« 呪われた首環の物語 | トップページ | レビュー記事の一覧を作りました »

2008年2月 9日 (土)

HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS(ハリー・ポッターと死の秘宝)

著  者:J・K・Rowling
出版社:ARTHUR A LEVINE BOOKS
出版日:2007年7月 First edition
評  価:☆☆☆☆(説明)

 ハリーポッターシリーズもいよいよ完結。当初から7巻までと言われていたからか、意外にも特別な感慨もわかない。しかし、終わるからにはキッチリと終わって欲しいものだと思っていた。そういう期待には応えてくれたと思う。
 ヴォルデモート卿との対決もあったし、前巻の終わりに残された数々のナゾも、それぞれに解明されている。ハリー、ロン、ハーマイオニー、その他の登場人物たちの関係も丁寧に描かれている。本巻だけを見ても、起伏のあるストーリーはさすが全世界でのベストセラー作家だと思う。
 前巻の発売後しばらく後に、著者の発言を基に憶測も含めて、「○○が死ぬらしい」という情報が飛び交ったが、それも今となってはどうでも良かったと思えてきた。何よりも、6巻まで読んだ読者にしてみれば、本巻を読まないわけにはいかないだろう。読んで損はない、おススメだ。

ココから先はネタバレありです。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 にほんブログ村「ハリー・ポッター」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説、ハリー・ポッターについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 十分に面白いし、あまりナンクセをつけるのはどうかと思うのだけれど、いくつか感じたことがあるので、順に書きます。

 まず、前半の間延びした感じはなんとかならないのかな。
 ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人の逃亡生活は何のためにやっているのか?何でまたキャンプ生活なんだろう。デスイーターから身を隠すために放浪しなくてはいけないのだと思っていたが、途中からビルとフラーの新婚家庭に転がり込んでるし。そこでいいのなら、最初からそうすればいいのではないか?

 ダンブルドアの死が計画されたものであるのなら、何だってあんなあやふやなメッセージを残したのか。ちゃんとハリーに話して聞かせればよかったのに。また、どうして3人以外には内緒なのか?騎士団にもホグワーツの仲間にも助けてもらえばいいじゃないか。(どこかに説明されていたのかもしれないけど)

 ネビルはどうやってグリフィンドールの剣を組み分け帽子から取り出したのか?
 これについては、著者がチャットで「剣は真のグリフィンドール生が求めたときに現れる」という意味の答をしている。(LINK) .....ちょっと納得できない。

 それにしてもスネイプはかわいそうだ。マルフォイの始末はあれでいいのか?

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS(ハリー・ポッターと死の秘宝)」 固定URL | 1.ファンタジー, 1Z.その他ファンタジー

« 呪われた首環の物語 | トップページ | レビュー記事の一覧を作りました »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1Z.その他ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/40058870

この記事へのトラックバック一覧です: HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS(ハリー・ポッターと死の秘宝):

« 呪われた首環の物語 | トップページ | レビュー記事の一覧を作りました »