« 九年目の魔法(上)(下) | トップページ | 36倍売れた! 仕組み思考術 »

2008年7月 9日 (水)

あなたの余命教えます

著  者:幸田真音
出版社:講談社
出版日:2008年3月24日
評  価:☆☆☆(説明)

 自分の余命が正確に分かるとしたら、それを知りたいと思いますか?
 本書の主人公の永関恭次は知りたい思った、それが物語の始まり。電機メーカーに勤める部長代理、年齢は56歳、家族は妻と大学生の娘。高校時代の同級生の訃報を受けたことをきっかけに、自分はあと何年生きるのだろうか?それが分かれば生き方も変わるかもしれない...という思いを抱いた時に、余命を高精度で診断する会社に遭遇したわけだ。

 あなたの余命..というタイトルだが、何も余命が気になるのは自分のとは限らない。介護が必要な家族を抱えている場合とか、遺産目当てに年寄りと結婚したとかで、近しい人の余命が分かれば、と思うことがあるだろう。本書の他の登場人物たちは、様々な理由で自分以外の余命を知ろうと余命診断を申し込んだ人々。
 人の生き死にのことだから、どんな理由であろうと、他人の余命を知りたいと思うこと自体が不謹慎だとマユをひそめる向きもあろう。登場人物たちもそのような後ろめたさを持っている。余命診断の説明会で出会った主人公を含む4組5人の男女は、その後ろめたさからか奇妙な連帯感を持ち、メールアドレスや電話番号を交換し(名前は偽名を名乗って)、連絡を取り合うことになった。

 物語は、他の人々の事情に振り回される永関の様子が健気(56歳のおっさんには似合わない言葉だけど)で、声援を送りたくなる。なぜか、全員から相談を受けることになる。人から悩みや相談ごとを打ち明けられるのは久しぶりだ、などと言っていて、ちょっと嬉しくてはりきってしまっている。おまけに、その内の一人の17歳年下の美女とは、親密な関係になりそうな予感までして。
 読み終わって思うのは、「余命を知る」ということが、想像以上に感情を揺さぶるということだ。自分の余命はもちろん、他人のものであっても。予想に反した結果が出た時はもちろん、特に予想をしていなかった場合でさえ、受け取った結果に狼狽している。やはり、生き死にを知るのは、我々には荷が重すぎるのだ。

 人の死を扱っているのだけれど、ウツウツとした感じはしない。ヒドイ悪人も登場しないし、ちょっとホロリとさせる場面もあるし、軽めの読書にもオススメ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「あなたの余命教えます」 固定URL | 2.小説

« 九年目の魔法(上)(下) | トップページ | 36倍売れた! 仕組み思考術 »

2.小説」カテゴリの記事

コメント

ブログにご訪問有り難うございました。
テンポのいい小説ですよね。ラストでもうちょっと謎が明かされると、すっきり納得できるかな、とは思いましたが。

個人的に最近では「無言の旅人」がおススメ。重いテーマですが、誠実さが感じられますよ。

投稿: COCO2 | 2008年7月 9日 (水) 22時04分

COCO2さん、コメントありがとうございました。

「無言の旅人」。尊厳死をテーマにした小説ですね。
確かに重そうですね。でも、重くてもOKです。
オススメいただきありがとうございます。読んでみます。

投稿: YO-SHI | 2008年7月 9日 (水) 23時33分

こんばんは。
お久しぶりです♪

最近こういう本に惹かれるんですよね~。
小説一本だったのが、みなさまの書評に影響され・・・。
新たな発見も多く、読書の幅を広げてくださったことに感謝しています。

またお邪魔します^^

投稿: ゆん | 2008年7月11日 (金) 20時01分

ゆんさん、コメントありがとうございます。
お久しぶりです。書評ブログ再開ですね。
私も、ゆんさんの書評には良い影響をもらってますし、楽しみにしていますよ。

投稿: YO-SHI | 2008年7月12日 (土) 09時08分

コメントありがとうございました。
余命…知りたいような知りたくないような。
知るまでは知りたいと思い、知ると、知りたくなかった、と思いそうですね。

投稿: 濫読ひで | 2008年7月12日 (土) 11時59分

濫読ひでさん、コメントありがとうございます。

知るまでは知りたい、知ると知りたくなかった。
その通りですね。そういうこと、案外多いのかもしれません。
余命は、その中でも最たるものですね。

投稿: YO-SHI | 2008年7月12日 (土) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/41784452

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの余命教えます:

» あなたの余命教えます<幸田真音>−(本:2008年97冊目)− [デコ親父はいつも減量中]
あなたの余命教えます 出版社: 講談社 (2008/03) ISBN-10: 4062145421 評価:68点 刺激的な題名の割にはさらりとよめる内容で、夕食後に読み始め、風呂につかりながら読み続け、さらには洗い場に座り込んで読了。 あまりリアリティがないのと、いつもの幸田作品の...... [続きを読む]

受信: 2008年7月28日 (月) 00時46分

« 九年目の魔法(上)(下) | トップページ | 36倍売れた! 仕組み思考術 »