« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

本好きのためのSNS「本カフェ」

 今日は私が参加させていただいているSNSを紹介します。本好きの人が集まる喫茶店のような「本カフェ」というSNSです。私のブログ友達でブログ「HEART GRAFFITI」のジーナフウガさんのご夫婦が運営されています。「本のことをもっと語り合いたい」と思う方は私と一緒に参加してみませんか?

 日ごろ多くの方からコメントやトラックバックをいただいて、感謝しています。コメント欄を通しての皆さんとの交流はとても楽しく、ブログをやって良かったなぁ、と感じています。
 ただコメント欄では、その本の話題に限定されてしまうのが悩みでした。私がこのブログには書評や感想だけで、日記的なものは載せないので仕方ないのですが、もっと本のことで色々なお話ができるといいなぁと常々思っていました。
 例えば、昔読んだ本のこと、いつか読みたいと思っている本のこと、本屋で見かけた本のことも話したい。そして読んだ本についても、あそこは感動したとか、あの部分はどういうことなのかとか、誰かと話したいと思うことはあるのですが、ネタバレには慎重なのでこのブログでは曖昧にしていました。

 そこに、そんな希望を満たしてくれそうなSNSを教えてもらったので早速登録したわけです。同じようなことを思っていた方も多いと思います。参加してみて私や他の皆さんとカフェでマッタリとつるんでみませんか?

 本カフェ:http://heartgraffiti.sns.fc2.com/
 ↑ご希望の方は「新規登録」をクリックして会員登録を行なって下さい。

 ジーナフウガさんからの「本カフェ」についてのお知らせ
 

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「本好きのためのSNS「本カフェ」」 固定URL | 9.その他 | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

凡才の集団は孤高の天才に勝る

著  者:キース・ソーヤー 訳:金子宣子
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2009年3月5日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 図書館の新刊棚にあった本書を、タイトルに魅かれて手に取り、読んでみることにした。凡才でも天才に勝てる、となれば少しはいい気分になれそうな気がしたのだ。つまり、私が凡才だということの何よりの証だ。
 著者は創造性やイノベーションの科学分析が専門の大学教授でジャズピアニストでもある。本書は、米国で2007年のイノベーションやマネジメント関連のビジネス書の賞をいくつか受賞している。

 著者が本書で主張したいことはこうだ。「イノベーション(革新)は、多くの人々の協力の積み重ねによって実現される」。裏返して言えば「1人の天才の閃きが画期的な出来事を生みだした、というストーリーは魅力的だが事実ではない」ということだ。
 このために、ライト兄弟の飛行機の発明から始まり、モールス信号や進化論、「指輪物語」などの文学作品やピカソらの絵画と、1人の天才の名前と結びつけられている発明や創造の数々を取り上げる。実はこれらは全部、天才1人の閃きによるものではなく、多くの人々のコラボレーションの結果なのだと言うわけだ。

 この「天才の閃きが~」という論の否定が余りに執拗な気がした。しかし、最後の1節になってやっと著者の意向がわかった。「天才の神話」を信じることは、私たちの創造性を減殺することにつながるのだ。詳しくは本書を読んでもらいたいが、だからこそ「天才の神話」の影にあるコラボレーションの真実を知る必要がある。納得。
 それから、後半には「コラボレーションを促進する組織への10の秘訣」やイノベーションを実現したコラボレーションの例など、大きな組織から小規模なグループにまで役立つ話が多くある。米国でビジネス書の賞を受賞したのは、この部分が評価されたのだろう。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「凡才の集団は孤高の天才に勝る」 固定URL | 6.経済・実用書 | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

陽気なギャングが地球を回す

著  者:伊坂幸太郎
出版社:祥伝社
出版日:2003年2月20日 初版第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 伊坂幸太郎さんの単行本としては3作目になる作品。「長編サスペンス 書下ろし」と表紙に小さく書いてあるが、私にはライトなコメディに思えた。現場で必ず演説をぶつ銀行強盗なんて、コメディでなければ何だというのだろう。そう、本書は銀行強盗の話。それも何とも軽いノリの4人組の銀行強盗が主人公。それでいて成功率は100%だ。

