« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

茨文字の魔法

著  者:パトリシア・A・マキリップ 訳:原島文世
出版社:東京創元社
出版日:2009年1月9日初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

  著者のパトリシア・A・マキリップは、米国人の女性で1975年に「妖女サイベルの呼び声 」で、2003年に「影のオンブリア 」での2回、世界幻想文学大賞を受賞している。幻想文学の名手といわれる息の長い作家だ。寡聞にして私は知らなかった。この書評を書こうとして気が付いたのだが、本書のどこにも著者の紹介が書かれていないが、どういうことだろう?知っていて当然?そんなことはないと思うのだが。

 これはとても面白く読めた。舞台は12の邦国を従える王国の宮殿。主人公はその王立図書館で、翻訳の仕事をしている書記のネペンテス(和訳するとウツボカズラ、なんて名前なんだろう!)。彼女は赤ん坊のころ、宮殿のある断崖の縁に捨てられていた孤児だ。彼女が、持ち込まれた茨模様の文字で書かれた本の翻訳を進めることで、物語が進展していく。
 物語全体を覆う雰囲気が幻想的だ。断崖に建つ巨大な宮殿、その地下深くにある迷宮のような石造りの図書館、森に隠された宙に浮かぶ魔術師の学院、そして三千年前に栄えたと言われる伝説の王国。この舞台装置を使って壮大な愛のドラマがつづられる。ネペンテスに恋する魔術師の青年の振る舞いだけが軽くて現代的だが、それも憎めない感じでいいアクセントになっている。

 物語が終盤に差し掛かったあたりで、突然全体像が明らかになる。私は思わず「あっ」と小さく声をあげた。そして、それが明らかになった時点が本当のドラマの始まりなのだ。ファンタジー好きにはオススメだ。私はこの作品に出会えて良かったと思う。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「茨文字の魔法」 固定URL | 1.ファンタジー | コメント (6) | トラックバック (2)

2009年1月27日 (火)

生命40億年全史

著  者:リチャード・フォーティ 訳:渡辺政隆
出版社:草思社
出版日:2003年3月10日第1刷 2003年3月26日第3刷
評  価:☆☆☆(説明)

 原題は「LIFE -An Unautorized Biography-」、訳せば「生命 その非公認の伝記」とでもなるのか(もうちょっとマシな訳があればいいのだけれど)。本書は、生命を主人公に見立てて、その生い立ちからこれまで(正確には人類の誕生まで)の40億年を、一つの物語として書いた野心的な本だ。
 ちなみに、日本では伝記というと過去の偉人の生涯を書いた、ちょっと教育色の強いものを思い浮かべるが、欧米では現役の著名人の生い立ちを、本人の了解を得ずに出版することも珍しくないらしく、それが「Unautorized Biography」。旬の話題で言うと「Barack H. Obama: The Unauthorized Biography」なんてのがある。

 読み応えのある本だった。まぁ490ページが長いか否かはそれぞれの意見があるだろうが、40億年分の歴史を思い入れを交えながら丁寧に記述した物語は、ズシリとした手応えがあった。著者は、大英自然史博物館の主席研究員、英国古生物学会の元会長で三葉虫をこよなく愛している。その著者が持てる知識と情熱を注いだ物語なのだから、読む方もしっかり構えないと受け取れない。
 本書によると、海の中で無生物を生物に転ずる生命の火がたった1度だけ火花を散らした、それが遅くとも38億年前、藻類の微細な化石が残されたのは10億年前、脊椎動物の祖先とみられる動物の化石は5億数千年前だ。その後、生命は上陸を果たし、1億9千万年前に恐竜が出現、6500万年前に絶滅...、我々ホモ・サピエンスの登場はわずか10万年前、とこのあたりは良く知られていることかもしれない。
 こういったことを概説するだけであれば、歴史の教科書や参考書に同様のものがあるかもしれない。想像するに退屈な代物だろう。本書は、中立で公正な記述を心がけながらも、著者やその他の研究者の思いや、古生物界の様子などを交えた独特の語り口が、退屈さを払しょくしている。著者が言及する範囲は広く、指輪物語やナルニア国物語、ガリヴァー旅行記からディズニー映画まである。もちろん「ジュラシックパーク」も。(登場する恐竜の多くが「ジュラ紀」ではなくその後の「白亜紀」の恐竜なんだそうだ)

