« エジプト十字架の謎 | トップページ | からくりからくさ »

2009年2月 9日 (月)

CC:カーボンコピー

著  者:幸田真音
出版社:中央公論新社
出版日:2008年11月25日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 読売新聞の会員制WEBサイト「yorimo」でサイン入り本をいただきました。感謝。

 金融業界出身の経験を生かした「経済小説」が持ち味の著者の作品。私にとっては「あなたの余命教えます」に続いて2冊目になる。
 主人公は広告代理店のAE(アカウント・エグゼクティブ)として働く香純。AEとは聞きなれないが、広告の企画から制作・実施までの一連の責任を持つ営業職のこと。ある保険会社の広告を巡ってのアップダウンのある物語を、主人公と、主人公の元夫で現上司の社長と、保険会社の若い広報マンの3人の視点から描いている。

 実は私も広告主側の立場として、ちょっとだけ広告の仕事に携わったことがある。その立場から垣間見た制作側の様子に照らして、本書に描かれる主人公たちの奮闘ぶりは、かなりリアルだ。きっと、取材に基づくのだろう。そして、一つ一つの場面がとても精密に描かれる。テレビや映画の1カットを言葉で説明しようとしているかのようだ。
 しかし、リアリティが面白さにつながらないこともある。業界事情など場面場面で与えられる情報の殆どはストーリーには絡んでこない。伏線好きな私の読み方にも問題があるのだろうけれど、思わせぶりなシーン(私が勝手にそう思っているだけだけれど)があっても、後には続いていなくてちょっと残念。

 それで、肝心のストーリーの方だけれど、上に書いた勝手な「残念」を別にしても、もうひと工夫欲しかった。主人公が男の目から見てもすご~く「都合のいい女」でやりきれない思いがした。後半にミステリー要素が加わって盛り上がるのだけれど、広げた風呂敷がたたみ切れていない感じ。
 もっとも、本の読み方には色々あって、「個々の場面を楽しむ」という人もいるそうだ。精密な場面描写がされている本書では、広告営業の現場の雰囲気や、がむしゃらに働く女性の勢いが楽しめそうだ。別れた夫が社長、というシチュエーションもちょっと気になるし...。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「CC:カーボンコピー」 固定URL | 2.小説

« エジプト十字架の謎 | トップページ | からくりからくさ »

2.小説」カテゴリの記事

コメント

YO-SHIさん。コメントありがとうございました。トラックバックさせていただきました。
YO-SHIさんの文章は読みやすくて、分かりやすいですね。私は、理系の人間で語彙も少なく文章苦手で、その上に、感動も少ない人なので、うまく何かを伝えられないのですよ。
これからも、遊びにきますね。

投稿: chibee | 2009年2月10日 (火) 15時30分

chibeeさん、コメントありがとうございます。

文章をほめていただいて、ありがとうございます。
記事を書くのにはすごく時間がかかっているので、
ほめられると素直にうれしいです。

chibeeさんのブログの記事も、気持ちが
よく伝わって伝わってきましたよ。
これからもよろしくお願いします。

投稿: YO-SHI | 2009年2月10日 (火) 23時06分

YO-SHIさん、こんにちは♪(o^-^o)

YO-SHIさんの「からくりからくさ」の書評の下にあったので・・
気になっていた本でした。
今まで読んできた証券、金融を主題とした経済小説とは趣が異なり、
幸田真音さん色(傾向)が少しずつ変化しはじめたのでしょうか?

幸田さんの作品の中に出てくる女性は、仕事が出来るヒトが多いので
無いモノねだりで、そいうった第一線で働く女性に憧れます。が、
アカウント・エグゼクティブの仕事・・私が出来るかといえば、
悲しいですが、100%無理です!?

YO-SHIさんからご覧になると、主人公の香純さんは、
都合のよい女性に思われましたか?
私は、結構身勝手に感じました(笑)。
保険会社の年下の広報マンくんには、後半はうんざりでした。

それにしても・・最近多いですね、外資系保険会社のCM(笑)。

投稿: かりん。 | 2009年3月28日 (土) 17時29分

かりん。さん、コメントありがとうございます。

かりん。さんは、香純は身勝手に感じましたか。
面白いですね。人によって感じ方が違うというのは。
男性と女性の視点のちがいでしょうか?

でも、広報マンくんがダメダメなのは、男性から見ても
女性から見ても、一致した見解のようですね。
 

投稿: YO-SHI | 2009年3月28日 (土) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/44007123

この記事へのトラックバック一覧です: CC:カーボンコピー:

» cc:カーボンコピー [書評リンク]
書評リンク - cc:カーボンコピー [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 20時47分

« エジプト十字架の謎 | トップページ | からくりからくさ »