 演説をぶつのは響野。口から出るのはウソばかりという男。でも仲間を裏切ることはしないし、自分にウソは付かない。真っ直ぐなヤツなのだ。彼の昔からの友人でもある成瀬はウソを見抜く名人。ウソつきとウソを見抜く名人の組み合わせとは相性が悪い、いや逆に抜群に良いのだろう、2人のコンビは息が合っていて最高だ。
 この2人と久遠と雪子の4人組と響野の妻や雪子の息子らが、組み合わせを変えて登場する短めの場面がドンドン展開していく。テンポが良くて会話が面白いのでアッと言う間に読み進んでしまう。映画化されたのだが、映画の長さは90分あまり。あとがきによると、著者がそのくらいの長さの映画が体質にあっていると言い、ふと「そういうものが読みたくなり」書いた話らしい。コンパクトな話なのは、著者自身の狙いでもあったわけだ。

 今年は、著者の作品を意識的に多く読んでいる。最近のものを読んだり本書のようにデビュー間もない頃のものを読んだり。その中で本書はおススメの1冊だ。伊坂作品の中で最初に読むとしたらこの本がイイかも。なぜなら本書は読者を選ばない。会話は面白いし、伏線は活きている。でも伏線の複雑さはホドホド、ついでに不思議さもホドホド、悪意や暴力もホドホド。伊坂作品の特長がホドホドに入っていて、万人にウケそうなので入門編として最適だ。

 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(~2007年)」
 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(2008年~)」
 (あなたの好きな伊坂作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「伊坂幸太郎が好き!」ブログコミュニティへ
 (伊坂幸太郎さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「陽気なギャングが地球を回す」 固定URL | 3.ミステリー, 31.伊坂幸太郎 | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年5月17日 (日)

脳の中の身体地図

著  者:サンドラ・ブレイクスリー、マシュー・ブレイクスリー 訳:小松淳子
出版社:インターシフト
出版日:2009年4月20日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 意識のある患者の頭蓋を丸く切り取って、脳に直接電極をあてる。「どんな感じがしますか?」と聞かれて患者は「左手がチクチクします」と応える。こんな研究をやろうと思いつく人がいて、それに協力する人がいたおかげで、身体のどの部分の知覚を脳のどの部分で感じとっているかを示すマップができた。ホムンクルスと呼ばれる、脳の絵の周りに顔や手足が描かれたちょっとグロテスクな感じのするイラストだが、ご覧になった方もいるだろう。

 本書は、上の研究の後に連綿と続く脳の研究(今は、もっとスマートで安全な研究方法が開発されている)の成果を、分かりやすくと伝えようとしたものだ。特に、脳の可塑性についての紹介は明快で面白かった。
 「可塑性」というのは、粘土のように形を自由に変形させることができることだ。例えばスポーツ選手は、ある状況に対する身体の一連の反応を脳に記録できる。それを呼び出すことで瞬時の反応ができる。イチローが150~160キロの直球を軽く打ち返すように。
 スポーツ選手の例はまぁ分かる。ではこんな実験はどうだろう。真ん中に鏡を置いたボックスに右手を入れる。鏡に映った右手が左手のように錯覚して見える。事故で片腕をなくしていたとしても、この同様「ミラーボックス」の実験で、ないはずの腕の感覚領域が脳に復活するのだ。その腕が「ある」ように感じることができる。

 このような特別な例ばかりではない。棒を持ってモノをつつけばそのモノの感触が分かるし、車を運転していて地面の状態を感じることができる。しかし考えてみれば不思議だ。私たちが知覚しているのは、棒や車から感じる僅かな反発や振動でしかない。それが「感触」として認知できるのは、実は脳は棒や車体の範囲にまで身体感覚を延長してマッピングできているのだそうだ。恐るべし、私の脳。
 そうそう、この身体感覚の取り込みに最高度に成功しているゲームはWiiだそうだ。確かに「そこにはないボール」を「そこにはないラケット」で打ち返すことができる。脳こそが最大のバーチャルリアリティを実現していることは、家のお茶の間でも実感できるのだ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「脳の中の身体地図」 固定URL | 9.その他 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

プリンセス・トヨトミ

著  者:万城目学
出版社:文藝春秋
出版日:2009年3月1日 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 「鹿男あをによし」で奈良、「鴨川ホルモー」で京都を舞台に、奇抜な着想で物語を描き出した著者が、次に舞台に選んだのは出身地の大阪だ。さらに詳しく言うと、大阪城の南に位置する急坂の商店街「空堀商店街」。視界さえ開ければ大阪城天守閣が拝めるくらいの距離だ。タイトルの中の「トヨトミ」はもちろん、かつての大阪城の主であった「豊臣家」のことで、「プリンセス」ももちろん「姫」だ。本書は、多くの人がタイトルを見て思ったとおりに「豊臣家の姫」の物語。
 そうは言っても、奇抜な着想が特長である著者のことだから、一筋縄ではいかない。物語はあらぬ方向へ向かい、信じ難い出来事を引き起こしながら、豊臣家の姫の物語に収れんしていく。

