« スカイ・イクリプス | トップページ | 崖の国物語9 大飛空船団の壊滅 »

2008年10月 7日 (火)

お客をつかむウェブ心理学

著  者:川島康平
出版社:同文館出版
出版日:2008年7月25日初版
評  価:☆☆☆(説明)

 「本が好き!」プロジェクトで献本いただきました。感謝。

 本書は、「ウェブ商人」を名乗る著者が、モノを売るウェブサイトの工夫の数々を紹介したものだ。「ハロー効果」「ザイオンス効果」などの、50個の心理学の知見を巧みに活用して、お客の心理を読んで「注文」ボタンを押させるテクニックが満載だ。
 50個の心理学用語がそれぞれ4ページの章建てになっていて、全部の章で、事例を交えた用語の解説と、それをウェブに落とし込む方法の例示、という同じ構成になっている。何ともまじめで親切な本だ。読みやすさの点からも評価できる。

 例えば「バンドワゴン効果」。これは、行列ができているお店に人気が集まるように、多くの人に支持されている(と感じる)ものに惹かれる現象のこと。バンドワゴンとは、パレードの先頭を行く楽隊車のことだ。
 これをウェブに落とし込むと、セミナーの告知広告なら、講師のアップの写真だけでなく、過去のセミナーの参加者の後頭部がたくさん写っている写真を載せる、となる。「こんなにたくさん人が来ているのなら、いいセミナーなんだろう」と、思ってもらえることを狙っているわけだ。
 別に取り立てて目新しいことはないように思うかもしれない。しかし、レストランのウェブサイトなどを見たらどうだろう?きれいな(無人の)店内の写真が載ってはいないだろうか?「静かで落ち着いた雰囲気」が売りならそれも良いが、そうでなければ賑わいのある写真が1枚あってもいいように思う。
 ちなみにレストランでは、客の入りの少ない時間帯は、窓際に案内することが多い。客が誰もいないと入りにくいから、というのが理由らしい。「バンドワゴン効果」という用語を知らなくても、レストランは本業ではそういったことを知っているのだ。

 敢えていくつか気になったことを言わせてもらう。1つは些細なことだが「サブリミナル効果」の紹介が不十分なこと。「アメリカの映画館で実際にあった有名な話」として、(確かに有名なコーラとポップコーンの)エピソードが紹介されている。しかしこの実験は後に、実験者自身がデータが不十分だったと告白しているので、実際にあった、と言い切るのはどうかと思う。まぁ、その後の解説には影響しないのだけれど。
 もう1つは、「ウソ」に対する許容度が、私とは少し違うと感じること。コミュニティサイトへお客のフリをして書き込むとか、玄米の紹介で(事実のあるなしは関係なく)「健康診断で医者に良いと言われた」と書いた方が効果的だとか。私はこれらはウソ、不誠実だと感じる。
 著者がいる「売れてなんぼ」の世界では許容範囲なのだろう。こんなことを言う私が甘チャンなのかもしれない。もう一つ言えば、この本の基ネタはセミナーらしい。口頭で言われる分には、私も抵抗なかったかもしれない。
 しかし、50個の用語が全部とは言わないが、相当数は役に立つし、ウェブサイト以外でも応用可能だ。だから基本的にはオススメの本だ。おいしい魚を食べていたら、小骨がノドに刺さったようなモノ。魚のおいしさが変わるわけではない。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「お客をつかむウェブ心理学」 固定URL | 6.経済・実用書

« スカイ・イクリプス | トップページ | 崖の国物語9 大飛空船団の壊滅 »

6.経済・実用書」カテゴリの記事

コメント

ネットショップを手伝っている私としては、この本はぜひとも読みたいですね。
ありがとうございます、探してみます^^

追記。ナ・バ・デア、やっとゲッツしました^^
ティーチャー 好きなんです(笑

投稿: ぷぅちゃん☆ | 2008年10月12日 (日) 17時27分

YO-SHI様、はじめまして。ビジネス太郎と申します。
「おいしい魚を食べていたら、小骨がノドに刺さったようなモノ。魚のおいしさが変わるわけではない。」表現が見事ですね。
顔を合わせないウェブの世界にも心理学が働くって、なんか面白いです。
また訪問させていただきます。

投稿: ビジネス書を読んで、成功しよう。 | 2008年10月12日 (日) 21時52分

ぷぅちゃん☆さんコメントありがとうございました。

ネットショップを手伝ってらっしゃるんですね。
でしたら、この本は参考になると思います。
まぁ「ちょっとしたアイデアが50個も書いてあるので、そのうちの
何個かは役に立つでしょう」というぐらいの期待で読んでもらうのが
ちょうどいいと思いますが。

「ナ・バ・テア」ゲット、おめでとうございます。
ティーチャ、カッコいいですよ。カッコいいのは大人ですよ、やっぱり。

----

ビジネス書を読んで、成功しよう。 さん、コメントありがとうございます。

パソコンに向かう時はひとり、ということが多いと思いますが、
集団心理が働くのですから面白いですよね。

ブログも拝見しました。ビジネス書をあのペースで読まれるとはスゴイ
ですね。私は、1冊読むとやるべきことがいっぱいあるように感じて
かえってヘコむことがあります。
我ながら後ろ向きです。そんなんじゃ、2000%成功しないですね。
 

投稿: YO-SHI | 2008年10月13日 (月) 17時26分

なるほど。。。
ぜひ読んでみたいと思いました。
良記事、ありがとうございました。

投稿: 転職コンサルタント | 2008年10月14日 (火) 19時23分

転職コンサルタントさん、コメントありがとうございます。

真面目なつくりの良い本だと思います。
興味を持っていただいたようなので、是非読んでみてください。
感想などを聞かせていただけるとうれしいです。
 

投稿: YO-SHI | 2008年10月15日 (水) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/42715568

この記事へのトラックバック一覧です: お客をつかむウェブ心理学:

» お客をつかむウェブ心理学 (DO BOOKS) [書評リンク]
書評リンク - お客をつかむウェブ心理学 (DO BOOKS) [続きを読む]

受信: 2008年10月 8日 (水) 19時30分

« スカイ・イクリプス | トップページ | 崖の国物語9 大飛空船団の壊滅 »