« 愛がいない部屋 | トップページ | さいはての島へ ゲド戦記3 »

2006年8月28日 (月)

崖の国物語6 ヴォックスの逆襲

著  者:ポールスチュワート 訳:唐沢則幸
出版社:ポプラ社
出版日:2005年7月第1刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 第5巻の少し前のお話。登場人物も設定もほぼ第5巻と共通している。
 ヴォックスと言うのは、第3巻に登場する雲読み師だ。野心たっぷりだったが、格下のカウルクエイプに最高位学者の座を取られてしまう。その時に「今に見ていろ、必ずその座を我が物にしてみせる」というようなことを、最後に言い捨てて終わる。それなのに、4巻では触れられず、5巻ではすでに失脚していることになっていて、どうしたんだろうと思っていた。

 今回は、良きものは救われ、悪しきものは滅びる、そいうったラストにカタルシスを感じるものになっている。崖の国には悪しきものがはびこっていた。夜の守護聖団、ゴブリン軍、オオモズ軍、それらが互いにいがみ合いながら危うい均衡を保っていた。

 主人公たちの活躍で、良きものたちは窮地を脱し、悪しきものたちは....気になるのはここだ。悪しきものたちは、さらに悪しき怪物に滅ぼされてしまった。この世界には、誰も太刀打ちできない怪物が闇の中で巣くっている。そういう怪物に運悪く遭遇してしまえば、観念するしかない、という設定になっているのだが、今回は、その怪物を町に解き放ってしまった。これで良いのか?

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「崖の国物語6 ヴォックスの逆襲」 固定URL | 1.ファンタジー, 17.P・ステュワート(崖の国)

« 愛がいない部屋 | トップページ | さいはての島へ ゲド戦記3 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

17.P・ステュワート(崖の国)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/40016043

この記事へのトラックバック一覧です: 崖の国物語6 ヴォックスの逆襲:

« 愛がいない部屋 | トップページ | さいはての島へ ゲド戦記3 »