« 断る力 | トップページ | 王国の鍵1 アーサーの月曜日 »

2009年7月 2日 (木)

ウェストマーク戦記3 マリアンシュタットの嵐

著  者:ロイド・アリグザンダー 訳:宮下嶺夫
出版社:評論社
出版日:2008年11月30日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 1作目で主人公テオたちは悪役の独裁者からウェストマークの国を救い、2作目では大きな試練を乗り越えて隣国レギア王国の侵攻を押し返し、さて3作目の本書では..と期待が高まる。これまで2作それぞれ一件落着のハッピーエンドには違いない。しかし、大きな問題を抱えたままだった。それは、「君主制を残すのか、革命によって民主制を勝ち取るのか」という問題だ。ここには、著者なりの解がある。

 前作の終わりで、アウグスタ女王が代表する王室と、平民の執政官3人という統治体制に達した。君主制と民主制の中間と言うか折衷案と言うか、ひとまずの解決策には違いない。英明な女王にも恵まれ、このままで王国の平和と安定が続いてもおかしくない。しかし、多大な犠牲の上に得た平和と安定は、一夜にして崩壊してしまう。
 女王とテオ、革命家のフロリアン、今やゲリラの頭目であるジャスティン。微妙なバランスの上で成り立っていた協力関係も、結び目がほどけるようにバラバラになってしまう。事態が流動化すると、それぞれが最終的に目指すものに、それぞれのやり方で突き進んでしまう。

 今回は首都マリアンシュタットが戦禍に見舞われる、市街戦だ。前作の山岳ゲリラのあり方も凄まじかったが、今回はさらに胸を衝かれる出来事が続く。訳者あとがきによると、著者自身の戦場体験、レジスタンス支援体験に基づくものだそうだ。フィクションとして楽しむも良しだが、国のあり方、命を賭ける価値があるものはあるのかなど、深く考えさせられる物語でもある。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ウェストマーク戦記3 マリアンシュタットの嵐」 固定URL | 1.ファンタジー, 1Z.その他ファンタジー

« 断る力 | トップページ | 王国の鍵1 アーサーの月曜日 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1Z.その他ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

YO-SHI様

はじめまして

ヴァレンタイン書店の藤原と申します

この度は相互リンクの申込をさせて頂きたいと
思いましてコメントを投稿させて頂きます。

私は今年の6月からインターネットを用いた
本の買取サイトを運営しております。
URL:http://valentine.hiho.jp/kaitori/index.html

サイトへのアクセス数が注文数を左右する業態であり
検索エンジンに対する最適化を進めることが
当座の急務となっております。

そこで本と関連が深く、内容の濃い良質なサイトを
選定し、相互リンクして頂くことで、サイトの価値向上させ
検索エンジン最適化を達成しようと考えております。

この提携は貴サイトにとっても価値向上につながり、
プラスになると思います。

もし、私の提案に賛同頂き、
相互リンクが可能であるのであれば
メールでご返信をお願い致します。

以上です。宜しくお願い致します。

投稿: ヴァレンタイン書店 藤原 | 2009年7月 5日 (日) 01時00分

ヴァレンタイン書店 藤原さま、コメントありがとうございます。

本の買取サイトを始められたとのことで、おめでとうございます。
ビジネスがうまく軌道に乗るといいですね。

相互リンクの件ですが、誠に申し訳ないのですが、リンクは
「読書・書評」かお友達のブログに限らせていただいています。
ご期待に添えませんが悪しからずご了承ください。
 

投稿: YO-SHI | 2009年7月 5日 (日) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/45520967

この記事へのトラックバック一覧です: ウェストマーク戦記3 マリアンシュタットの嵐:

» アガレスト戦記 ZERO [アガレスト戦記 ZERO]
「アガレスト戦記 ZERO」に関連するブログを新着 10 件表示しています。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 03時32分

« 断る力 | トップページ | 王国の鍵1 アーサーの月曜日 »