 本書を読んで痛切に思うのは、生命の物語は奇跡の連続であったことだ。現生人類から遡れば進化の道は一本の道なのだけれど、その道は幾つの角を曲がるのか?「進化論」が論じる突然変異と自然選択によって、現在の多様な生物種に至るのには、幾たびの変異と選択が必要なのか?その確率を表すことは誰にもできないのだろうが、「奇跡」と言わずにはいられないほど低い確率であることは確かだと思う。
 こうして考えると「神」を持ち出さずとも、進化には何らかの目的性があると考えたくなる。より有利な形質の獲得を目指す原動力のようなものがあるのではないかと。そう考えた方がうまく説明できる。しかし著者は、そうした考え方を「目的論という名の化け物」と言って、その誘惑と戦いながら物語を綴っている。時に誘惑に負けてしまいながら。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「生命40億年全史」 固定URL | 5.ノンフィクション | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月22日 (木)

Eコマース成功の条件

編  者:Eコマース戦略研究所
出版社:日本経済新聞出版社
出版日:2008年12月12日 1版1刷
評  価:☆☆☆(説明)

  本書は楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤーを受賞した3つのお店「桃源郷」「アンジェ」「北国からの贈り物」のそれぞれの経営者が、ネットショップで成功する条件を伝授するものだ。「集客方法」「キャッチコピー」「ページデザイン」など、11の項目に分けられている。タイトルは「Eコマース~」となっているが、ネットショップ、つまり「Eコマース」のうち「B to C」の分野がテーマだ。

 本書によると、ネットショップ専門会社として利益が出ている企業は1%未満なのだそうだ。そして本書は残りの99%の「利益が出ないネットショップ」の経営者らのために書かれているわけだ。
 私は「経験は最大の教師」だと思う。その観点で言えば、著者の3人は、利益が出るのは1%という世界で、現在のところ成功を収めているのだから、その言葉には有益な得難い情報が含まれているに違いない。ネットショップで利益を出したいと願う方々は、本書から何かヒントを見つけることができるだろう。

 ただ、残念なこともある。著者の方々にはもっと自分の経験を話して欲しかった。「経験は最大の教師」だと思う私は、生の経験の中にこそ重大なヒントがあると思うのだ。それなのに、書かれていることにはネットショップ一般のことや、「例えば○○を売る店なら」という架空の話が多い。
 経験から得たノウハウには、個々の事例特有のデコボコやキザキザしたものがあるはずだ。それを一般化する過程で、そうした大事なことが抜け落ちてしまう恐れは高い。カドの取れた丸っこい話は、飲み込みやすいかもしれないが、引っ掛かりがなくなってしまう。
 まぁ、機密の問題や広く受け入れられるようにという配慮があるのだろう。それでも、「こうしたらダメだったけど、こう変えたらうまく行った」という実際にあった話の方が、ためになるように思うがどうだろうか?その点で言えば、「北国から~」のチーズケーキの販売の話が終わり近くになってあるのだが、これはとても参考になった。

日本経済新聞出版社の書籍紹介ページへ

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「Eコマース成功の条件」 固定URL | 6.経済・実用書 | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ラッシュライフ

著  者:伊坂幸太郎
出版社:新潮社
出版日:2005年5月1日発行 2008年12月5日30刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 様々な文学賞を受賞し、「ゴールデンスランバー」で本屋大賞、山本周五郎賞を受賞(直木賞は選考対象となることを辞退したそうだ)した人気作家である著者の、出版作品としてはデビュー作に続く2冊目。本書は無冠だが、著者が注目されるきっかけになった作品だという。

 複雑かつ精巧に張り巡らされた伏線が著者の作品の特長なのだが、デビュー2作目の本書にして、その特長はすでに他の作家には見られないような、特異なものとなっている。ストーリーは、精神科医、泥棒、リストラされた元デザイナー、新興宗教の信者である青年、画家などを主人公とした、複数の物語が並行して進行する。
 この構成だけで伏線好きな私は、物語の絡み合いを予感してワクワクしてしまった。もちろん予感は的中し、コインロッカーのカギや犬、音楽や銃声といったアイテムを介して別々の物語がつながっていく。登場人物同士のニアミスも起きる。

 これだけでも十分にエンタテイメントな作品だが、著者はさらに様々な仕掛けを施していて、最後までそれとは分からない接点や、完全に騙すためだけの思わせぶりな構成もある。多くの読者が読み終わってから「あぁ、そうだったのかぁ」という感想を持ち、その内の何割かは、物語を正確に理解しようとバラバラのエピソードを組み立て直そうとするだろう。現に検索してみると、エピソードを時系列に並べようと試みたサイトがたくさん見つかる。

