« 私が読んだ小説ベスト10 人気投票結果 | トップページ | CC:カーボンコピー »

2009年2月 3日 (火)

エジプト十字架の謎

著  者:エラリー・クイーン 訳:井上勇
出版社:東京創元社
出版日:1959年9月初版 2006年9月70版 2009年1月9日新版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 著者の作品を読むのは初めて。この作品は、初期に発表された「国名シリーズ」の1冊で1932年に発表されたものだ。なんと私の父親が生まれたころだ。その作品がこの度新版として発売されたのだから、著者の人気の息の長さが分かる。

 何だか久しぶりの体験だった。「犯人が誰なのか」にこんなに集中して読んだのは、中学生のころクリスティを読み漁っていたころ以来かも。ページ数が9割進んだところで(推理に必要なすべての事柄が語られたところで)、「誰が殺人犯人か。(中略)りっぱな推理と、幸運を祈る」と書かれた「読者への挑戦状」というページがある。突きつけられた挑戦は受けねばならない、ということで、しばし沈思黙考。..そして敢え無くギブアップした。

 物語は、衝撃的な事件で始まる。田舎町の小学校長がT字路で、道標にTの字に張り付けられた首なし死体で発見される。そして被害者の家の扉には血で書かれたTの文字。執拗に繰り返されるTの文字の事件。タイトルの「エジプト十字架」は、エジプトの古い信仰のシンボルで、縦木が突き出していないT字形をしているらしい。そして、この事件にもその信仰が関わっているのか?
 主人公は、ニューヨーク市警の警視の息子で、その名もエラリー・クイーン。数々の難事件を解決に導いたという実績があるらしく、地元警察の扱いも別格だ。彼が警察の捜査に立ち会い、誰もが見落とした僅かな痕跡から真実を明らかにしていく。推理小説、探偵小説の醍醐味だ。そして、推理に必要な事柄が十分に明らかになったところで「読者への挑戦状」となる。(もちろん、最後の1ピースは分からないままだ。この後、この最後の1ピースがエラリーによって明らかにされ、一気にパズルが完成するように事件が解決するのだ)

 まぁ、私の場合は「挑戦状」をまともに受けて推理しようとしたわけだけれど、そういう読み方も良し、エラリーの名推理を楽しむのも良し。推理小説の古典だが、今どきのミステリーファンにもおススメだ。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「エジプト十字架の謎」 固定URL | 3.ミステリー

« 私が読んだ小説ベスト10 人気投票結果 | トップページ | CC:カーボンコピー »

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/43944427

この記事へのトラックバック一覧です: エジプト十字架の謎:

» エジプト十字架の謎 (創元推理文庫) [書評リンク]
書評リンク - エジプト十字架の謎 (創元推理文庫) [続きを読む]

受信: 2009年2月 3日 (火) 20時37分

» エジプト十字架の謎 [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 「エジプト十字架の謎」(エラリー・クイーン/井上勇:東京創元社)を、「本が好き!プロジェクト」から献本してもらった。まずはお礼申し上げる。  作者のエラリー・クイーンであるが、有名な割には、これまで読んだことがない。実は、クイーンというのは、フレデリッ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 (土) 08時45分

« 私が読んだ小説ベスト10 人気投票結果 | トップページ | CC:カーボンコピー »