« 大人になると、なぜ1年が短くなるのか? | トップページ | アトランティスの暗号 »

2007年4月20日 (金)

ヒストリアン 1・2

著  者:エリザベス・コストヴァ 訳:高橋素子
出版社:日本放送出版協会
出版日:2006年2月25日第1刷  3月20日第3刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 ドラキュラの消息を追うミステリー。怪奇小説のドラキュラ伯爵のモデルとされる、15世紀の封建領主、ワラキア公ウラド・ツェペシュが、「死なざる者」となって現代に至っているという設定。歴史家(ヒストリアン)たちが、その存在を追い詰めていく終盤のヤマ場は、なかなかのものだった。

 本書は、主として3つの時制が並行して進む。ドラキュラを研究していて失踪した教授の体験(1930年代)、その教え子が失踪した教授を、教授の娘とともに捜す物語(1950年代)、教え子も妻を捜すために姿をくらましてしまい、娘が父親の消息を追いかける話(1970年代)の3つ。そして、最後の父親を捜している娘が本書の著者、ということになっている。
 さらに、冒頭の「読者へ」を見ると、日付が2008年!なんと未来だ。つまり自分の経験を30年経ってから書いた、ということらしい。おやっ、と思わせる小技だけれども、本書にとってはあまり意味を持たない。(意味があったとしても、少なくとも私にはまだわからない)

 上下巻で1,000ページにはなろうという大作で、一気には読めない。出てくる場面数も多く、ストーリーも長い。時制が絡み合って一見複雑なようだが、慣れれば決して分かりにくくはない。しかし、3つの時代で、それぞれの人間が体験する物語が進展するので、3倍読まないと先へ進まないことになる。必然的に話の進展が遅く感じられて、退屈にもなってしまうかもしれない。それでも、結末を目指して読み進めましょう。
 途中に細かな伏線が少しずつ挿入されている。その多くは、最後になって説明される。読み終わって余力があれば、読み返して伏線を探し出すのも良いかも。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ヒストリアン 1・2」 固定URL | 3.ミステリー

« 大人になると、なぜ1年が短くなるのか? | トップページ | アトランティスの暗号 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/15648222

この記事へのトラックバック一覧です: ヒストリアン 1・2:

« 大人になると、なぜ1年が短くなるのか? | トップページ | アトランティスの暗号 »