« 天と地の守り人 第二部 | トップページ | 天と地の守り人 第三部 »

2007年8月14日 (火)

終末のフール

著  者:伊坂幸太郎
出版社:集英社
出版日:2006年3月30日 第1刷
評  価:☆☆☆(説明)

 2007年本屋大賞の第4位。小惑星の衝突によって、あと3年で人類が滅びるという設定で、仙台北部のヒルズタウンという20年前にできたマンションの8組の住人の生活を、時に交差しながら描く短編集。

 あと3年で死ぬことがわかっている、(本当は小惑星なんて衝突しないんじゃないかという期待が心の片隅にあるとしても)ある種の極限状態。しかし、登場する人々の行為はそれにしては穏やかだ。
 それもそのはずで、小惑星衝突が明らかになったのは5年前、当初は大混乱し、暴動も殺人もそして自殺も数限りなく起きて、自制心を失った人々はその頃に死んでしまったり、捕まったりして、街からいなくなってしまった。今、残っているのはそうした混乱をなんとか乗り越えた人々なのだ。

 8編を通して感じるのは、終わりが見えるということが、人の心を鮮明にするということ。自分がしなくてはならないこと、本当にしたいことが初めて分かる。
 それは、家族の関係の修復であったり、贖罪であったりと色々だ。難病の子どもを抱えた父親は、子どもを残して自分が死んでしまう可能性がほとんどなくなったことに、この上なく幸せを感じている。
 もちろん、どうせあと3年で終わるのだから、そんな面倒くさいことをしてもしょうがない、と思う人もいる。しかし、より良き人生を送りたいと思う人が多いのではないだろうか。

 あと3年で終わりなのに、少なくなったとは言えスーパーは開いているし、そこで商品を買うのにお金を払う。そのことを不思議に思う場面がある。財産や金銭に価値があるようには思えないのに。案外、今までのやり方を変えることはできないのかもしれない。

 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(~2007年)」
 人気ブログランキング投票「一番好きな伊坂作品は?(2008年~)」
 (あなたの好きな伊坂作品の投票をお待ちしています。)
 にほんブログ村「伊坂幸太郎が好き!」ブログコミュニティへ
 (伊坂幸太郎さんについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「終末のフール」 固定URL | 3.ミステリー, 31.伊坂幸太郎

« 天と地の守り人 第二部 | トップページ | 天と地の守り人 第三部 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

31.伊坂幸太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/16434661

この記事へのトラックバック一覧です: 終末のフール:

« 天と地の守り人 第二部 | トップページ | 天と地の守り人 第三部 »