« 銀竜の騎士団 大魔法使いとゴブリン王 | トップページ | 「本屋さんへ行こう!」に掲載されました。 »

2008年7月 2日 (水)

レイン・レインボウ

著  者:加納朋子
出版社:集英社
出版日:2003年11月30日
評  価:☆☆☆☆(説明)

 「ななつのこ」で、鮎川哲也賞を受賞してデビューした著者の連作短編集。「ななつのこ」と同じように独立した短編がリレーのようにつながり、1つのストーリーを紡ぎだしていく。「ななつのこ」よりも、全編を通したストーリーが大きくしっかりとした太い流れになっている。連作短編集という、著者のスタイルが確立されてきたということなのだろう。とても面白く読んだ。

 ストーリーは、高校のソフトボール部のOGの死から始まる。
 その葬式に7年ぶりにかつての部員たちが集まる。その後は1編ずつ、1人ずつそれぞれを主人公とした、それぞれの生活が描かれる。何気ない生活の中のちょっとした事件を描くのに、著者は長けているので、1つ1つが短編として面白い。だから、最初の葬式は人物紹介の代わりかと思って、短編と短編のつながりをあまり意識しないでいた。
 しかし、読み進めるに従って、ある短編から別の短編へと、細いつながりがあることに気付いた。物語は何かに向かって進んでいることが分かる。何に向かって進んでいるのかは、何が起きているのかが明らかになる最後まで分からないが、とても大きな流れを感じることができる。素晴らしい構想力だと思う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「レイン・レインボウ」 固定URL | 3.ミステリー, 34.加納朋子

« 銀竜の騎士団 大魔法使いとゴブリン王 | トップページ | 「本屋さんへ行こう!」に掲載されました。 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

34.加納朋子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48462781

この記事へのトラックバック一覧です: レイン・レインボウ:

« 銀竜の騎士団 大魔法使いとゴブリン王 | トップページ | 「本屋さんへ行こう!」に掲載されました。 »