« バビロンまでは何マイル(上)(下) | トップページ | ゾラ・一撃・さようなら »

2008年3月15日 (土)

ゴールデンスランバー

著  者:伊坂幸太郎
出版社:新潮社
出版日:2007年11月30日発行
評  価:☆☆☆☆☆(説明)

 帯に「伊坂的娯楽小説突抜頂点」とある。宣伝文句に珍しくウソはなく、最新刊の本書は伊坂作品の(現時点での)頂点を極めたと思う。そのくらい他を圧倒して面白い。もちろん他の作品が面白くないわけではない。しかし、スピード感、良い意味で読者の予想を裏切るストーリー展開、巧妙な伏線と、著者渾身の作品を受け取った感じがする。

 ストーリーは、首相の暗殺事件に始まる。仙台でのパレードの最中に、ラジコンのヘリコプターを使った爆発で現職の首相が暗殺されてしまう。主人公は、その犯人に仕立て上げられてしまった男、青柳雅春。彼を取り巻く人々に、陰に日向に支援を受けて、警察の追及から逃げる、逃げる、逃げる。逃亡の記録がスリリングに、時にユーモアを交えてつづられる。
 五部からなる本作の、第四部が本編とも言えるこの逃亡記だが、第三部までに事件のあらましが紹介されてしまっているので、読者はある程度何か起こるかを知っていて読むことになる。正直言って、第四部読み始めのころは、こういった構成を恨んだ。何が起こるか分かっていて、それを確認するのでは何が面白いのかと。
 しかし、第四部を読み進めていてふと気が付いた。「もう夜中の2時だ。明日も会社に行かなければならないのに。」そのくらい引き込まれていたわけで、自分でも意外だった。

 構成の話で言えば、第三部はノンフィクションライターによる事件から20年後の調査書で、事件の後日談が紹介されている。面白い構成だとは思うが、伊坂作品の中には、時制が前後する作品が時々あるので、特に気にしていなかった。
 しかし、読了後にキアさんのブログ「活字中毒日記」の紹介を読んで、「もう一度第三部を読み返すと...」とあったので、私も読み返してみた。そうしたら、また別の発見があった。(これに気付いてすごく満足した。)著者は、この順番であれば読者が気が付かないかも、と知っていてこういう構成にしたのだろう。一本取られた。そして、キアさんに感謝。
 青柳雅春のその後の人生がどうなったか、読み終わってそれがわからない方は、もう1度、第三部を読むことをおススメする。

 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(~2007年)」
 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(2008年~)」
 (あなたの好きな伊坂作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「伊坂幸太郎が好き!」ブログコミュニティへ
 (伊坂幸太郎さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ゴールデンスランバー」 固定URL | 3.ミステリー, 31.伊坂幸太郎

« バビロンまでは何マイル(上)(下) | トップページ | ゾラ・一撃・さようなら »

3.ミステリー」カテゴリの記事

31.伊坂幸太郎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
トラックバックありがとうございます!
個人的に一番気に入ったセリフが第三部への伏線だったことがうれしいです。

投稿: キア | 2008年3月15日 (土) 14時21分

確かに傑作です。
何度も読み返して、それぞれの伏線を味わうことになりますね。
トラバさせていただきました。

投稿: 濫読ひで | 2008年4月 1日 (火) 00時06分

確かに面白かったですね!私は10月に読んでました。
で、キアさんの「もう一度第三部を読み返すと...」というのも拝見しました。
私ももう一度読み直してみようかな、多分気が付いてないような気がします。

投稿: たかこ | 2008年12月24日 (水) 13時12分

たかこさん、コメントありがとうございます。

面白かったですね。今年読んだ本1位に迷いませんでした。
私のレビューの最後にあるように、「青柳雅春のその後の人生」が
本書のどこかで明らかにされています。まだ、お気づきでなければ
読み返されるのも良いかと思います。

ただ、これが分かって私はとてもうれしかったのですが、
そうでない人もいて、教えてって言うので教えたら「ふ~ん、それで?」
って言われてしまいました...。
 

投稿: YO-SHI | 2008年12月24日 (水) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/40505911

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンスランバー:

» 伊坂幸太郎 ゴールデンスランバー (3/2008) ☆☆☆☆☆ [活字中毒者の小冒険2:気まぐれ書評で本の海を漂う]
本屋大賞ノミネート作。 そして伊坂幸太郎の作品。 文句なし五つ☆。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 00時02分

» ゴールデンスランバー / 伊坂幸太郎 [たかこの記憶領域]
ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎新潮社 2007-11-29売り上げランキング : 937おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools えっ、えっ、えっ?真相は???巨大な秘密結社は?国家の陰謀は?と、読み終わった直後は思ったけれど、まぁ許せる。 真理をあばいていくもので....... [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 13時10分

» ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎著 [国内航空券【チケットカフェ】]
俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。 (by amazon.com) 仙台を舞台に、言わずと知れたケネディ暗殺事件をモチーフに、国家が一個人を首相暗殺犯に仕立てあげるこ... [続きを読む]

受信: 2010年9月 8日 (水) 19時08分

» 伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』 [ぐーたら堂]
ゴールデンスランバー (新潮文庫)(2010/11/26)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 国家規模の「権力」によって首相暗殺の犯人に仕立て上げられた平凡な男の逃走劇、というまるで映画のようにスケールの大きなエンター...... [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 22時05分

» ゴールデンスランバー (伊坂幸太郎) [おでこのめがねで読書レビュー]
1963年11月22日。テキサス州ダラスにて、第35代アメリカ合衆国大統領のジョン・F・ケネディはオープンカーで市内パレードを行っていた。町中をゆっくりと走る車に乗って、笑顔を振りまく大統領の姿を、アマチュアカメラマンのザプルーダー氏が持つサイレント8mmフィルム…... [続きを読む]

受信: 2011年6月11日 (土) 14時32分

» 映画 :「ゴールデンスランバー」 [H-KのカンフルDaze(デイズ)]
「ゴールデンスランバー」 2010年 日本 カンフル評価 4.0点(5点満点) 監督:中村義洋 原作は、伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」(新潮社刊)。 08年本屋大賞受賞。 原作を読んでいて、それ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月29日 (土) 08時47分

« バビロンまでは何マイル(上)(下) | トップページ | ゾラ・一撃・さようなら »