« 本好きのためのSNS「本カフェ」 | トップページ | 1Q84 BOOK1、BOOK2 »

2009年6月 3日 (水)

Story Seller(ストーリーセラー)

編  者:新潮社ストーリーセラー編集部
出版社:新潮社
出版日:2009年2月1日 発行
評  価:☆☆☆(説明)

 本書は、月刊の文芸誌「小説新潮」の2008年5月号別冊として発売された雑誌を文庫化したもの。伊坂幸太郎、有川浩、近藤史恵、佐藤友哉、本多孝好、道尾秀介、米澤穂信の7人の書き下ろし短編が収録されている。
 伊坂幸太郎さん、有川浩さんは私が好きだと公言している作家さんだし、近藤史恵さんは「サクリファイス」を読んで関心度が急上昇中。しかも収録されているのは「サクリファイス」の外伝だという。文庫で860円とは安くはないが、私にとっては何ともお買い得な1冊だ。私が注目した3人以外の4人も、それぞれに文学賞を受賞された方々だそうで、出版社が「物語のドリームチーム」なんて言うのも分かる。

 伊坂さんの作品は、短いながらもちょっと捻りの効いた伊坂作品らしいモノ。近藤さんの作品は「サクリファイス」のテイストそのままの外伝。すごく良かったとは言えないが、まぁ期待通りだった。ちょっと不満があるのは有川さんの作品。この作品は私は好きになれない。著者が「悪意」や「悲劇」も描けることは分かっているが、読後感は大事にしてほしい。
 「ドリームチーム」でもいつも最高のパフォーマンスが出せるとは限らない。一流選手も調整不足で良い結果を出せないことがある。詳しくは分からないが、雑誌に向けての書き下ろしと1冊の単行本の出版とは、かける時間や推敲の量が違うのかもしれない。奇しくも有川さんの作品は、雑誌にたくさんの物語を身を削るように書く小説家の話。著者もあんな風に雑誌に作品を書いているのかもと思うのはいけないことだろうか?

 そんな想像から、小説を読むなら文芸誌よりも本として出版されたものを読む方が良いのではないかと思った(例え文芸誌に連載されたものをまとめて単行本として出版するにしても)。ただ、文芸誌にも良いところはある。それは、新しい作家さんとの出会いだ。
 本を買うならなおさらだが、図書館で借りるにしても未知の作家さんの本を手にすることは限られている。その点、本書は私が知らない4人の作家さんの作品を読む機会になった。どの作品にもちょっと毒があるのだけれど、もう1冊ぐらい読んでみようかな、と思う。

 にほんブログ村「伊坂幸太郎が好き!」ブログコミュニティへ
 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
にほんブログ村「近藤史恵」ブログコミュニティへ
 (伊坂幸太郎さん、有川浩さん、近藤史恵さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「Story Seller(ストーリーセラー)」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩, 2B.近藤史恵, 31.伊坂幸太郎

« 本好きのためのSNS「本カフェ」 | トップページ | 1Q84 BOOK1、BOOK2 »

2.小説」カテゴリの記事

22.有川浩」カテゴリの記事

2B.近藤史恵」カテゴリの記事

31.伊坂幸太郎」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
美紀といいます。
この度ブログを始めたので挨拶で
コメントさせて頂きました。

私のブログは競艇やギャンブルが主になっちゃうと
思いますが日常の事もいろいろ書いていくので
よかったらコメントください☆

http://ameblo.jp/boat-gals/

投稿: みき | 2009年6月 4日 (木) 15時38分

こんばんわ。
気になってたので、早速手に入れ読んでみました。
このシリーズは私と相性が合ったみたいで、楽しく読破できましたよ。有難う御座いました。
TBさせて頂きました。宜しくお願いします。

投稿: すもも | 2009年6月29日 (月) 00時34分

すももさん、コメントありがとうございました。

面白く読んでいただいたようで、良かったです。
私としては、読んだことのない作家さんの作品が
読めてよかったのですが、勝率?としては5割
ぐらいかな。ちょっと合わない感じのものも
いくつかあって...。
道尾秀介さんの本は、読んでみようかな、と
思っています。
 

投稿: YO-SHI | 2009年6月29日 (月) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/45222772

この記事へのトラックバック一覧です: Story Seller(ストーリーセラー):

» story seller / 新潮社ストーリーセラー編集部 [いつも読書人 ]
Story Seller (新潮文庫)販売元:新潮社発売日:2009-01-28おすすめ度:クチコミを見る面白いお話、買いました先日『サクリファイス』を読破し、YO-SHIさんから『サクリファイス』の外伝がstory sellerにあるとコメントいただき、早速本書を手に入れ読んでみました。コレいい...... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 00時29分

» 「Story Seller」伊坂幸太郎ほか [りゅうちゃん別館]
若手と中堅作家のアンソロジー。 600ページを超える厚い本だが、なかなか面白かった。    【送料無料】Story Seller価格:860円(税込、送料別) 伊坂幸太郎「首折り男の周辺」 本屋大賞になった「ゴールデンスランバー」で知られる。 間違えられた男など、物語を…... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 17時34分

« 本好きのためのSNS「本カフェ」 | トップページ | 1Q84 BOOK1、BOOK2 »