« 議論のウソ | トップページ | 完訳 封神演義 (上)(中)(下) »

2006年1月31日 (火)

崖の国物語1 深森をこえて

著  者:ポールスチュワート 訳:唐沢則幸
出版社:ポプラ社
出版日:2001年7月第1刷
評  価:☆☆☆(説明)

 Amazonの推薦コーナーで上位にあった英国ファンタジー3部作の1冊目。
 舞台は、「崖の国」と呼ばれる巨大な崖。そこには森や沼地、街、そしてガリバーの冒険の空中都市ラピュタを思わせるような空に浮かぶ都市などがある。
 主人公は、トウィッグという名の12才の少年。ウッドトロル族という、大きな四角い顔やがっちりした体形が特徴の両親に育てられたが、トウィッグ自身にはその特徴はない。ほっそりした人間の体つきをしている。だから、出生の秘密があることはすぐに分かる。

 3部作の1冊目ということで、本書の舞台は「深森」という広大な森の中だけ。他の街や空中都市などはまだ出てこない。トウィッグが家を出てこの深森を抜けるところまでの話、つまりほんの序の口といったところ。
 深森の中には数多くの種族、生き物がいて、トウィッグが順にそれたちに遭遇する。その度に生命の危険に陥るのだが、ギリギリのところで助かる。それを何度も何度も繰り返す。まるでテレビ番組のようだ。ワンパターンで少しゲンナリする。出てくるのが揃いも揃って気味の悪い連中ばかりだし。

 それでも今後に期待したい。これが3部作の1冊目であり、やっと主人公の素性が分かったばかりで、これから冒険が始まる予感もある。そう、舞台はまだまだ広いのだし。
 ところで、ウッドトロル族は「決して道をはずれない」種族なのに、トウィッグは道をはずれて進んだために危険な冒険に出ることになった。このことには、まだ深い意味があるのだろうか?

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「崖の国物語1 深森をこえて」 固定URL | 1.ファンタジー, 17.P・ステュワート(崖の国)

« 議論のウソ | トップページ | 完訳 封神演義 (上)(中)(下) »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

17.P・ステュワート(崖の国)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/17715074

この記事へのトラックバック一覧です: 崖の国物語1 深森をこえて:

« 議論のウソ | トップページ | 完訳 封神演義 (上)(中)(下) »