに関連している。彼は街を奇病から救うために「ハウス」に単身乗り込んで行く。

 原題は「The Keys to The Kingdom」。「王国の鍵」としても間違いではないが、アーサーが赴く「ハウス」は、どこかの王様が治める王国ではない。「Kingdom」に含まれる「神の国」という意味合いもあると見るのが正解なのだろう。なぜなら「ハウス」は創造主がお造りになられた場所で、そこの人々は人智を超えた者たちだからだ。
 さらに副題「アーサーの月曜日」の原題は「Mister Monday」。これから想像するに、MondayからSundayまでの7つの物語がありそうだ。つまり、本書は神の領域で起きる事件に少年アーサーが立ち向かう長い物語の序章。序章としては充分な盛り上がりと魅力に満ちた本だ。まだ活躍が予想される魅力的なキャラクターもいるし、次の事件を知らせるベルはもう鳴っている。次巻(7月25日発売) 以降が楽しみ。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「王国の鍵1 アーサーの月曜日」 固定URL | 1.ファンタジー, 18.ガース・ニクス(王国の鍵)

« ウェストマーク戦記3 マリアンシュタットの嵐 | トップページ | 聞き手を熱狂させる!戦略的話術 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

18.ガース・ニクス(王国の鍵)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^^ゞ

「セブンスタワー」を一回、読んでみよう!と手にはとったのですが
その時にはけっこうは巻数が出ていて根気が続かず断念^^;

でも、こちらなら読めそう!
チェックしてみます(^^ゞ

投稿: ねこのて | 2009年7月 6日 (月) 14時47分

ねこのてさん、コメントありがとうございます。

「セブンスタワー」は、表紙や背表紙がカラフルで
目を惹いていましたが、ちょっと読むに至りませんでした。

この「王国の鍵」シリーズは、どうやら4カ月に1巻の割合で
出るようです。次は今月その次は11月、と3巻までは予定が
決まっています。
読むのにはちょうど良いぐらいのスケジュールではないで
しょうか?
 

投稿: YO-SHI | 2009年7月 6日 (月) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/45545125

この記事へのトラックバック一覧です: 王国の鍵1 アーサーの月曜日:

« ウェストマーク戦記3 マリアンシュタットの嵐 | トップページ | 聞き手を熱狂させる!戦略的話術 »