« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年10月

2006年10月15日 (日)

帰還 ゲド戦記最後の書

著  者:ル・グウィン 訳:清水真砂子
出版社:岩波書店
出版日:1993年3月25日第1刷 1993年5月12日第3刷
評  価:☆☆☆(説明)

 第3巻「さいはての島へ」から18年ぶりの第4巻。日本での出版で言えば16年ぶりになっている。待望の新刊ということなのだけれど、どうもパッとしない。

 「こわれた腕環」のテナーが再登場したので、どんな活躍をしてくれるのかと期待した。エレス・アクベの腕環を持ち帰り、この世に平和と秩序をもたらした当本人だ。ゲドの行方が知れない以上、この世界に対して特別な役割を持っているに違いない。
 と、そんな期待を持っても責められないと思うのだが、その期待には今回は応えてもらえない。

 虐待された過去を持つ子どもテルーという新たな登場人物の存在を軸に物語は進んでいくが、ウツウツとしたいやな感じの事件が何度か起こるだけで、大きなテーマが見えてこない。
 ファンタジーなのだから、正邪の戦いとか、この世の均衡とか、平和を取り戻すとか、そんなテーマがあっても良さそうに思うが、この巻で成されたことは、テルーをそのろくでもない親族たちから守った、ということに尽きる。
 どうも、テルーは特別な存在なのではないか、ということは明かされた。しかし、それも非常にあいまいなままだ。これで「最後の書」ではあんまりではないか。もっと言えば、ゲドはどうしてしまったのだろう。ゲドが何ら物語に関わってこない「ゲド戦記」で良いのだろうか?

 そうそう、フェミニズムの空気が途中で色濃く漂う。グィンのメッセージはここにあったのかと思った。もしそうであるなら、読者の期待とは恐らく違っていたと思う。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「帰還 ゲド戦記最後の書」 固定URL | 1.ファンタジー, 13.ル・グウィン(ゲド戦記) | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »