« ワーキングプア 日本を蝕む病 | トップページ | 「本が好き!」プロジェクトへの参加 »

2008年6月25日 (水)

スカイ・クロラ

著  者:森 博嗣
出版社:中央公論新社
出版日:2001年6月25日初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 人気ミステリー作家による近未来小説。5巻と番外編の1巻からなるシリーズの1作目。8月に押井守監督で映画が公開されるそうだ。と、このように書いたけれど、これらはすべて後知恵として仕入れたもので、この記事を書くためにネット検索していて知った。
 この本を読んだ直接のきっかけは、写真ブログをやっていらっしゃるliquidfishさんに薦められたから。著者の本を2冊読んだのだけれど、今一つピンとこないでいたところ、「スカイ・クロラ」シリーズがおすすめ、というコメントをいただいたんです。

 そして本書は、不思議な魅力に満ちた本だった。フワフワとした不安定な浮遊感が全編を通じて漂っていて、それでいていつか重大なことが起きるのではないかという、張りつめた感じがあって、それが物語を引っ張る。
 読み終わって振り返ると、不安定な浮遊感は、この物語世界の設定が明らかにされないまま、様々な出来事に付き合わされるからだ。そして、読み終わっても完全には明らかになってはいない。張りつめた感じは、主人公たちが抱えている宿命の行き止まり感、あるいは逆にゴールが見えない焦燥感が伝わってくるのだと思う。

 物語の舞台は、おそらく近未来の日本、戦争中だ。おそらくと書いたのは、人物の名前が日本名なのだが、充てられる漢字がちょっと変。地名も戦闘機の名前も漢字なんだけれど、どれも標準的な感覚(そういうものがあれば、だけど)から微妙にズレている。こういったことも不安定感を醸し出す装置になっているように思う。
 ストーリーは、ある基地に配属された優秀なエースパイロットである主人公カンナミが、何回かの出撃を繰り返しながら、基地や周辺の人々との関わりを深めていく。彼らの何人かはある宿命を背負っている。彼ら自身はその宿命のことを知っているのだが、読者には終盤まで伏せられている。

 本書を読み終わっても、設定の不透明さが明らかにならないのは、本書が5部作の1冊目だからだろう。まだ物語は2割しか語られていない。しかも、時間的には5部作の最後にあたるらしい。巧いというか、ミステリー作家らしいというか、技巧的というのか。
 こういう場合は、気になる人は2作目を読むしかない。読めば、1作目より良くわかり、良く楽しめそうな期待があるから。著者の術中にはまるのを承知で。

 最後に映画化について。単行本の美しい装丁もそうだが、物語もとても映像的だ。戦闘機乗りが主人公だから、空のシーンが何度もあるが、空から見た地上や、空中戦などの描写が絵のようだ。映画にしたいと思ったヒトがいるのは必然だろう。
 そして、押井守監督で映画化というのも、もしかしたら必然なのかも。押井監督のアニメ作品と相通じるものを感じる。草薙水素という本書の準主人公の名前も、攻殻機動隊の主人公の名前と酷似しているし。

 にほんブログ村「森博嗣ワールド 」ブログコミュニティへ
 (森博嗣さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「スカイ・クロラ」 固定URL | 3.ミステリー, 33.森博嗣

« ワーキングプア 日本を蝕む病 | トップページ | 「本が好き!」プロジェクトへの参加 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

33.森博嗣」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。こちらのブログは、普段僕があまり読まないタイプの本が紹介されているので、時々勝手に参考にさせて頂いてます。

森博嗣いいですよね。特にスカイクロラシリーズは、淡々とした口調で鋭い言葉が語られているので大好きです。
ただ、比喩が……。
時々挿入されている、村上春樹的な(?)比喩が物語のリズムを台無しにしてしまっている気がして、その点は残念です。


最近僕も書評ブログ始めたので、もしよければ相互リンクご検討下さい。

投稿: myshkin | 2008年12月24日 (水) 15時06分

myshkinさん、コメントありがとうございます。

「村上春樹的な比喩」ですか。なんとなく分かります。
普通に「青い」言えばいいところを、わざわざその場とは
関係のない何かの青にたとえてしまうような感じですかね。

右下の「リンクリスト」にmyshkinさんのブログを
加えました。ただ、タイトルが収まらなかったので
省略形にしてしまいました。悪しからずご了承ください。
 

投稿: YO-SHI | 2008年12月24日 (水) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48462398

この記事へのトラックバック一覧です: スカイ・クロラ:

» スカイ・クロラ [読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)]
 今日紹介する「スカイ・クロラ」(森博嗣:中央公論新社)というのは、ちょっと変わった小説のようである。このシリーズは、全五巻であり、本作品は、その第一作目だ。しかし、時間的な流れから言えば、この作品は、最終章に当たるとのことである。すなわち、しょっぱな...... [続きを読む]

受信: 2008年6月26日 (木) 21時48分

» 『スカイ・クロラ』新予告 [ファルコングラフィック CG情報リンク!!]
『スカイ・クロラ』の新予告です。... [続きを読む]

受信: 2008年6月28日 (土) 03時28分

« ワーキングプア 日本を蝕む病 | トップページ | 「本が好き!」プロジェクトへの参加 »