« 時の町の伝説 | トップページ | 影との戦い ゲド戦記1 »

2006年7月 1日 (土)

空が落ちる(上)(下)

著  者:シドニィ・シェルダン 超訳:天馬龍行
出版社:アカデミー出版
出版日:2001年9月10日第1刷
評  価:☆☆☆(説明)

 久しぶりのシドニィ・シェルダン。本書が米国で出版されたのが2000年、1917年生まれというから83歳の時。2004年には「Are You Afraid of the Dark?」という小説、2005年には、回想録「The Other Side of Me」を出版しているから、まだ書けるのだろう。いったいいつまで執筆し続けるのか?こうなったら100歳のベストセラー作家を目指してもらいたい。

 本書の主人公は、サラエボの内戦を現地からレポートして一躍有名になったジャーナリストのダナ。今はニュースキャスターをやっている。大富豪の家の連続する事故死に陰謀のにおいを感じて、独自に取材を進める。
 舞台は、アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、ベルギー、そしてロシアと目まぐるしく変わる。ストーリーを進めるために必要な証言を、それぞれの場所で得るために行く。まるで、ロールプレイングゲームのような趣だ。

 シェルダンらしく、ラストの100ページあたりにはいろいろな謎が解けて、スリル満点の展開も用意されている。それを楽しめば良いのだと思う。しかし、「何かあるはず」と、登場人物の行為を裏読みしながら読むせいか、私は早々に種明かしが分かってしまった。もちろん、著者も分かるようなヒントを随所にちりばめてくれている。そんなことまで書かなくてもいいのに、というエピソードも含めて。
 そんな数あるエピソードの中で、宙ぶらりんなままのものがある。主人公のボス(会長)が、ダナの居場所を知らないはずなのに知っていた、というくだり。
 普通なら、会長も敵の一味かそうでなくても何らかのつながりがあると思うが、彼は最後まで味方のままで、そのエピソードについての説明は見当たらない。どうしてだろう?

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「空が落ちる(上)(下)」 固定URL | 2.小説

« 時の町の伝説 | トップページ | 影との戦い ゲド戦記1 »

2.小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/17927919

この記事へのトラックバック一覧です: 空が落ちる(上)(下):

« 時の町の伝説 | トップページ | 影との戦い ゲド戦記1 »