 頂点と謳っている「ゴールデンスランバー」に比べれば見劣りしてしまうのだが、そういう言い方はあまりに酷だ。伊坂作品を1冊でも読んだ方はもちろん、まだだという方にもおススメする。伊坂作品の特長が良く出ていると思う。だた1つだけ、死体に対する嫌悪感が強い方はご用心を。

 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(~2007年)」
 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(2008年~)」
 (あなたの好きな伊坂作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「伊坂幸太郎が好き!」ブログコミュニティへ
 (伊坂幸太郎さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ラッシュライフ」 固定URL | 3.ミステリー, 31.伊坂幸太郎 | コメント (8) | トラックバック (3)

2009年1月12日 (月)

容疑者Xの献身

著  者:東野圭吾
出版社:文藝春秋
出版日:2008年8月10日第1刷 2008年9月15日第5刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 オススメしてくださる方は多かったものの、今まで読む機会がなかった東野圭吾。テレビドラマに映画にと、次々と原作が映像化されていて、当代きっての売れっ子作家、という印象。中でも評判の高い(第6回本格ミステリ大賞/第134回直木賞/2006年度版「このミステリーがすごい!」の第1位など)本書を、文庫版で読んだ。

 これは、確かに面白かった。物語は、隣家で起きた殺人事件に、高校教師の石神が絡むところから始まる。彼は、天才的な数学者で、並はずれたその頭脳を使って事件の偽装を図る。そして、テレビや映画で福山雅治が演じた天才物理学者の湯川が、その事件の真相に迫る。「天才 対 天才」の対決、というわけだ。
 殺人事件の真相は最初から明らかになっているので、「犯人探し」のミステリーではない。石神が行った偽装工作という謎を湯川が解き明かしていく、「謎解き」のミステリーだ。もちろん、読者も(私も?)その謎解きに挑むことになる。

 そのために途中で、何度も何度もページを戻って読み返した。ちょっと気になる展開があると、「この話は前のあの部分と関係が...」なんて具合だったので、なかなか読み進まない。もっと純粋に物語を楽しむ読み方もあるだろうに、私は凡人の分際で天才に挑んでいたわけで、思い返せば恥ずかしい。
 こうした分をわきまえない読み方のおかげで、途中で偽装工作のあらましには考えが及んだ、と思った。しかし、その考えは的外れではないものの、著者はさらに二重三重のトリックを用意していて、結果的には私の完敗(勝手に挑んでいただけだけど)。一本負けで負けて爽快、と言う感じ。私の最初の東野圭吾体験は、実りあるものになった。

 にほんブログ村「東野圭吾」ブログコミュニティへ
 (東野圭吾さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「容疑者Xの献身」 固定URL | 3.ミステリー, 32.東野圭吾 | コメント (10) | トラックバック (4)

2009年1月 7日 (水)

マハラジャのルビー

著  者:フィリップ・プルマン 訳:山田順子
出版社:東京創元社
出版日:2007年5月30日初版
評  価:☆☆☆(説明)

 映画化された「ライラの冒険」の著者が、ライラ・シリーズに先立つ10年間(1985~1994年)に出した「サリー・ロックハートの冒険」シリーズ4部作の1作目。シリーズは、日本では2作目の「仮面の大富豪」までが出ている。「本が好き!」プロジェクトで見かけて覚えていたので読んでみた。ちなみに「ライラ」の作者だとは、表紙裏の紹介を読むまで知らなかった。

 ファンタジーかと思ったが、魔法はなし、異世界もなし。その代わり、麻薬の売買や密輸、裏切りなどが複雑に絡んだ、なかなかしっかりしたミステリーだった。主人公は、サリー・ロックハートという16歳の女性(少女というには微妙な年。しっかりしているし)。海運業者の経営者だった父を、船の事故で亡くし天涯孤独の身になった。ある日謎めいた手紙が届き、父の死には隠された秘密があるらしいことに気づく、というところから物語は滑り出すように始まる。

 登場人物が素敵だ。時代は1872年、場所は英国、ビクトリア朝のロンドン。主人公サリーは会社経営者の娘らしく「お嬢様」なのだが、父親が娘が好きに学習するに任せた結果、英文学、歴史、美術、音楽などのお嬢様らしいたしなみは皆無だ。その代り、軍の作戦、簿記、株式市場の動き、と実用性が抜群の知識を持っている。実際、これらの知識がサリーに仲間を作り、その身を助けることになる。
 そのサリーの仲間たちも実に魅力的だ。写真家のフレデリックと、その姉で女優のローザ。サリーは2人が居る写真館に身を寄せることになるのだが、住人が増えることにも、サリーが写真館の経営に口出しすることにもイヤな顔ひとつ見せない。それどころか、その才能を高く買って采配を任せ、自分たちはサリーが抱える問題の解決のため、その身の危険を顧みず協力するのだ。
 特に、ローザは飛びきりの美人だと言うし、そのきっぷの良さも気に入った。第2作は、これから6年後の設定だそうだけれど、彼女は登場するのだろうか?

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「マハラジャのルビー」 固定URL | 3.ミステリー, 38.フィリップ・プルマン | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年1月 4日 (日)

別冊 図書館戦争2

著  者:有川浩
出版社:アスキー・メディアワークス
出版日:2008年8月9日初版発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「図書館戦争」シリーズの登場人物の誰かを主人公に据えた「別冊」シリーズの第2弾。それで、今回は誰が主人公かと言うと、大方の予想通り「柴崎&手塚」のカップルです。「別冊1」でも特に進展がなかったので、次に誰を書くかとなればこの2人しかないでしょう。

 今回は、ベタ甘ではない。「堂上&郁」の戦闘形バカップルは、ベッドへの「投げっぱなしジャーマン」という変わった愛情表現を見せて、相変わらず甘々なのだが、主人公2人(特に柴崎)は「甘えたら負け」だとばかりに、どこまでもクールだからだ。
 甘いどころか、今回のストーリーはビターです、ダークです。激甘の前作の続きで甘いと思って食べてみたら苦い。カカオ90%のチョコレートのようだ。苦くてもチョコだし「好き」って言う人もいる。この話も苦いけれどイイ話になっている。苦さの向こう側でやっとあの2人は、お互いを想う気持ちを確かめ合うことができた。
 そしてダークさで言えば、図書館内乱での郁の査問会の時以上の暗~い展開。第一稿を読んだ著者の旦那さんが「後味があまりににも気持ち悪くて..」とおっしゃったという。確かに、こんな「悪意」はこのシリーズではあまりお目にかからなかった。(その後、旦那さんの感想が生かされたので、これから読む方は「後味」のことは心配しないで読んでも大丈夫。)

 本書にはもう1つ別の物語が収められている。図書特殊部隊の緒方副隊長の恋物語だ。扉前の登場人物紹介にも出ていない、マイナーキャラが主人公として登場。でも、私はこの話がすごく好きだ。☆4つの4つ目は、この話のための星だ。それは、求めあったり、ぶつかりあったりしない恋愛の形に心が落ち着くからかもしれない。または、私が緒方と歳が近いせいかもしれない。大人の恋心もイイものだ。
 大人の恋心と言えば、玄田隊長と折口さんの話も読みたい。「別冊」もこれにて幕引きらしいが、有川さん、そんなこと言わずにもう1冊書いてもらえないだろうか?

 にほんブログ村「有川浩」ブログコミュニティへ
 (有川浩さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「別冊 図書館戦争2」 固定URL | 2.小説, 22.有川浩 | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます。

 皆さん、あけましておめでとうございます。

 昨年は、ブログを通じての交流に目覚めてしまい、同じ本を最近読んだ方を見つけてはコメントを送っていました。その結果ということになるのでしょうが、このブログを訪れてくださる方、コメントを残してくださる方が増えて、大変うれしいです。数えてみると、昨年は102冊の本をここで紹介しました。一昨年と比べると何と倍以上です(一昨年は43冊)。

 昨年のあいさつでも同じことを書きましたが、一晩で読む本もあれば、1ヶ月以上かかる本もあり、それぞれの本にそれぞれの読み方があるので、何冊読んだかという数そのものには、強いこだわりはありません。
 しかし昨年は、「このブログに記事を投稿して、早く皆さんに見てもらいたい」と思って読んでいたことは確かで、そのことが結果的に冊数を押し上げていると思います。本を読んだから投稿しているのか、投稿するために本を読んでいるのか、正直わからなくなっていた時期もあります(笑)。今は、また自分のペースで読めるようになりましたが。

 それから、昨年に強く感じたことがあります。このブログを通じて、たくさんの人に色々なことを教えてもらっている、ということです。昨年末に「今年読んだ本ベスト10」を発表したのですが、どなたかにオススメいただいた本が多く入っていました。
 個々の方にお礼を申し上げる機会をのがしてしまったので、失礼ながらここでまとめて御礼いたします。「良い本との出会いに導いてくださって、ありがとうございました。」

 それでは、今年が、皆さんにとって良い年でありますように。

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「あけましておめでとうございます。」 固定URL | | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »