« からくりからくさ | トップページ | グラスホッパー »

2009年2月16日 (月)

流星の絆

著  者:東野圭吾
出版社:講談社
出版日:2008年3月5日第1刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 東野圭吾さんの近刊。図書館で予約して半年あまり待った。その間にTBS系列でドラマ化されたのだけれど見なかった。先に原作で読みたかったので。最近のテレビは小説やコミックの「原作もの」が多いですが、出版されて半年でテレビドラマ、というのは早すぎないか?と思う。

 主人公は、功一、泰輔、静奈の兄弟妹。物語は、幼い彼らが家を抜け出すシーンから始まる。ペルセウス座流星群を見ようと、両親には内緒で出かけようとしているのだ。このエピソードがタイトルにつながっている。そしてその夜、彼らの両親は何者かに殺害される。
 その後、大人になった彼らは、危ない橋も渡るけれど寄り添うように生きていく。そんな時、両親の殺害犯と思われる人物を、泰輔が見かけたことが、3人の運命の歯車を回す。そして、徐々にその人物を追い詰めていく。

 まぁ、テレビで放送されたのでストーリーはご存じの方も多いだろう。テレビの方はどんな展開だったのか知らないのだけれど、本の方は意外なぐらい素直に物語は進む。思いもかけないことは起こらない。最後の20ページまでは。
 本書は、この最後の20ページのためにあるような本だ。それまでの抑えた調子は、この最後の部分を際立たせるためだったのだろう。しかし、「抑えた調子」とはいえ、退屈はしない。常に「何か起きるかもしれない」と思わせる緊張感が常に漂っている。そういう意味では著者の巧さも際立っている。
 最後にひとこと。私はちょっと前にエラリー・クィーンを読んだせいもあって、常に誰が犯人かを考えてしまったが、本書は推理小説ではないので、読者は「犯人探し」をしないで、ストーリーを楽しむのがいい。その方が楽しめると思う。

 にほんブログ村「東野圭吾」ブログコミュニティへ
 (東野圭吾さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「流星の絆」 固定URL | 3.ミステリー, 32.東野圭吾

« からくりからくさ | トップページ | グラスホッパー »

3.ミステリー」カテゴリの記事

32.東野圭吾」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
また、お邪魔致します。

「流星の絆」も好きな作品です。
東野作品はミステリーですがどこかに救いがあって好きです。
「流星の絆」も兄弟愛を絡めながら、ミステリーの要素もありと、
いろんな味わいが楽しめると思いました( ^ω^ )

投稿: チャウ子 | 2009年2月16日 (月) 18時38分

チャウ子さん、コメントありがとうございます。

東野圭吾さんの作品はたぶん全部読んでいるという
チャウ子さんが「好きな作品」とおっしゃるのだから
本書は秀作なのでしょうね。

あの兄弟は、功一が頼りがいのある兄だからか、
結束が感じられます。決してほめられる生き方を
していませんが、なぜか幸せになって欲しい、
と思わせますね。
 

投稿: YO-SHI | 2009年2月17日 (火) 17時03分

こんにちは。また来ました。
「流星の絆」私も読みました。東野圭吾さんの人気はすごいですよね。私も、新作が出たと知った時点で、すぐに図書館に予約を入れるのですが、なかなか回ってきません。東野圭吾さんの本は、ほとんど読んでいると思うのですが、ハードカバーで購入するほどのファンではないので、いつも図書館利用なのです。なのでいつも読むのが遅れてしまいます。
あと、「流星の絆」では、犯人が分かったときには、私はちょっと拍子抜けしました。犯人探しするお話じゃあないですね。ではまた。

投稿: chibee | 2009年2月17日 (火) 21時14分

このレビューを書くのは本当に難しかった・・・。
仰るとおりミステリーを期待するとハズレますよね。
私が東野圭吾を好きな理由は、これでもか、これでもかと
ひとつのテーマをとことん追求するところ(しかも綺麗ごとがないところ)なので、
この作品はちょっと物足りない感じもしました。
しかし、全体的な完成度は高いし、色々な要素のバランスもいいので、
東野さんをあまり読んだことがない方に是非お勧めしたいです!
三兄妹の絆は美しかったですね~。静奈が羨ましいです。

ドラマは全部見ました。
最初は抵抗ありましたが、徐々にハマってしまいました。

投稿: まどか | 2009年2月17日 (火) 23時32分

chibeeさん、コメントありがとうございます。

私が利用している図書館でも、書棚に東野圭吾さんのプレート
だけで本が1冊もない、なんてこともあるぐらいの人気です。
この本は、犯人が分かった時は確かにちょっと微妙でしたね。

----

まどかさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、完成度というかバランスの良い作品ですね。
東野作品2冊目にしてこんなことを言うと、叱られそうですが、
少し小さめにまとまった感じを受けました。

ドラマが始まったころには、良くない評判も多く聞きましたが
しばらくしてそういう声は治まったように思います。
DVD-BOXが出るそうですから、機会があれば見たいと思います。
 

投稿: YO-SHI | 2009年2月18日 (水) 00時38分

おはようございます。

チャウ子です。

先日ちょっと舌足らずの感があったので。

「流星の絆」はもちろん好きなのですが、私は東野作品で
これはイマイチだなと思った作品が2作品しかないのです
(タイトルはもちろん書けませんが^^;)。

「流星の絆」が東野作品の中で上位か?と言われると
いえいえもっといい作品がありますよ!
ということで、他の作品も是非読んでみて下さい。


投稿: チャウ子 | 2009年2月18日 (水) 10時58分

チャウ子さん、再びありがとうございます。

あぁ、やっぱりそういう意味だったんですね。
正直に告白すると、本書は「中の上」から「上の下」
ぐらいに思ったので。
いや、面白かったし楽しみました。これは、誤解の
ないように言っておきますが。
でも、期待はもっと面白い作品なので。もちろん
他の作品も読みます。
 

投稿: YO-SHI | 2009年2月19日 (木) 23時26分

図書館のほうはうんと予約待ちなので、邪道ですが本屋で立ち読みしました。
あるブロガーの方が、「あの展開はフツーしない」とか「たかだかあんな金額で犯罪をおかさない」とやたら否定的だったので、おもいっきり反論してしまったことがあります。
あの話は、本当に大事なものはなんだい?と問いかけている話だったと思うのです、けっして推理小説ではないんですよ。だからもっと素直に・・というか、こころで読んで欲しいなあと思いました。
ちなみにドラマですが、そうですね、ちょっと・・ 脚本家の個性が多分に出てしまってはいます(汗) また違ったテイストでお楽しみいただけるかと思います

投稿: ぷぅちゃん☆ | 2009年2月24日 (火) 14時43分

ぷぅちゃん☆さん、コメントありがとうございます。

何かを認めるよりも、欠点を指摘する方が頭がいいとかカッコいい
と思っている(本人は意識していなくても)人というのが、私の周り
にも何人もいます。そのブロガーさんも、そういった傾向のある人
なのかもしれませんね。

私がやっている書評という行為は、批評であって批判ではないの
ですが、欠点探しの誘惑は常にあります。そこは意識して、そう
ならないようにしています。

ところで「あんな金額で..」という部分については、年末に
連続して起きたタクシー運転手の殺傷事件のように、数万円の
ために人を殺める事件もあり、全くあたらないのですけれどね。
 

投稿: YO-SHI | 2009年2月25日 (水) 00時53分

YO-SHIさん こんにちは。

東野圭吾作品、人気ですよね。図書館でもいつもではらっていて、1冊もない状態です。私はドラマの前に読んだので、ドラマも見てました~。

この作品は、いつもの東野圭吾さんほどは…と思いましたが、犯人さがしではなく、兄弟の絆で読ませてくれたなぁ、と思いました。
私もお兄さん欲しい☆って思ったり…。

投稿: たかこ | 2009年3月 7日 (土) 16時04分

たかこさん、コメントありがとうございます。

突然売れた作品数の少ない作家さんならともかく、作品数もかなり多い
東野圭吾さんの本が、品薄状態(図書館でもこう言うのでしょうか?)
なのは、それだけ長くたくさん借りられている、ということで、スゴイ
ことだと思います。

功一はほんとうに良い兄さんでした。思いやりと責任感があって、
頼りがいもある。こんなにパーフェクトではないとしても、
私の兄も頼れる良い兄でした(過去形はマズイか)。私も大人になって、
さすがに最近は頼ることもほとんどなくなりましたが。
 

投稿: YO-SHI | 2009年3月 7日 (土) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/44080996

この記事へのトラックバック一覧です: 流星の絆:

» 『流星の絆』よどみない会話とストーリー [□□ 本のこと あれこれ □□]
年末に一気に堪能いたしました くたびれて、床暖房にうっぷして寝てしまい ふと目覚めるなり、また読み始めるという…(なにやってんだか 流星の絆/東野 圭吾 印象的だったのは、会話が多いのですが 不自然さがない。 ストーリーもよどみない、という... [続きを読む]

受信: 2009年2月16日 (月) 14時00分

» 流星の絆 [書評リンク]
書評リンク - 流星の絆 [続きを読む]

受信: 2009年2月16日 (月) 23時53分

» 流星の絆【東野圭吾】 [本・月のうさぎ堂]
ドラマは見なくてもこれを読めば、東野圭吾の世界がわかります。功一、泰輔、静奈の3兄妹、はたして復讐劇の結末とは? [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 00時00分

» 流星の絆 / 東野圭吾 [たかこの記憶領域]
流星の絆東野 圭吾講談社 2008-03-05売り上げランキング : 120おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 面白かった!一気に読みきった。 泣けるような深みのある話ではないけれど、先へ先へと読み続けたくなってとまらない。どうやらドラマにもなるらしい。かなり面....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 16時01分

« からくりからくさ | トップページ | グラスホッパー »