« フラッタ・リンツ・ライフ | トップページ | 光の帝国 常野物語 »

2008年9月14日 (日)

魔法!魔法!魔法!

著  者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 訳:野口絵美
出版社:徳間書店
出版日:2007年12月31日初版
評  価:☆☆☆(説明)

 ジョーンズの短編集。10ページから50ページぐらいまでの短編18編が収められている。ジョーンズ短編は珍しい。国内ではもう1冊、クレストマンシーシリーズの外伝「魔法がいっぱい」が出ているくらいではないか?

 18編もあるので、正直に言って面白くないものや退屈なものもあった。楽しめたものをいくつか紹介する。
 まずは、一番最初の「ビー叔母さんとお出かけ」。ビー叔母さんは、車で送って欲しい時には「わざわざ車で送ってくれなくてもいいのよ」と言う(ジョーンズの他の作品にもこんなおばさんが登場する。モデルがいるのではないかと思う)。自分中心の行いが災いして、周り中に迷惑を撒き散らして、何故かロンドンからバハマに言ってしまう。そこから電話をかけていった一言とは...」
 そして、最後の「ちびネコ姫トゥーランドット」。トゥーランドットとは、オペラに登場する姫の名前にちなんで、ネコに付けた名前。白、黒、銀、茶、赤...と色んな色の斑点がある猫で「ドット(点)」という名前になりそうなところ、それではつまらないというので「トゥーラン「ドット」」。なんとダジャレだ。このトゥーランドットたち7匹のネコと魔物の対決のお話だ。

 収録された多くの作品に共通して登場するのは、とてつもなくイヤな人。自分勝手で傲慢、他人に指図ばかりしているような人(ビー叔母さんのように?)。そんな人が、自分の家にやってくる。一緒に暮らさないといけない..。そんな、状況でたくましく立ち向かう子どもたちの話がたくさん読める。

 それから「面白くない話もある」と上に書いたが、ちょっと見方を変えると、そういう作品でも興味深くもある。収録されている短編の中には、SFやホラー、民話っぽいものから自叙伝まで、普段のファンタジーとはかなり色合いが違った作品が結構な数ある。
 もし、ジョーンズがSFを書いたら?ホラーを書いたら?という想像は楽しいかもしれない。結果の良し悪しはどうであれ、本書ではそれを読むことができる。私は、SFっぽい作品に星新一さんのショーショートに通じるオチを発見して、大いに楽しんだ。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「魔法!魔法!魔法!」 固定URL | 1.ファンタジー, 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

« フラッタ・リンツ・ライフ | トップページ | 光の帝国 常野物語 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/42473609

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法!魔法!魔法!:

» 魔法!魔法!魔法!―ダイアナ・ウィン・ジョーンズ短編集 [書評リンク]
書評リンク - 魔法!魔法!魔法!―ダイアナ・ウィン・ジョーンズ短編集 [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 09時28分

« フラッタ・リンツ・ライフ | トップページ | 光の帝国 常野物語 »