« 「ゼロ円販促」を成功させる5つの法則 | トップページ | モダンタイムス »

2009年4月27日 (月)

仮面の大富豪(上)(下)

著  者:フィリップ・プルマン 訳:山田順子
出版社:東京創元社
出版日:2008年10月30日初版
評  価:☆☆☆(説明)

 「マハラジャのルビー」に続く、「サリー・ロックハートの冒険」シリーズ4部作の2作目。前作で父親の死をめぐる陰謀を切り抜けてから6年後、サリーは、6年の間にケンブリッジ大学を優秀な成績で卒業、今は「財政コンサルタント」をしている。年はなんと弱冠22歳だ。
 前作でサリーを助けて活躍したガーランド写真店のフレデリックは、共同経営者としたのサリーの助けもあって写真店の経営は盛り直し、趣味の探偵稼業にもいそしんでいる。サリーとフレデリックは自然な成り行きで恋人同士となっているのだが、何やら微妙な感じだ。

 ここまでは、本書の物語が始まる前の話。本書の物語は、サリーが顧客の訪問を受けるところから始まる。サリーが薦めた投資先の海運会社の貨物船が沈没し、その後会社が倒産してしまった、というのだ。倒産に至る経緯に疑問を持ったサリーは調査を始める。そして、背後にある大きな陰謀を付き止め、サリー自身がそれに巻き込まれていく。
 フレデリックらのサポートを受けて、サリーが才覚と行動力で困難を乗り越えて行くのは前作と同じながら、今回の作品には実に色々な要素が散りばめられている。ビクトリア朝時代の英国での女性の自立の難しさ、降霊術などの怪しげな科学といった時代背景と、このシリーズの大きな節目となるであろう、サリーとフレデリックの関係の行方など。政界財界だけでなく国際政治なども絡んで、一回り物語のスケールが大きくなっている。

 田中芳樹氏の解説にもあるが、「あれっ」っと思うところもある。これでいいのかな?という感じもする。もしかしたら次回作に続く伏線なのかもしれない。だとしたらどのように反映されるのか?次回作と言えば、前作のレビューの最後に「第2作には(私のお気に入りの)ローザは登場するのだろうか?」と書いたが、本書では活躍の場面はなかった。次回作ではどうなのだろう?

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「仮面の大富豪(上)(下)」 固定URL | 3.ミステリー, 38.フィリップ・プルマン

« 「ゼロ円販促」を成功させる5つの法則 | トップページ | モダンタイムス »

3.ミステリー」カテゴリの記事

38.フィリップ・プルマン」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
ローザ、出てこなくて残念でしたよね。
幸せに暮らしているようなので、それはそれでいいのですが
気に入ってた人物だったので、出てこなくてさびしかったです。

それにしても今回の展開は結構凄かったですね。
こんなのアリ?!って思いました…
彼に関しては、かなりショックです。

投稿: 四季 | 2009年4月27日 (月) 21時16分

四季さん、コメントありがとうございます。

ローザが出てこなくて残念でした。いなくなったわけではないので、
次回でもその次でもいいので出てきてくれることを、祈るだけです。
彼のことは、私もショックです。
ずっといてくれると思っていたのに..。
 

投稿: YO-SHI | 2009年4月28日 (火) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/44808129

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面の大富豪(上)(下):

» 「仮面の大富豪 サリー・ロックハートの冒険2」上下 フィリップ・プルマン [Ciel Bleu]
  [amazon] [amazon] 1978年。ケンブリッジ大学での勉学を終... [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 21時12分

« 「ゼロ円販促」を成功させる5つの法則 | トップページ | モダンタイムス »