« 書剣恩仇録 一~四 | トップページ | サークル・オブ・マジック 3,4 »

2005年9月29日 (木)

Harry Potter and The Half-Blood Prince(ハリー・ポッターと謎のプリンス)

著  者:J・K・Rowling
出版社:ARTHUR A LEVINE BOOKS
出版日:2005年7月 First American Edition
評  価:☆☆☆☆(説明)

 言わずと知れたハリーポッターシリーズの第6巻だ。残すところあと1巻。話はいよいよ大詰めを迎えて...と、期待して読み始めた。しかし、なかなか大詰めを迎えない。長々とロンとハーマイオニーが仲良くなったり、ケンカしたり。ハリーがダンブルドアからヴォルデモートの過去を学んだり。学園もののような展開が続く。
 念のために言っておくが、読み終われば確かにストーリーは急展開し、最終巻でどうなるのか、全てのナゾは明らかにされるのか...という期待をみなぎらせて終わる。期待通りだ。だからこそ、学園ものの部分は、本当に必要なのか?そもそも7巻も必要なのか?1巻がこんなにぶ厚くなくてならないのか?(652ページ、前巻にくらべれば3/4になってはいるけれど)という疑問がわく。

 ダンブルドアは、ヴォルデモートにはなくて、ハリーにある力として「愛」と言っている。それが最後に打ち克つと言っているのだけれど、そのような展開になるのだろうか?ダンブルドアの「人を信用する傾向」は、今回に限って言えば、良い結果にならないのだけれど、これは誤っていたと、否定されてしまうのか?あと1巻、どんな終わり方をするのか、とても気になってきた。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 にほんブログ村「ハリー・ポッター」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説、ハリー・ポッターについてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「Harry Potter and The Half-Blood Prince(ハリー・ポッターと謎のプリンス)」 固定URL | 1.ファンタジー, 1Z.その他ファンタジー

« 書剣恩仇録 一~四 | トップページ | サークル・オブ・マジック 3,4 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

1Z.その他ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/13985191

この記事へのトラックバック一覧です: Harry Potter and The Half-Blood Prince(ハリー・ポッターと謎のプリンス):

« 書剣恩仇録 一~四 | トップページ | サークル・オブ・マジック 3,4 »