« 夢をかなえるゾウ | トップページ | ゴールデンスランバー »

2008年3月 9日 (日)

バビロンまでは何マイル(上)(下)

著  者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 訳:原島文世
出版社:東京創元社
出版日:2006年3月30日初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 ダイアナ・ウィン・ジョーンズおなじみの、パラレルワールド、多元宇宙ものだ。マジド(魔法管理官)とよばれる魔法使いが、世界の均衡を保つために、宇宙の境界を越えて活動している。この辺りは、クレストマンシーシリーズの設定に近い。
 主人公はこのマジドの一人(そう、マジドは何人もいる。本書には5人登場する)であるルパード。彼はマジドとしてひとり立ちしてからまだ2年と月日が浅いのだが、新人マジドの候補選びと、崩壊寸前の大帝国の後継者を捜すという、骨の折れる使命を同時に抱えることになり、職務遂行のため走り回る、というのが本書のストーリー紹介。

 この多元宇宙は、魔法に肯定的な「正域」と否定的な「負域」に分類され、地球は「負域」側にある。ルパードは地球出身ながら、魔法の能力があり、地球では絶大な力を持つ。しかし、正域の宇宙では魔法は一般的だから、魔法の能力を持つ者は多い。彼らが負域の地球に、大帝国の後継者争いに絡んで乗り込んでくることで、大混乱に陥る。
 上下巻で合計650ページの長編なのだけれど、スピード感のある展開の速さで飽きない。ただ、最後の最後に、準主役の男の子の語りが40ページも続く。重要な部分なのだけど、少しくたびれた。

 本書の原題は「Deep Secret」つまり極秘事項、邦題は、ストーリー中重要な役割を持つマザーグースの歌から取っている。このマザーグースの歌のこと以外にも、本書には様々な暗喩がちりばめられているらしく、訳者あとがきで紹介されている。訳者自身は「蛇足と知りつつ」と言っているが、読後に読むことをおススメする。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「バビロンまでは何マイル(上)(下)」 固定URL | 1.ファンタジー, 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

« 夢をかなえるゾウ | トップページ | ゴールデンスランバー »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ」カテゴリの記事

コメント

あし@から来ました。私も子供の時から 本大好き人間です。
神田の神保町などテーマパーク状態です。
この記事のジャンルはあまり馴染みのない分野なのですが
本当に本の種類には限りがないなあと思います。

投稿: mnonnon | 2008年3月14日 (金) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/40437554

この記事へのトラックバック一覧です: バビロンまでは何マイル(上)(下):

« 夢をかなえるゾウ | トップページ | ゴールデンスランバー »