« ウェブ時代をゆく -いかに働き、いかに学ぶか | トップページ | 夜をゆく飛行機 »

2008年8月26日 (火)

チョコレートコスモス

著  者:恩田陸
出版社:毎日新聞社
出版日:2006年3月20日発行
評  価:☆☆☆☆☆(説明)

 これは、面白かった。著者の本はこれで3冊目。人気作家であることも知っているし、この前に読んだ「ドミノ」がとても面白かったので、他の本も..と思ったけれど、ホラー系は苦手なもので、どの作品を読むかずっと逡巡していた。
 本書の表紙を見て「ドミノ」と同じようなテイストを感じて手に取った。でも帯には「そっち側へ行ったら、二度と引き返せない」なんて書いてあるし、表紙だって良く見直したらガイコツだ。ちょっとためらったが、読むことにした。結果的に正解。読んで良かった。こんな面白い本を2年半も放っておいたことがくやしいぐらいだ。

 今回は演劇界の話。役者や作家、監督、プロデューサーなど、舞台に関わる人たちがそれぞれ懸命に生きている世界。そして主人公は、その世界の底辺?に位置する、まだ公演経験もない学生劇団に、新しく入った大学1年生の女子、飛鳥。
 彼女の目線で語られる部分はほんの僅かだし、彼女に絡んでくる女優の響子の方が、その心理が物語のタテ糸として機能しているので、飛鳥を主人公とは言わないのかもしれない。しかし、飛鳥なくしてはこの物語は展開しないし、そもそも始まりさえしなかった。

 飛鳥は、演技の経験が学芸会ぐらいしかないにも関わらず、その卓越した演技で劇団の先輩を驚愕させただけでなく、作家やプロデューサーらプロの度肝をも抜く。どのような演技かは、簡単に紹介できるものではないので、本書を読んでもらうしかない。その場に居合わせた登場人物たちと同じように、読んでいて私も震えが来た。これは、物語に入り込んでしまっていることの証とも言える。もちろん著者の筆力のなせる技だ。
 しかし、私がそれ以上にスゴいと思ったのは、著者のアイデアの豊富さだ。何度もオーディションのシーンがあり、それぞれに難題とも言える課題が課せられる。主人公の飛鳥だけでなく、何人もがそれに挑戦するのだが「そんなやり方があったか」という解答をそれぞれが演じてみせる。当たり前だが、この解答はすべて著者の頭から生まれたもの。恐るべき発想力だ。
 物語のタテ糸を構成する、響子の心理も見もの。オススメの1冊だ。

 にほんブログ村「恩田陸」ブログコミュニティへ
 (恩田陸さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「チョコレートコスモス」 固定URL | 2.小説, 24.恩田陸

« ウェブ時代をゆく -いかに働き、いかに学ぶか | トップページ | 夜をゆく飛行機 »

2.小説」カテゴリの記事

24.恩田陸」カテゴリの記事

コメント

恩田陸さん、しばらく前に数冊読んだきりで、
久しぶりに何か読んでみようかと思いました。
私は「ホラーっぽい」くらいが好きです。笑
(純ホラーには手を出したことがないです^^;)

今まで読んだ中では『ライオンハート』が好きです。
『光の帝国』は、暖かい、懐かしいような感じでお勧めです。
(どっちもホラー系ではありません。)

投稿: liquidfish | 2008年8月26日 (火) 17時34分

liquidfishさん、コメントありがとうございます。

「ホラーっぽい」のが好きな人って結構いるんですね。
「ライオンハート」と「光の帝国」ですね。
では、次の恩田作品はこのうちのどちらかにします。
 

投稿: YO-SHI | 2008年8月27日 (水) 15時12分

お邪魔しま~す^^
格調高き数々の書評を楽しませてもらいました。
言葉が的確でとてもわかりやすい!です。
恩田陸の本はあまり好きな感じではなかったのですが、この「チョコレートコスモス」の記事読んで、ぜひ読んでみよーと思いました。
また遊びにきます。よろしく~

投稿: るるる☆ | 2008年9月 9日 (火) 21時57分

るるる☆さん、コメントありがとうございます。

「言葉が的確でとてもわかりやすい」なんて、
私が一番喜ぶほめ方を的確にしていただいて、
とてもうれしいです。
記事の一つ一つにすごく時間がかかってるんです。
ちょうどイイ言葉がなかなか見つからなくて。

「チョコレートコスモス」楽しんでいただけると
思いますよ。最近の私のイチオシの本ですから。
 

投稿: YO-SHI | 2008年9月10日 (水) 18時03分

おはようございます。
ようやく私も読了しました。

>こんな面白い本を2年半も放っておいたことがくやしいぐらいだ。
すごくよくわかります。
私も、もっと早く、高校時代に読みたかった、この本。
って強く思ったので。
すごくいい本ですよね。
読んでよかったー。と思いました。

ホラー系、私も苦手なんですけど・・・・。
ちょっと、読んでみようかと最近思いはじめました。
しばらくは、恩田作品を読むのが続きそうです。

投稿: こもも | 2008年9月20日 (土) 07時47分

こももさん、コメントありがとうございました。

楽しんでいただいたようで、私もなんだか嬉しいです。
こももさんのブログの感想も拝見しました。
演劇部にいらっしゃたそうですね。

役者を目指す劇団の皆さんなんかは、この本に
どういった感想を持たれるんでしょうねぇ?
 

投稿: YO-SHI | 2008年9月20日 (土) 23時52分

YO-SHIさん、こんばんは。
先日頂いたコメントで、この本がYO-SHIさんの昨年のランキング2位、
と知り、すごく興味をひかれて読みました^^

ぐいぐい引っ張られるように最後まで読みました。
引力というか、力を感じる小説だったと思います。

先日の「夢をかなえるゾウ」の時もそうだったのですが、どうも
エキサイト・ブログからだと上手くTBが送れないようで・・・。
トライしてみたのですが、ダメみたいで残念です。

教えて下さってどうもありがとうございました<(_ _)>

投稿: lazyMiki | 2009年7月22日 (水) 23時25分

lazyMikiさん、コメントありがとうございました。

ブログの記事も拝見しました。楽しんでいただけたようで
私もうれしいです。
そう、力を感じる物語でした。小説だから言葉だけなのに
その舞台が見えるような、不思議な経験でした。

TBの件、私も残念です。何か相性みたいなものがあるん
でしょうか。期待薄ですが、ココログのサポートに連絡
してみました。
 

投稿: YO-SHI | 2009年7月23日 (木) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/42281529

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートコスモス:

» チョコレートコスモス [書評リンク]
書評リンク - チョコレートコスモス [続きを読む]

受信: 2008年9月 5日 (金) 20時41分

« ウェブ時代をゆく -いかに働き、いかに学ぶか | トップページ | 夜をゆく飛行機 »