 主人公の名前は真田大輔。大阪には信州上田の真田家が好きな人が多い。空堀商店街の近くに真田山という地名があるが、ここは大阪冬の陣の際に真田幸村が真田丸という出城を築いて奮戦した地の跡と言われている。夏の陣での幸村の戦死の地と言われている安居神社では今でも幸村祭が行われる。
 上田の人に聞いたのだが、大阪で上田から来たと言ったら「真田は太閤さんの味方だから」と言っておマケしてもらったそうだ。400年以上前の出来事が今の大阪の人の心に生き続けている。本書では真田家のことは匂わせる程度にしか書かれていないが、このことはストーリーに大きく関わっている。

 表紙は、本書の準主人公である会計検査院の調査官3人が、お堀越しに大阪城天守閣を仰ぎ見る絵だ。実は私はこれとそっくりな構図の大阪城を見たことがある。大阪に出張で深夜にホテルに入って、翌朝の朝食をとったホテルのレストランから間近に見えた大阪城がこんな感じだった。関西に生まれ育っても大阪城を見る機会はそんなにないものだ。その威容にしばし圧倒されたのを覚えている。
 上に書いた「信じがたい出来事」というのは、ある目的を持った仕掛けなのだが、私に言わせれば「大仕掛け過ぎる」。しかし、大阪城のあの威容をいつも感じて、400年以上前の出来事を胸に抱いている大阪の人々なら、これぐらいの空想はアリなのかもしれない。

 人気ブログランキング投票「一番好きな万城目学さんの作品は?」
 (あなたの好きな万城目作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「万城目学の本を読みました」ブログコミュニティへ
 (万城目学さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「プリンセス・トヨトミ」 固定URL | 2.小説, 26.万城目学 | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年5月 8日 (金)

朝日ジャーナル(週刊朝日緊急増刊)

出版社:朝日新聞出版
出版日:2009年4月30日発行(増刊)
評  価:☆☆☆(説明)

 15年以上も前に休刊になった週刊誌「朝日ジャーナル」が、週刊朝日の緊急増刊という形で1号だけ復刊した。今年は創刊50年の節目の年になるそうで、恐らくはこの期を逃しては復活の芽はなくなる、という関係者の「もう後がない」という思いが結実したのだろう。半月以上も前に発売されていたのだが不覚にも知らずにいた。

 復刊の理由は「この国への強い危機感から」ということで、表紙には「怒りの復活」という小振りながら赤文字が躍っている。そんなに力まない方が意見や主張を伝えやすいのに、と思うが、復刊に関わった人々には、今の社会そして雑誌自身のあり方にも危機感や不満があるのだろう。その意気込みは買いたい。
 編集長が書く「いまこの時代に「ジャーナル」があったら」という思いは、その危機感や不満の表れだろう。しかし、それを「あの時代は良かった」という形で表現してしまっては前に進む力にはならない。この復刊号にそんな雰囲気が漂ってしまっていることは残念だ。現代の錚々たる論客が執筆をしているが、殆どがかつての執筆者か読者としての「ジャーナル世代」だ。さながら同窓会の様相を呈している。

 新聞社も雑誌社もビジネスだから、「思い」だけでは進められないのは分かる。しかし、この復刊が「創刊50年記念事業」ではなく危機感からだというのなら、週刊朝日編集部がいまこの時代に「ジャーナル」が必要だと思うのなら、今回の反応を踏み台に正式に復刊させて欲しいと思う。新たに1誌を出版するのが負担であれば、週刊朝日を朝日ジャーナルにしてもいい。名前も変えるか中身を変えるか、どっちでもいいので。

※週刊誌の増刊なので、すぐに入手困難になると思います。Amazonリンクからは新刊は購入できません。

ここからは、「朝日ジャーナル」についての私の思いを書いています。興味がある方はどうぞ

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

続きを読む "朝日ジャーナル(週刊朝日緊急増刊)"

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「朝日ジャーナル(週刊朝日緊急増刊)」 固定URL | 8.雑誌 | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

三匹のおっさん

著  者:有川浩
出版社:文藝春秋
出版日:2009年3月15日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 有川浩さんの最新作。図書館戦争シリーズで甘々のラブストーリーを展開して、「別冊1」ではついに私の「耐甘さ」の限界に達した後、様々な糖度のラブストリーを放ち続けた著者の最新作。その主人公は、何と還暦を迎えたじいさんの3人組(本人たちは「じいさん」と呼ばれたくはないようなので、タイトルは「おっさん」なのだ)。これでラブストーリーはツライ?著者の新境地か?

