« ビーケーワンでオススメ書評に選ばれました | トップページ | 阪急電車 »

2008年5月14日 (水)

バウンダーズ この世で最も邪悪なゲーム

著  者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 訳:和泉裕子
出版社:PHP研究所
出版日:2004年11月24日1版1刷
評  価:☆☆☆(説明)

 「バウンダーズ」とは「故郷に向かう者」という意味。
 世界は無数に存在するのだけど、それら全部が実は、「あいつら」が遊んでいるシミュレーションゲームなんだ、という設定。そして、そのことを知ってしまったゲームの世界の住人(つまり私たちのような普通の人)は、「ランダム要素」と呼ばれて、他の世界へムリやり放り込まれて、自分の元いた世界へ戻る旅をしなくてはいけない「バウンダーズ」になる。主人公はそのバウンダーズの1人、イギリスで生まれた少年ジェイミー。

 これまた、パラレルワールドものなんだけれど、今度のは悪魔のような存在である「あいつら」が、慰みでやっているゲームのための世界なので、ひどい物もある。「戦争ばかりやっていて人類が死滅しそうな世界」とか、「人々に全くモラルがない世界」とか。(悪魔ではない私も、シムシティでわざわざ災害を起こしたことがある。そのぐらいの気軽さで、とんでもない世界を作ってプレイしているわけだ。)

 主人公たちは、「あいつら」の気まぐれで、色んな世界に放り込まれる。しかも、その世界でうまく生きていかなくてはならない。しかも、どんな悲惨な目にあっても死なないことになっている。ただただ辛い、痛い、苦しいだけ。

 途中までは、この世界の秘密が徐々に明らかになっていったり、他のバウンダーズたちとの出会いがあったりで面白い。そして、最後に世界の秘密がすべて明らかになり、主人公にも重要な役割があるのだけれど、ちょっと難解だ。
 私は一読しただけでは分らなかった。読み返してみてもすっきりしないところがあるんだけど。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「バウンダーズ この世で最も邪悪なゲーム」 固定URL | 1.ファンタジー, 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

« ビーケーワンでオススメ書評に選ばれました | トップページ | 阪急電車 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ」カテゴリの記事

コメント

この作品、面白そうですね。

お話の構想自体は今やかなりありがちな気もするけれど、ありがちかどうかと面白さは必ずしもリンクしないですからね。

でも☆3つか~。読むかどうか迷うところ。

投稿: のんきんぐ | 2008年5月15日 (木) 18時06分

のんきんぐさん、コメントありがとうございます。

☆3つは「自分としては、まぁ楽しめた。興味のある人はどうぞ。」なので、面白そうだと思われたのなら、手にとってみてください。
(面白くなくても「私の時間を返せ~」とか言わないでくださいね。)
ただ、後半にかけて少し難解になるので、ゆっくり読んだ方がいいかも。

投稿: YO-SHI | 2008年5月16日 (金) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/41204426

この記事へのトラックバック一覧です: バウンダーズ この世で最も邪悪なゲーム:

« ビーケーワンでオススメ書評に選ばれました | トップページ | 阪急電車 »