« 生物と無生物のあいだ | トップページ | ももいろの童話集 »

2008年8月 8日 (金)

西の魔女が死んだ

著  者:梨木香歩
出版社:新潮社
出版日:2001年8月1日発行 2008年2月25日第51刷
評  価:☆☆☆(説明)

 「家守綺譚 」の著者による100万部超の大ベストセラー、「渡りの一日」という後日談の短編を収録した文庫版で読んだ。2008年6月には映画が公開されている。

 本書の背景に流れる時間も、「家守綺譚」と同じく現在とは違う。いや「時代」としての「現在」ではなくて、便利なものに囲まれて暮らしている「生活」としての「現在」とは違う、という意味だ。
 飼っている鶏の卵を採って朝食に食べ、大物の洗濯はタライを使って足で踏む。そんな生活は、日本ではいつごろまで普通に見られたのだろう。私には小さい頃に田舎に行って、そんな光景を見たかすかな記憶しかない。それが、そこでは普通のことだったのかどうかも分からない。

 物語は、学校へ行けなくなった中学生の少女 まい が、母方の祖母との素朴で平和な暮らしのなかで、心の健康を取り戻していく過程を描いたもの。祖母は英国人、祖父は日本人でまいが小さいころに亡くなっている。
 「西の魔女」とは、この英国人の祖母のことだ。自分の家系は魔女の家系で、自分の祖母(つまり、まいの高祖母)は、予知能力があったという話をまいに聞かせている。そして、自分も魔女になれるかというまいに、魔女修行を勧める。
 しかし、祖母が言う魔女とは、魔法使いのことではなく、自然から得た知恵を活かして、身体を癒したり、困難をかわしたり、耐え抜く力を持った者のこと。そして、ここがこの本の主題だと思うが「外からの刺激にいたずらに反応しないこと」、つまり、自分で考え判断することができる者が上等の魔女だと言う。

 長く読まれている話だけあって、良いお話だ。色々なメッセージも伝わってくる。子どもには子どもの、大人には大人の読み方があって、世代を越えて読める。「大人の読み方」ということになるだろうか、私には、まいの父と隣家のゲンジが、何かを象徴しているようで気にかかった。
 良い人であるが、ものの表層だけで本質を見ない父。品性を学ばないで年をとってしまい、悪い人ではないのだが、まいにとっては汚れた大人にしか見えないゲンジ。祖母が言う上等の魔女とは対極にある人物像だ。自戒をこめて言うが、こういう大人が実は多い。

 本書の本筋からはズレてしまうが、感じたことを1つ。まいが学校へ行けなくなった理由はいじめだ。女子のグループ作りがなんとなくあさましく感じて、そういうことをしなかっただけのために、クラスの女子全員を敵に回してしまったのだ。
 こういったことは人の性として直しようがないのかと、暗くなってしまった。本書が単行本で出版されたのは1994年だ。それから十数年経ったが、何かが良くなったという話は聞かない。

 にほんブログ村「読書感想文」ブログコミュニティへ
 (読書感想文についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「西の魔女が死んだ」 固定URL | 2.小説, 25.梨木香歩

« 生物と無生物のあいだ | トップページ | ももいろの童話集 »

2.小説」カテゴリの記事

25.梨木香歩」カテゴリの記事

コメント

本のタイトルも、映画化されたのも知ってはいたのですが、そんな前(1994)だったとは・・
日常生活にまぎれてなかなか読みきれていませんが、そのうち必ず読みたいと思います。

投稿: ぷぅちゃん☆ | 2008年8月15日 (金) 23時00分

ぷぅちゃん☆さん、コメントありがとうございます。

出版されたのは、十年以上前なんですね。私も意外でした。
長く今でも良く売れている本だそうなので、紹介される機会も
多いようです。
活中のぷうちゃん☆さんとしては、今でなくてもいつかは
読む価値はあると思いますよ。

投稿: YO-SHI | 2008年8月16日 (土) 17時33分

haruと言います。コメントありがとうございました。

作中のゲンジさんについて、彼は何を象徴をしているのかしらともやもやしていました。「品性を学ばないで年をとってしまい、悪い人ではないのだが、まいにとっては汚れた大人にしか見えないゲンジ。」・・・すっきりしました。こちらを読ませていただいて良かった。

まいが、鶏を襲った動物について疑う場面がありました。また、「お気に入りの場所」を浸食されてしまうと疑った場面も。そして、そんなまいに言ったおばあちゃんの言葉。

外からの刺激だけでなく、自分から発せられる不確かな声にも揺らいではいけないのですね。
今、YO-SHIさんの記事を見て、そんなことを改めて感じました。

投稿: haru | 2008年8月22日 (金) 21時32分

haruさん、コメントありがとうございました。

ゲンジのことは、読んでいる間中、気になっていました。
美しい物語の中の汚点というか、調和を乱しているというか
とにかく、あって欲しくない異物でした。

それで、改めて考え直して思い至ったのが、おばあちゃん
以外の大人は、それぞれ大人の何かを象徴しているのでは
ないか?ということだったのです。まいの母親も含めて。
それで、ゲンジはあのように表現してみました。

投稿: YO-SHI | 2008年8月24日 (日) 11時29分

こんにちは☆
はじめまして。ゆず。です。
先日はコメントありがとうございましたm(_ _)m
読書ブログをされているとあったので、
早速遊びに来てしまいました(笑)

YO-SHIさんの感想ってとても深くて、
なるほどーって思う事が多いです^^
私はどちらかと言うと感情的に感想を書く事が多いので。
勉強になります☆

それにしても色々なジャンルの本を読まれているのですね!
そちらもまた参考にさせて戴きます☆

投稿: ゆず。 | 2008年8月28日 (木) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/42105055

この記事へのトラックバック一覧です: 西の魔女が死んだ:

» 中国人にエアコンを売れ! [書評リンク]
書評リンク - 中国人にエアコンを売れ! [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 18時04分

» 西の魔女が死んだ (新潮文庫) [書評リンク]
書評リンク - 西の魔女が死んだ (新潮文庫) [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 20時15分

» 西の魔女が死んだ / 梨木香歩 [たかこの記憶領域]
西の魔女が死んだ (新潮文庫)梨木 香歩新潮社 2001-07売り上げランキング : 16おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools やっぱり最後の3ページで泣きました。 タイトルの西の魔女とは、主人公まいのおばあちゃんのこと。登校拒否になったまいは、祖母の家で暮らす...... [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 13時58分

« 生物と無生物のあいだ | トップページ | ももいろの童話集 »