 物語は、おっさんの1人である、清田清一(通称キヨ)が勤め上げたゼネコンを定年退職する辺りから始まる。本書はキヨの「地域デビュー」の物語でもある。団塊の世代が定年後に地域に自分の居場所や暮らしを見つけることが「地域デビュー」。定番と言えばボランティア活動なんかだろう。キヨの考えもボランティアなのだが、その内容は定番とはとても言えない。キヨが思いついたボランティアは「自警団」だ。
 自警団のメンバーは3人。キヨは長らく剣道場の師範をしていた。長い物を持たせればちょっとした侍だ。仲間のシゲは柔道家で、こちらは組ませれば敵なし。もう1人のノリは町工場の経営者、腕っぷしは強くないが頭脳派。一撃必殺(殺さないように調節してある)のスタンガンを自作できる、ある意味では一番キケンなおっさんだ。

 楽しめた。痛快だった。街のチンピラにレイプ犯に詐欺師、悪徳商法..と、悪いヤツらが次々登場しては3人の成敗を受ける。還暦を迎えるとはいえ、武道の達人2人と自作メカで武装したおっさんだから、生半可なワルなんかひとたまりもない。抵抗しても武力で制圧されてオワリだ。(法律的にはちょっとヤリ過ぎかもしれない)
 冒頭の「著者の新境地か?」の答えはYESでありNOでもある。これまでの一連の作品で「ラブコメ」なんてなんか気恥かしい、という人でも本書はOKだろう。だからYES。しかし、ちょっと甘いラブストーリーが、ワル者成敗の痛快物語にしっかり絡んでいるし、家族の絆もあれば、犯罪のダークな描写まで含めて、著者のこれまでの作品の魅力や傾向は健在。新境地というよりは、ちょっと趣向を変えてみた、というところかも。それでNO。

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「三匹のおっさん」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩 | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年5月 2日 (土)

サクリファイス

著  者:近藤史恵
出版社:新潮社
出版日:2007年8月30日 初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 2008年の本屋大賞の第2位(ちなみにその年の第1位は「ゴールデンスランバー」)。読んでみたいとは思ったのだけれど、受賞直後は図書館の予約が殺到して借りられなかった。以来事あるごとに思い出していたところ、るるる☆さんのブログで見ておススメもいただいたので読んでみた。

 物語の舞台は自転車のロードレース。何度かスポーツニュースで、集団やタテ1列になって道路を駆け抜けていくレースの映像を観たことはあるし、「ツール・ド・フランス」なんて大会の名前も知っている。知っているけれど、本書を読んで「知らないも同然だった」と思った。本書で自転車ロードレースを知って興味を持つ人もいるだろう。結構奥が深いのだ。
 レースだから、よーいドン!(とは言わないだろうけれど)でスタートして、早くゴールした者が勝ちというのは変わらない。基本的には個人競技だ。でも、上級のレースではチームのメンバーが役割分担して、エースを勝たせるという団体競技になっている。エース以外の役割は、エースの風除けになったり、エースの自転車に故障があれば自分のを差し出すなんてことだってある。
 つまり、エースを勝たせるための犠牲。タイトルの「サクリファイス」には、自転車ロードレース特有の意味が込められている。そして、読み終わって分かる、もう1つ別の意味も。

 読んでいて「風が強く吹いている」を思い出した。あちらは駅伝のランナーの話だ。どちらもレース中は1人で様々思いを胸に走る。そこには葛藤やドラマがある。走るスポーツは物語向きなのかもしれない。
 だとしても、自転車ロードレースの選手が抱える葛藤は、傍目には並大抵のものではない。エースを勝たせるためのアシストは、どんなに良い仕事をしても記録には一切残らない。エースにならなかったほとんどの選手は、全選手生活で1度の優勝も表彰台もない。しかし、プロになるほどの実力はあるのだ。当然、上を目指す心は抑えられないはずだ。250ページ足らずの小品ながら、読み応えアリだ。

 にほんブログ村「近藤史恵」ブログコミュニティへ
 (近藤史恵さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「サクリファイス」 固定URL | 2.小説, 2B.近藤史恵 | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »