« 精霊の守り人 | トップページ | ローマ人の物語15 ローマ世界の終焉 »

2007年1月23日 (火)

バーティミアス ゴーレムの眼

著  者:ジョナサン・ストラウド 訳:金原瑞人、松山美保
出版社:理論社
出版日:2004年11月第1刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 前作から2年後、舞台も登場人物も同じ。主人公の1人ナサニエルは、前回の手柄を認められて、14才にして政府の要職に就いている。なかなか見込みのあるやつではあるし、頑張ってもいる。彼がいなければ今回の事件も解決しないのだが、活躍したとは言えない。

 もう1人の主人公、ジンのバーティミアスは、またもや飄々とした活躍をする。そして、今回から主人公と呼べる登場人物が1人増える。前作にも登場しているが、多くのことは謎のままだった少女キティだ。
 この子の参加によって、物語はぐっと深さを増す、そして複雑にもなる。キティはある特別な能力を持つが、魔法使いではなく一般人だ。この世界では一般人は虐げられて生きている。キティ自身にも、魔法使いやこの世そのものを恨むに足る経験がある。そんな彼女が起こす周囲から浮き上がった行動から目が離せない。

 物語は、ナサニエル+バーテミアス組のストーリーと、キティのストーリーが時に重なりながら並行して進む。そして、最後の事件解決のカギを回したのはキティ。しかし、ナサニエルはそんなことには全く思い至らず、自分の手柄だと思っている。
 あぁ、ナサニエル君よ。それじゃダメだよ。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「バーティミアス ゴーレムの眼」 固定URL | 1.ファンタジー, 1Z.その他ファンタジー

« 精霊の守り人 | トップページ | ローマ人の物語15 ローマ世界の終焉 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1Z.その他ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/15799056

この記事へのトラックバック一覧です: バーティミアス ゴーレムの眼:

« 精霊の守り人 | トップページ | ローマ人の物語15 ローマ世界の終焉 »